嫁見まつりの打合せが行われました。
平成30年の中の申祭は5月26日㈯・27日㈰に斎行されます。
b0238249_20402907.jpg
26日の宵祭は「嫁見まつり」とも呼ばれ、良縁感謝・良縁祈願の女性が艶やかな花嫁衣装を纏って昇殿参拝する習わしがあります。

境内には昼頃から縁日が立ち並びます。
昨日はその打合せが、日吉神社長床で行われました。
観光協会、縁日出店の市民の皆様、呈茶の皆様、電気屋さんなどが集まって来ました。
b0238249_20431677.jpg
嫁見行列には今年はすでに22組の申し込みをいただき、募集を締め切ったとか・・・
また、昨年から美容組合さんのご協力で行われているキッズ着物行列にも18名の申し込みをいただいているそうです。

「嫁見まつり」まであと丁度一か月。

今年は「秋田 コドモの森」や東日本大震災復興支援の「夢灯りプロジェクト」の皆様も初参加です。
「秋田 コドモの森」は、自然の中で子供たちを遊ばせようという親子サークル。
子供たちの元気な笑い声が、今にも聞こえて来そうですね。

生憎の雨となりましたが、満開の桜はもう暫く楽しめそうです。
b0238249_21015388.jpg
b0238249_21043736.jpg

白神ロータリークラブさん植樹のシダレザクラも、開花しました。

4月29日㈰には茶道裏千家淡交会秋田北支部能代地区主催の恒例の「日吉花の下茶会」が長床で開催されます。
お天気も明日からは晴れの予報。

農村地区のあちらこちらの鎮守さまでは、田植えを前に春祭りが行われます。
さあ、忙しくなりますよ!

# by noshirohiyoshi130 | 2018-04-25 21:18 | 文月の社務日誌 | Comments(0)
満開の桜のもと神前結婚式が斎行されました
満開の桜のもと、神前結婚式が行われました。
b0238249_18171532.jpg
b0238249_18400433.jpg
b0238249_18180102.jpg
生憎の小雨となりましたが、満開の桜が二人の門出を祝福してくれました。
境内では石楠花が鮮やかに咲きはじめました。
b0238249_18334668.jpg
境内の片隅では、エンレイソウやニリンソウ、ムスカリなども密やかに咲きはじめ。
b0238249_18353572.jpg
b0238249_18360600.jpg
b0238249_18363869.jpg
b0238249_18383077.jpg

# by noshirohiyoshi130 | 2018-04-24 18:40 | 文月の社務日誌 | Comments(0)
桜が咲きました。
スズメよ、スズメ。特等席ですね。
b0238249_21121013.jpg
昨日は気温が23℃まであがり、桜は一気に満開を迎えました。
b0238249_21142460.jpg
b0238249_21134694.jpg
境内の桜は、昨年の鳥居建設の為に、やむを得ず枝を切り落としたり、病気の枝を整理したのでちょっと寂しくなってしまいましたが・・・
b0238249_21175595.jpg
街のあちらこちらで満開の桜を楽しむことが出来ます。
b0238249_21292902.jpg
能代市役所のさくらテラスは、文句なしの桜鑑賞のスポットです。

b0238249_21201016.jpg
b0238249_21254821.jpg

桜が咲くと・・・
もうすぐに中の申祭がやって来ます。
そろそろ真剣に準備にとりかからなくては・・・

観光協会の発表に依りますと「嫁見まつり」にはもうすでに22組のお申込みがあり、今年は募集を締め切ったそうです。
今年は東京や千葉、京都からもお申し込みがあったそうです。
中の申祭の宵祭りの奉祝行事「嫁見まつり」は、良縁に感謝し、良縁を祈願し末永い幸せを願うお祭り。
平成30年の中の申祭 「嫁見まつり」は5月26日に開催されます。

b0238249_21374675.jpg
b0238249_21353742.jpg

お問合せは
能代観光協会☎0185-88-8802
又は日吉神社社務所☎0185-54-1443







# by noshirohiyoshi130 | 2018-04-22 21:43 | 文月の社務日誌 | Comments(0)
桜の蕾が漸く膨らんで来ました
東京の桜はもうすでに終わり、テレビのニュースでは関東・関西では夏日を記録したと伝えています。
能代では、春の陽気がなかなか巡って来ません。
能代では市長選挙・市議会議員選挙が行われていますが、生憎と連日の雨。
そして冬のような寒さが続いています。
それでも、漸く今日は日差しが戻って来ました。桜の蕾も膨らんで来たようです。

b0238249_21401614.jpg
スズメよ、スズメ 今年の桜の花の様子はどうですか?
b0238249_21421226.jpg
数年前はウソという鳥に花芽を食べられて、全滅した桜。
今年は大丈夫そうですね。

