人気ブログランキング |

ブログトップ

秋田県 能代鎮守 日吉神社

春はいきなり駆け足でやって来ました。
今日は古き暦の初午
稲荷神社では初午祭が行われます。

b0238249_21335004.jpg
b0238249_21342428.jpg


二十四節気の”春分”の初候は”雀はじめて巣くう”
スズメたちも恋の季節なのでしょうか。
囀りが一層賑やかになって来ました。
b0238249_21270865.jpg
陽気に誘われてか、神社にも色々な人が訪れます。
冬囲いをほどいてくれるおじさん。
お掃除をしてくれる人。
近くの保育園児もお散歩に来ました。

b0238249_21294723.jpg
結婚式の前撮の撮影会も行わています。
b0238249_21302667.jpg
バッケもいつの間にかこんなに大きくなっていました
b0238249_21322390.jpg
b0238249_21325535.jpg
b0238249_21361173.jpg
桜の蕾も膨らんで来ましたよ。
明日はもっと暖かくなるそうです。
b0238249_21421488.jpg
b0238249_21465904.jpg

by noshirohiyoshi130 | 2018-03-27 21:34 | 文月の社務日誌 | Comments(0)

毎年この時期に行われる秋田県神社庁能代山本支部主催の神楽”浦安舞”講習会が、日吉神社の長床で開催されました。
今年は今までで最多の18名が参加。
b0238249_20074281.jpg
幼稚園の年長さん、そのお母さん、小学生から大人まで・・・
今まで”浦安舞”を一度も見たこともない人
すでに神社のお祭りでご奉仕している人
数年ぶりで講習会に参加した人
色々な人がいましたが、みんな一生懸命に取り組んで、最後には全員が”扇の舞”を何とか舞えるようになりました。

春祭りに”デビュー”する小学生もいるようです。
本番まで沢山練習して、神様に喜んでいただける舞が舞えるようになると良いですね。
b0238249_20381998.jpg

寒い日が続いていましたが、漸く暖かくなってきました。
スズメも日向ぼっこ
b0238249_20151946.jpg
朝には顔を出していなかった水仙の芽も夕方にはこんなに大きくなっていました。
b0238249_20181907.jpg
夕陽がやさしく包む春の夕暮れ
b0238249_20203962.jpg
東京からは満開の桜の頼りが聞こえて来ます。
明日は能代も暖かくなるようですよ。
そろそろ、春を探しに歩かなくては・・・
b0238249_20320605.jpg
b0238249_20302249.jpg
b0238249_20281104.jpg
b0238249_20350467.jpg



by noshirohiyoshi130 | 2018-03-24 20:40 | 文月の社務日誌 | Comments(0)

福寿草が顔を出しました

東京からはソメイヨシノの開花の便りが聞こえて来ました。
今日は日差しは春そのもの、日差しに誘われて薄着で外に出たら・・・風は冷たく、まだセーターは手放せません。
それでも、福寿草が顔を出しました。
b0238249_19354805.jpg
ネコヤナギの芽もほっこりと・・
b0238249_19363439.jpg
ハリー君がいた時は、毎日歩いていた米代川の辺へ、春を探しに久しぶりに行ってみました。
b0238249_19375301.jpg
森吉山の雄姿が見えます。
山頂の雪もだいぶ溶けてきたようですね。
b0238249_19490562.jpg
5年前の今頃、ご近所のお友達とよくこうして一緒にお散歩をしたものです。
とにかく走るのが大好きなハリー君でした。
b0238249_19405407.jpg
b0238249_19425681.jpg
b0238249_19414094.jpg
雪のすっかり消えた境内。
鳥居が夕陽を浴びていっそう朱に染まります。
b0238249_19523989.jpg
b0238249_19560112.jpg
なんだか色々な草花の芽が顔を出しましたよ。

by noshirohiyoshi130 | 2018-03-19 20:01 | 文月の社務日誌 | Comments(0)

