人気ブログランキング |

ブログトップ

秋田県 能代鎮守 日吉神社

非常に大きな勢力の台風24号が、日本列島に襲いかかってきています。
今は嵐の前の静けさですが・・能代でも未明から暴風雨域に入る模様・・
被害が心配されます。

昨日9月29日は長床で第22回「お猿のかごや」が開催されました。

b0238249_20272495.jpg

定番の秋の歌や、平成最後の開催を記念して、平成の名曲、昭和の名曲も少し歌ってみましが・・やはりちょっと難しく・・
やっぱり唱歌が良いねと、最後はいつもの通り「故郷」で締めくくり。

初めて参加された方も、久しぶりに来られた方も、常連さんも楽しそうに歌って下さいました。
「音痴なんだけど、気にせず久しぶりに声を出して歌ったわ♬」
こんな感想を一番うれしく思います。
b0238249_20321828.jpg

日吉神社の神様(大山咋神様)のお遣いは「お猿さん」。
神様のお遣いのおサルさんが担ぐ大きな大きな籠に乗って、みんなで楽しく歌いましょう!
そして、美しい日本の抒情歌を忘れることなく、後世につないでいきましょう・・・
そんな思いで始めた「お猿のかごや」も今回で22回目となりました。
これからもずーっと、多くの皆さまと一緒に歌っていけますように!

さて、9月に入ると早くも七五三詣が多くなってきています。
b0238249_20551090.jpg
最高の吉日と言われ、徳川綱吉将軍の子供、徳松君が元服の儀式を行った日である11月15日に行われるのが普通でしたが、近年は徐々に早い季節に行われるようになって来ています。

北国では、11月15日には雪がちらほら舞うことも多く・・・
お祝いごとですので、混雑を避けて早めにお詣りをするのも良いですね。
日吉神社ではお詣りいただいた方に、メダルと・・
b0238249_21083149.jpg
破魔矢、七五三飴
b0238249_21063866.jpg
もちろん、御神札と御守りを差し上げています。
b0238249_21111490.jpg
日吉神社社務所では、七五三のご予約を電話で受け付けています。
ご不明な点などお気軽にお問合せ下さい。
☎0185-54-1443









by noshirohiyoshi130 | 2018-09-30 21:19 | 文月の社務日誌 | Comments(0)

9月23日 秋分の日
日吉神社長床では、山王神燈会の皆様による合同祖霊祭が斎行されました。
b0238249_20060959.jpg
祖先を神道で祀る方たちの「山王神燈会」

毎年、秋分の日にみんなで集い、一緒に祖先の供養をします。
お盆やお彼岸は仏教の行事と考えられがちですが、祖先を祀る習慣はもともと日本古来のもの。
古より春分の日、秋分の日には春季皇霊祭・秋季皇霊祭と言って、皇室では皇祖先の霊を御慰めするお祭りを行ってきました。

奥都城(神道ではお墓のことをこう呼びます)も同じところにある方が多く、お盆やお彼岸のお墓参りでは度々顔を合わせる皆様。
お祭りの後の直会では近況報告に花が咲きました。
「来年また会いましょうね」
高齢の方が多くなって来ましたが、まだまだ皆さんお元気。
来年も揃って会えますように・・・

9月24日(旧暦8月15日)は仲秋の名月ですが・・
残念ながら夕方から雨になりました。

お手伝いに行った神社の秋祭。
杉木立に囲まれた山間にある古い歴史を持つ神社です。
b0238249_20294226.jpg
狛犬さんも威風堂々、風格がありますね。
b0238249_20314127.jpg
b0238249_20343941.jpg
集落のはずれでは、稲刈りが始まったようです。
b0238249_20434066.jpg
♪村の鎮守の神様の
今日はめでたいお祭り日
ドンドンヒャララ ドンヒャララ
朝から聞こえる笛太♪

もちろん、秋の「お猿のかごや」で歌いますよ♪
歌集も出来ました。
b0238249_20425136.jpg
秋のお猿のかごやは9月29日 土曜日 午後2時〜3時です。
どうぞいらして下さいね。
b0238249_20431487.jpg






by noshirohiyoshi130 | 2018-09-24 20:45 | 文月の社務日誌 | Comments(0)

ケヤキの古木のお話

9月初めに日本列島に猛威を振るった台風21号
日吉神社では大した被害もないと思いホッとしていましたが・・・
台風から10日以上経って、とんでもない”事件”が起こりました。

9月17日 夕方5時頃
長床とまとい神社の間にある樹齢250年を越える欅の大木・・
b0238249_19363861.jpg
幹の上部がボッキリと折れて、枝を巻き込み参道脇の車道をふさいでしまいました。
それはまるで山がひとつ出来たかの様子
社殿が見えません!