境内ではカタクリの花も咲きはじめました。
b0238249_21440404.jpg
b0238249_21445072.jpg
b0238249_21452236.jpg


# by noshirohiyoshi130 | 2018-04-12 21:51 | 文月の社務日誌 | Comments(0)
能代は宇宙の街・・ロケット実験場を見学しました
4月になって、まるで冬に戻ってしまったような寒い日が続いています。
昨日の最高気温はなんと6℃。
今日も気温は上がらず、冷たい雨が朝から降り続いています。
道路の温度計は2℃と表示されています。

そんな雨降りでは、観光も儘ならず・・
東京から遊びに来ている親戚を案内して、今日は能代ロケット実験場に見学に行って来ました。
b0238249_20212574.jpg
小学三年生の男の子は、どうやら理科少年の様子。
まず、スライドを見せてもらって説明を聞き始めたら「メモをしたい。」
JAXAの方からシャープペンシルをもらいご満悦!

能代に長年住んでいながら、初めて行ったこの施設に私もいささか興奮気味。
ここは、宇宙ロケットの打ち上げに必要な地上燃焼試験を行う施設。
宇宙航空研究開発機構(JAXA)に依って、昭和37年に作られたそうです。

大型大気燃焼試験棟、真空燃焼試験棟などを見せていただきました。
b0238249_20311588.jpg
b0238249_20315695.jpg
b0238249_20353287.jpg
その他にも液体水素ジェットエンジンの開発や完全再使用型宇宙輸送システムの研究などが行われているそうです。
大きな宇宙へ羽ばたく為の第一歩である基本的な大切な研究や実験が、この能代で行われているのです。

展示室では、日本のロケットの生みの親である糸川博士が、秋田県道川で実験を行ったペンシルロケット実物大のレプリカなどを見ることが出来ました。
b0238249_20421443.jpg
b0238249_20444329.jpg
b0238249_20451766.jpg
能代では、毎年夏に宇宙イベントが行われて、全国から大瀬の大学生が訪れて、様々な実験が行われています。
宇宙の街 能代!もっと皆が身近に感じるようになると良いですね!










# by noshirohiyoshi130 | 2018-04-06 21:09 | 文月の社務日誌 | Comments(0)
スズメはじめて巣くう・・
春はいきなり駆け足でやって来ました。
今日は古き暦の初午
稲荷神社では初午祭が行われます。

b0238249_21335004.jpg
b0238249_21342428.jpg


二十四節気の”春分”の初候は”雀はじめて巣くう”
スズメたちも恋の季節なのでしょうか。
囀りが一層賑やかになって来ました。
b0238249_21270865.jpg
陽気に誘われてか、神社にも色々な人が訪れます。
冬囲いをほどいてくれるおじさん。
お掃除をしてくれる人。
近くの保育園児もお散歩に来ました。

b0238249_21294723.jpg
結婚式の前撮の撮影会も行わています。
b0238249_21302667.jpg
バッケもいつの間にかこんなに大きくなっていました
b0238249_21322390.jpg
b0238249_21325535.jpg
b0238249_21361173.jpg
桜の蕾も膨らんで来ましたよ。
明日はもっと暖かくなるそうです。
b0238249_21421488.jpg
b0238249_21465904.jpg

# by noshirohiyoshi130 | 2018-03-27 21:34 | 文月の社務日誌 | Comments(0)
浦安舞の講習会が開催されました
毎年この時期に行われる秋田県神社庁能代山本支部主催の神楽”浦安舞”講習会が、日吉神社の長床で開催されました。
今年は今までで最多の18名が参加。
b0238249_20074281.jpg
幼稚園の年長さん、そのお母さん、小学生から大人まで・・・
今まで”浦安舞”を一度も見たこともない人
すでに神社のお祭りでご奉仕している人
数年ぶりで講習会に参加した人
色々な人がいましたが、みんな一生懸命に取り組んで、最後には全員が”扇の舞”を何とか舞えるようになりました。

春祭りに”デビュー”する小学生もいるようです。
本番まで沢山練習して、神様に喜んでいただける舞が舞えるようになると良いですね。
b0238249_20381998.jpg