春彼岸の入り、朝いちばんにご先祖様へお供えするお花を買いに行きました。
お彼岸やお盆は仏教の行事と考えれがちですが、神道でもご先祖さまへのお詣りは欠かせません。
奥都城(神道ではお墓のことをこう呼びます)を掃除しお花を手向け、御霊を慰め、そして現在私たちが生きていることをご先祖様に感謝します。

それから、能代の街に出かけて来ました。
昨日の飾り雛展に続き、能代のお母さんたちの自慢の手づくりの品々を見て回りました。
b0238249_20150413.jpg
b0238249_20163572.jpg
b0238249_20181537.jpg
b0238249_20544800.jpg
そして、”木都”を誇る能代の木の作品の数々が展示即売されている会場へ
b0238249_20571218.jpg
びっくりしたのは、この職業に携わる若い人たちが多いこと。
コースター、皿、カットボード、名刺入れ、箸などの小物から大きなテーブル、タンスなど欲しくなるものがいっぱい。
そして、お話しさせていただいた若い商店主さんたちも、魅力的な人ばかりでした。
b0238249_21010703.jpg
この市に県内外からもっと沢山の人が来てくれて、”木都のしろ”が昔のように活気づいてくれたら良いな・・
幼い頃から木の温もりに触れていると、すぐにキレる人も少なくなるのでは・・と思います。
b0238249_21032166.jpg




by noshirohiyoshi130 | 2018-03-18 20:05 | 文月の社務日誌 | Comments(0)

能代市は文化・芸術活動が盛んな街です。
今日は”市民おもしろ塾”と”てづくりフェスティバル in 能代”に出かけ、歴史と文化に触れて来ました。

午前中のお仕事を終えて、まず能代市文化会館中ホールで行われている”つるし飾り展”へ。
b0238249_19073060.jpg
b0238249_18550178.jpg
つるし雛は、高価な雛人形に代わって古くなった着物の”ハギレ”などで、お人形を作り子供たちの健やかな成長を祈ったのが始まりと言われます。
山形県の”傘福”、福岡県の”さげもん”、静岡県の”つるし飾り”が日本の三大つるし雛と言われていますが、能代のつるし雛もなかなかのもの。
つるし雛には五穀豊穣や子供の健やかな成長、病気平癒などそれぞれ祈りが込められているそうですが、私は、周囲に飾られている可愛らしい動物に注目してみました。
b0238249_19022173.jpg
b0238249_19035810.jpg
b0238249_19042323.jpg
b0238249_19051679.jpg
b0238249_19062213.jpg
b0238249_19050493.jpg
b0238249_19055337.jpg
つるし雛展を見たあとは、”市民おもしろ塾”に参加しました。
b0238249_19110420.jpg

江戸時代の後期文化3年(1806年)ロシア帝国から日本へ派遣されたニコライ・レザノフによって樺太や択捉島などが襲撃された事件。
これに対し、津軽藩・南部藩・庄内藩・久保田藩(秋田)などから3000名の人たちが、海路蝦夷へ渡りました。
その時の様子を、「大山矢五郎箱館加勢日記」や谷口角兵衛「久保田より箱館え出陣覚書」などを紐解き解説していただきました。

”市民おもしろ塾”は歴史探訪をはじめ、健康について、民謡について、ジャズの生演奏などなど、果ては”最新のドローン事情”なんていう講座もあるそうです。
チャンスがあればこれからも受講して、故郷の歴史や様々な文化に触れ、もっと勉強してみたいものです。




by noshirohiyoshi130 | 2018-03-17 19:35 | 文月の社務日誌 | Comments(0)