枝はまるで複雑骨折をしたかのよう・・・
b0238249_19395146.jpg
b0238249_19391620.jpg
間もなく夜になろうとしています。
幸いに春日灯篭や鳥居などへの被害はないようですが・・電線を1本巻き込んでいました。
火災になったら大変です。
もしかしたら、誰か下敷きになっているかも・・・・
そんな不安を抱えて、消防署に連絡。
間もなくパトカーと消防自動車、そして東北電力の方が来てくれました。

総代さんや氏子さんたちも駆け付けてくれました。
そして、電力を遮断し規制線を張ります。
人的被害がないことも確認・・・ほっと一安心です。
b0238249_19464557.jpg
翌朝、早速駆け付けてくれた人々。
高所作業車も使わず、人力でこの塊を一日がかりで撤去して下さいました。
b0238249_19494730.jpg
これで、とりあえず車道は確保
でも、まだもげた枝がぶら下がっていて危険です。

9月19日
再び作業開始です。
今日は足場を組んで、枝の付け根から撤去することに・・
b0238249_19531536.jpg
b0238249_19534622.jpg
折れた太い幹は、ほとんど空洞・・
皮一枚でつながっていたようです。
b0238249_19552543.jpg
今まで頑張ってくれてありがとう。
そして、奇跡のようにうまい具合に倒れてくれてありがとう。
事故がないよう、作業をやさしく見守ってくれてありがとう。

この樹を生かし、これからも末永く参拝者を迎えてくれることが出来ますように・・・考えていかなくてはなりません。
大きな枝がなくなったことは、とても寂しいけれど頭上には今までより大きな秋の空が広がっていました。
b0238249_19594124.jpg
b0238249_20074467.jpg




by noshirohiyoshi130 | 2018-09-19 20:09 | 文月の社務日誌 | Comments(0)

平成30年9月29日(土) 午後2時~3時
★時間が一時間早くなっています。ご注意願います!

b0238249_19185365.jpg
季節の歌・・
今年の夏の話題をさらった金足農業。校歌作曲は岡野貞一さん.
その岡野さんの名曲の数々・・・誰もが知っている懐かしい歌がいっぱいです。
また、今回は平成最後の”お猿のかごや”となります。
平成の名曲、昭和の名曲をご用意しました。
お楽しみに♪
皆様のおいでをお待ちしています!


by noshirohiyoshi130 | 2018-09-19 19:24 | 掲示板 | Comments(0)

伊勢の研修所で共に学び、10日間寝食を共にし、同じ志に集う仲間。
毎年この時期に研修旅行を行い、秋田、静岡、北海道に続き今年は京都を訪れました。

今回は聖護院にある町屋を一軒借りて、気ままな「大人旅」
私はまず、吉田神社をお詣りしました。
b0238249_19153287.jpg
吉田神社は貞観元年(859年)に平安京の鬼門を守る鎮守さまとして創建。
「斎場所 大元宮」は、天神地祇八百万大神と全国の神々を祀っていると言われ、ここにお参りすると全国の神様のご加護をいただける・・・とか。
b0238249_19430729.jpg
先日の台風21号は京都でも40メートル近い風が吹き荒れ、神社の杜も街路樹も大きな被害を受けていました。
b0238249_19242895.jpg
その為に、行きたかった貴船神社や鞍馬寺は通行止めと、いまだに続く停電の為、お詣りすることが出来ず・・・