寒い日が続いていましたが、漸く暖かくなってきました。
スズメも日向ぼっこ
b0238249_20151946.jpg
朝には顔を出していなかった水仙の芽も夕方にはこんなに大きくなっていました。
b0238249_20181907.jpg
夕陽がやさしく包む春の夕暮れ
b0238249_20203962.jpg
東京からは満開の桜の頼りが聞こえて来ます。
明日は能代も暖かくなるようですよ。
そろそろ、春を探しに歩かなくては・・・
b0238249_20320605.jpg
b0238249_20302249.jpg
b0238249_20281104.jpg
b0238249_20350467.jpg



# by noshirohiyoshi130 | 2018-03-24 20:40 | 文月の社務日誌 | Comments(0)
福寿草が顔を出しました
東京からはソメイヨシノの開花の便りが聞こえて来ました。
今日は日差しは春そのもの、日差しに誘われて薄着で外に出たら・・・風は冷たく、まだセーターは手放せません。
それでも、福寿草が顔を出しました。
b0238249_19354805.jpg
ネコヤナギの芽もほっこりと・・
b0238249_19363439.jpg
ハリー君がいた時は、毎日歩いていた米代川の辺へ、春を探しに久しぶりに行ってみました。
b0238249_19375301.jpg
森吉山の雄姿が見えます。
山頂の雪もだいぶ溶けてきたようですね。
b0238249_19490562.jpg
5年前の今頃、ご近所のお友達とよくこうして一緒にお散歩をしたものです。
とにかく走るのが大好きなハリー君でした。
b0238249_19405407.jpg
b0238249_19425681.jpg
b0238249_19414094.jpg
雪のすっかり消えた境内。
鳥居が夕陽を浴びていっそう朱に染まります。
b0238249_19523989.jpg
b0238249_19560112.jpg
なんだか色々な草花の芽が顔を出しましたよ。

# by noshirohiyoshi130 | 2018-03-19 20:01 | 文月の社務日誌 | Comments(0)
木都のしろ、手作りの町能代・・街は賑やかです
春彼岸の入り、朝いちばんにご先祖様へお供えするお花を買いに行きました。
お彼岸やお盆は仏教の行事と考えれがちですが、神道でもご先祖さまへのお詣りは欠かせません。
奥都城(神道ではお墓のことをこう呼びます)を掃除しお花を手向け、御霊を慰め、そして現在私たちが生きていることをご先祖様に感謝します。

それから、能代の街に出かけて来ました。
昨日の飾り雛展に続き、能代のお母さんたちの自慢の手づくりの品々を見て回りました。
b0238249_20150413.jpg
b0238249_20163572.jpg
b0238249_20181537.jpg
b0238249_20544800.jpg
そして、”木都”を誇る能代の木の作品の数々が展示即売されている会場へ
b0238249_20571218.jpg
びっくりしたのは、この職業に携わる若い人たちが多いこと。
コースター、皿、カットボード、名刺入れ、箸などの小物から大きなテーブル、タンスなど欲しくなるものがいっぱい。
そして、お話しさせていただいた若い商店主さんたちも、魅力的な人ばかりでした。
b0238249_21010703.jpg
この市に県内外からもっと沢山の人が来てくれて、”木都のしろ”が昔のように活気づいてくれたら良いな・・
幼い頃から木の温もりに触れていると、すぐにキレる人も少なくなるのでは・・と思います。
b0238249_21032166.jpg




# by noshirohiyoshi130 | 2018-03-18 20:05 | 文月の社務日誌 | Comments(0)
”市民おもしろ塾”に参加してきました。
能代市は文化・芸術活動が盛んな街です。
今日は”市民おもしろ塾”と”てづくりフェスティバル in 能代”に出かけ、歴史と文化に触れて来ました。

午前中のお仕事を終えて、まず能代市文化会館中ホールで行われている”つるし飾り展”へ。
b0238249_19073060.jpg
b0238249_18550178.jpg
つるし雛は、高価な雛人形に代わって古くなった着物の”ハギレ”などで、お人形を作り子供たちの健やかな成長を祈ったのが始まりと言われます。
山形県の”傘福”、福岡県の”さげもん”、静岡県の”つるし飾り”が日本の三大つるし雛と言われていますが、能代のつるし雛もなかなかのもの。
つるし雛には五穀豊穣や子供の健やかな成長、病気平癒などそれぞれ祈りが込められているそうですが、私は、周囲に飾られている可愛らしい動物に注目してみました。
b0238249_19022173.jpg
b0238249_19035810.jpg
b0238249_19042323.jpg
b0238249_19051679.jpg
b0238249_19062213.jpg
b0238249_19050493.jpg
b0238249_19055337.jpg
つるし雛展を見たあとは、”市民おもしろ塾”に参加しました。
b0238249_19110420.jpg