朝から気温が上がります。
テレビでは四国からの桜の開花が伝えられます。
b0238249_19283393.jpg
能代でも今日は気温が上がります。
雪が消えて気になるのは、昨年の落ち葉や雪の下に落ちていたおみくじなど・・
b0238249_19312017.jpg
お掃除をしていたら、汗ばむほどでした。
気温は12℃まで上がってきたようです。
水仙の芽が、そっと顔を出しました。
b0238249_19335260.jpg
桜が咲くのはまだまだ先だけれど・・・
ポスターは春爛漫です。
b0238249_19415393.jpg
b0238249_19420924.jpg
そして「嫁見まつり」のポスターも・・
b0238249_19434701.jpg
今年はすでに20組の方からお申し込みがあるとか・・
平成30年の「嫁見まつり」は、5月26日㈯に日吉神社境内で開催されますよ。
b0238249_19560938.jpg





by noshirohiyoshi130 | 2018-03-15 19:57 | 文月の社務日誌 | Comments(0)

春の女神様”佐保姫”さまは奥ゆかしく、引っ込み思案。
ちょっと出て来ては、恥ずかしそうにまた引っ込んでしまわれます。
日差しは春らしいけれど、風はまだまだ冷たい朝です。
b0238249_21541512.jpg

平成23年3月11日も、穏やかな朝でしたが、午後から3月には珍しいくらいぼたん雪が激しく舞う寒い寒い日でした。
あの日から七年の歳月が流れました。、
震災の年の5月、何をしたら良いのか分からず、とにかく自分たちが出来るのは神様に祈ること・・と、能代山本の女性神職三人で始めた復興祈願祭も今年で8回めとなりました。

私たちの故郷が、そこに暮らす人々が、「もうすっかり元気になったよね。もう復興祈願祭をしなくても大丈夫だよね」
・・・そう思える日がいつ来るのだろう?
毎年そんな思いで祈願祭を行っています。

今年初めて復興祈願祭で「浦安舞」を奉奏してくれたかほちゃんは、四月から仙台の学校に進学します。
「仙台に行けば被災した人たちと出会うこともあると思います。そんな人たちが一日も早く穏やかな暮らしに戻れますようにと祈りを込めて舞いました」と、話してくれました。

b0238249_22150034.jpg


浦安舞
「天地の神にぞ祈る 朝凪の 海のごとくに波立たぬ世を」(昭和天皇御製)
かほちゃんの祈りが、届きますように・
b0238249_22181994.jpg



by noshirohiyoshi130 | 2018-03-12 22:24 | 文月の社務日誌 | Comments(0)

雪解けが進みました

二十四節気の”啓蟄” 次候は”桃はじめて笑う”
北国でもそろそろマンサクの花の便りが聞こえて来ました。
風はまだ冷たいけれど、春の日差しがやさしく降り注ぎます。
久しぶりに青空が広がりました。
b0238249_20150071.jpg
昨日の雨で雪はあっという間に消えてしまいました。
b0238249_20171204.jpg
大安吉日の土曜日、結婚式やお宮詣り、新宅のお祓いなどで忙しい一日でした。

中にはこんな方もお参りに・・
「受験は終わったのですが、あまり上手くいかなかったので・・・何とか神様にお願いに・・・」
うーん?さすがの神様もそれは難しいかな・・・・
でも、合格祈願の絵馬を奉納し、一生懸命拝んで行ってくれました。
合格したら、必ずお礼参りに来て下さいね。
そして、これからも一生懸命勉学に励んで下さい!

さて、明日で東日本大震災から7年目を迎えます。
日吉神社では午後3時から、復興祈願祭を齊行します。
多くの方のご参列をお待ちしています。
        お問合せ ☏0185-54-1443


by noshirohiyoshi130 | 2018-03-10 20:30 | 文月の社務日誌 | Comments(0)

間もなく東日本大震災から七年の節目の時を迎えます。
今年も下記のとおり祈願祭を斎行致します。
復興祈願祭祝詞奏上、朝日舞奉奏、浦安舞奉奏の後、ご参列の皆様に玉串を奉りてご拝礼していただきます。

ご参列いただける方は、2時50分までに、直接社殿へおいで下さい。
多くの方のご参列をお待ちしております。
電話での予約は不要です。


        記

日時 平成30年3月11日(日) 午後3時より
場所 日吉神社
    能代市御指南町3-24 ☎0185-54-1443
by noshirohiyoshi130 | 2018-03-02 08:21 | 掲示板 | Comments(0)