市内のいくつかの神社をゆっくりお詣りすることにしました。
賀茂別雷神社(上賀茂神社)
b0238249_19264857.jpg

神代の昔、お社の北北西にある神山(こうやま)にご降臨されたと伝えられ、この白い砂山は神山を象ったものだそうです。

松尾大社 
太古、この地域に住んでいた人々が松尾山の神霊を祀って守護神としたとのが起源と伝えられます。
日吉神社のご祭神と同じく”大山咋神”をお祀りています。
全国の酒・味噌・醤油・酢などの製造業の人々から深い崇敬を受けています。

b0238249_19340857.jpg

こちらも大きな被害を受けていました。
京都市内あちこちの被害が大きくて、造園業者などでは追い付かないのでしょう・・・
神職さんが、チェーンソーを持って、境内を走り回っていました。

b0238249_19350670.jpg

渡月橋の欄干はまだ、風になぎ倒されたままで、片側通行・・

b0238249_19440077.jpg

見どころの多い京都ですが、欲張らずゆっくりゆっくりの京都研修旅行。

イノダ珈琲店のモーニングで朝食を楽しみ・・

b0238249_19462595.jpg

気取らない京料理のお店では、店主の言うには「夏よりは今が本当の旬」というハモを沢山いただき・・
お芋さん、茄子田楽、湯葉、おこわ等々お腹にも優しい大人旅。

最後の日には、京都近代国立美術館で「東山魁夷展」を満喫。
群青と緑青の「青」に魅了されました。

b0238249_19494187.jpg

今回から新しい仲間も加わり、来年は東京へ!
ちょっぴり蒸し暑かった京都ですが、秋田へ戻ると秋は一層深まったような気がしました。








More
by noshirohiyoshi130 | 2018-09-14 20:03 | 文月の社務日誌 | Comments(0)

非常に大きな勢力を保ったまま、日本列島を直撃した台風21号は全国に大きな爪痕を残して行きました。
タンカーが連絡橋に激突し、孤立してしまった関西国際空港。
滑走路は水没し、5000人の人が孤立しました。

収穫を目前の林檎や梨、蜜柑などが落果。
電信柱が、全国あちらこちらで倒れ、未だに停電も続いています。
徳島に上陸、その後神戸市に再上陸、日本海に抜けて日本列島に沿って北上した台風21号。
全貌はこれから明らかになり、被害は更に拡大することでしょう。

日吉神社では、幸い倒木などの大きな被害はなく(かなり太い枝も折れて、落ちていますが・・)まず一安心です。

b0238249_19101546.jpg

そんな中、以前からお約束の北秋田市の氏子総代会の皆さまが、参拝されました。
台風一過で散らかってしまった境内・・・近所に氏子さんも駆け付けてきてくれて、大急ぎでお掃除。
何とか、綺麗になって皆様をお迎えすることが出来ました。
b0238249_19115452.jpg
b0238249_19214827.jpg
遠くから、お詣りいただきありがとうございました。

この頃、神社では誕生日にお詣りされる方が多くなって来ました。
初宮、七五三、厄祓など、人生の節目に日頃の感謝を込めてお詣りする・・・
誕生日という節目に、昇殿参拝されてみては如何でしょう。
お問合せは日吉神社社務まで、お気軽にどうぞ。☎0185-54-1443





by noshirohiyoshi130 | 2018-09-05 19:38 | 文月の社務日誌 | Comments(0)

9月になりました。

猛烈に暑かった平成30年の8月。
百日紅が暑さに負けまいとするかのように咲き誇っています。
b0238249_20544403.jpg

b0238249_20335042.jpg


9月になって残暑は厳しきものの、夜になると境内では虫の声が賑やかになって来ました。
田圃では稲穂が、黄金色に染まり始めています。

b0238249_20371220.jpg

田圃にいるサギは何を狙っているのでしょう?
そう言えば、農家の人が「サギにドジョウを食べられて、自分まで回ってこない」と、嘆いてましたっけ・・

b0238249_20395467.jpg

9月は、台風の季節を迎え、被害がないことを祈るお祭りや、収穫に感謝するお祭りが続きます。

b0238249_20422338.jpg
b0238249_20470577.jpg
b0238249_20482924.jpg

今年は台風が多く発生し、今も非常に強い勢力を持った21号が日本に接近中。
1959年に甚大な被害をもたらした伊勢湾台風と同じようなコースで日本列島を縦断しそうです。
どうか、被害が大きくなりませんように・・・






by noshirohiyoshi130 | 2018-09-03 20:56 | 文月の社務日誌 | Comments(0)