江戸時代の後期文化3年(1806年)ロシア帝国から日本へ派遣されたニコライ・レザノフによって樺太や択捉島などが襲撃された事件。
これに対し、津軽藩・南部藩・庄内藩・久保田藩(秋田)などから3000名の人たちが、海路蝦夷へ渡りました。
その時の様子を、「大山矢五郎箱館加勢日記」や谷口角兵衛「久保田より箱館え出陣覚書」などを紐解き解説していただきました。

”市民おもしろ塾”は歴史探訪をはじめ、健康について、民謡について、ジャズの生演奏などなど、果ては”最新のドローン事情”なんていう講座もあるそうです。
チャンスがあればこれからも受講して、故郷の歴史や様々な文化に触れ、もっと勉強してみたいものです。




# by noshirohiyoshi130 | 2018-03-17 19:35 | 文月の社務日誌 | Comments(0)
嫁見まつりのポスターが出来上がりました
朝から気温が上がります。
テレビでは四国からの桜の開花が伝えられます。
b0238249_19283393.jpg
能代でも今日は気温が上がります。
雪が消えて気になるのは、昨年の落ち葉や雪の下に落ちていたおみくじなど・・
b0238249_19312017.jpg
お掃除をしていたら、汗ばむほどでした。
気温は12℃まで上がってきたようです。
水仙の芽が、そっと顔を出しました。
b0238249_19335260.jpg
桜が咲くのはまだまだ先だけれど・・・
ポスターは春爛漫です。
b0238249_19415393.jpg
b0238249_19420924.jpg
そして「嫁見まつり」のポスターも・・
b0238249_19434701.jpg
今年はすでに20組の方からお申し込みがあるとか・・
平成30年の「嫁見まつり」は、5月26日㈯に日吉神社境内で開催されますよ。
b0238249_19560938.jpg





# by noshirohiyoshi130 | 2018-03-15 19:57 | 文月の社務日誌 | Comments(0)
東日本大震災復興祈願祭が斎行されました
春の女神様”佐保姫”さまは奥ゆかしく、引っ込み思案。
ちょっと出て来ては、恥ずかしそうにまた引っ込んでしまわれます。
日差しは春らしいけれど、風はまだまだ冷たい朝です。
b0238249_21541512.jpg

平成23年3月11日も、穏やかな朝でしたが、午後から3月には珍しいくらいぼたん雪が激しく舞う寒い寒い日でした。
あの日から七年の歳月が流れました。、
震災の年の5月、何をしたら良いのか分からず、とにかく自分たちが出来るのは神様に祈ること・・と、能代山本の女性神職三人で始めた復興祈願祭も今年で8回めとなりました。

私たちの故郷が、そこに暮らす人々が、「もうすっかり元気になったよね。もう復興祈願祭をしなくても大丈夫だよね」
・・・そう思える日がいつ来るのだろう?
毎年そんな思いで祈願祭を行っています。

今年初めて復興祈願祭で「浦安舞」を奉奏してくれたかほちゃんは、四月から仙台の学校に進学します。
「仙台に行けば被災した人たちと出会うこともあると思います。そんな人たちが一日も早く穏やかな暮らしに戻れますようにと祈りを込めて舞いました」と、話してくれました。

b0238249_22150034.jpg


浦安舞
「天地の神にぞ祈る 朝凪の 海のごとくに波立たぬ世を」(昭和天皇御製)
かほちゃんの祈りが、届きますように・
b0238249_22181994.jpg



# by noshirohiyoshi130 | 2018-03-12 22:24 | 文月の社務日誌 | Comments(0)
雪解けが進みました
二十四節気の”啓蟄” 次候は”桃はじめて笑う”
北国でもそろそろマンサクの花の便りが聞こえて来ました。
風はまだ冷たいけれど、春の日差しがやさしく降り注ぎます。
久しぶりに青空が広がりました。
b0238249_20150071.jpg
昨日の雨で雪はあっという間に消えてしまいました。
b0238249_20171204.jpg
大安吉日の土曜日、結婚式やお宮詣り、新宅のお祓いなどで忙しい一日でした。

中にはこんな方もお参りに・・
「受験は終わったのですが、あまり上手くいかなかったので・・・何とか神様にお願いに・・・」
うーん?さすがの神様もそれは難しいかな・・・・
でも、合格祈願の絵馬を奉納し、一生懸命拝んで行ってくれました。
合格したら、必ずお礼参りに来て下さいね。
そして、これからも一生懸命勉学に励んで下さい!

さて、明日で東日本大震災から7年目を迎えます。
日吉神社では午後3時から、復興祈願祭を齊行します。
多くの方のご参列をお待ちしています。
        お問合せ ☏0185-54-1443


# by noshirohiyoshi130 | 2018-03-10 20:30 | 文月の社務日誌 | Comments(0)
東日本大震災復興祈願祭のご案内
間もなく東日本大震災から七年の節目の時を迎えます。
今年も下記のとおり祈願祭を斎行致します。
復興祈願祭祝詞奏上、朝日舞奉奏、浦安舞奉奏の後、ご参列の皆様に玉串を奉りてご拝礼していただきます。

ご参列いただける方は、2時50分までに、直接社殿へおいで下さい。
多くの方のご参列をお待ちしております。
電話での予約は不要です。


        記

日時 平成30年3月11日(日) 午後3時より
場所 日吉神社
    能代市御指南町3-24 ☎0185-54-1443
# by noshirohiyoshi130 | 2018-03-02 08:21 | 掲示板 | Comments(0)
2月22日は”猫の日”
皆様、お久しぶりです。
社守猫フーちゃん、改め”文月”です。
b0238249_12403857.jpg
今日は2月22日 "にゃんにゃんにゃん"の"にゃんこの日"だそうで・・・
久しぶりに登場です。
ご縁があって日吉神社の社守猫として、立派に勤めてきたのですが、残念ながら平成24年に8才でその生涯を閉じたフーちゃん。
寒い日には、ソファーで丸くなって、寝てばかりでしたが・・
b0238249_13000422.jpg
b0238249_12572945.jpg
b0238249_12461176.jpg
ちょっと春めいてくると、雪をものともせず、境内の見回りを欠かさなかったものです。
b0238249_12473945.jpg

b0238249_12492107.jpg
b0238249_12501331.jpg
b0238249_12481030.jpg



b0238249_12584275.jpg

屋根の上が大好きでした。
鳥居の台座もお気に入りでしたね。
b0238249_13031694.jpg

もし今フーちゃんが健在だったら・・・木製鳥居を創ることを躊躇したかも・・・だって、木登りも得意だったのですもの。
b0238249_13054438.jpg
フーちゃんには、また時々出演してもらうことにしましょうね。
b0238249_13093289.jpg
b0238249_13082807.jpg
もちろん、ハリー兄さんにも・・ね
b0238249_13113198.jpg

# by noshirohiyoshi130 | 2018-02-22 13:17 | 文月の社務日誌 | Comments(0)
??「厄年の人は鳥居をくぐってはいけない」???
久しぶりに青空が広がります。
b0238249_12220704.jpg
この冬は、全国的には降雪・積雪が多く、冷え込みも厳しくなっています。
能代でも寒さは厳しいのですが、幸い降雪が例年に比べて、ぐっと少なくて助かっています。

今日、お詣りにいらした方からこんな質問を受けました。
「僕、厄年なんですが、鳥居をくぐってはいけないんですよね?」
えー!どこでそんな話を聞いたのでしょうか?
厄年だからこそ、きちんと鳥居をくぐって、神社にお参りして神様にご加護をお願いするべきもの・・・

時々「喪中だから・・・」と言って、鳥居をくぐらずにお詣りするという方もいらっしゃいます。
神社へのお詣りは、”忌明け”していれば大丈夫。
その際は、もちろん鳥居をくぐってお詣りして下さい。

鳥居は大概は神社の入り口にあって、人間の住む俗世界から神様のご神域へ入るための門のようなもの。
天照皇大神さまが、天の岩戸にお隠れになってしまった時、常世の長鳴鳥を木に止まらせて、鳴かせたのがその起源とされます。
鳥居をくぐる時は、軽く一礼してから進むのが良いとされます。
日吉神社の参道は、まっすぐに長く続きます。
鳥居をくぐったら、心静かに、俗世間のことを忘れて神様のところへお向かい下さいね。
b0238249_12370975.jpg


# by noshirohiyoshi130 | 2018-02-22 12:38 | 文月の社務日誌 | Comments(0)
明治時代の紀行家 蓑虫山人 その③
放浪画家 蓑虫山人は生活様式一式を背負い、時には折り畳みの寝幌に一夜を過ごし、65年の生涯の7割以上を全国を旅をして歩きました。
山人は、土地の人々と良く交わり、考古学に詳しく遺跡の発掘にも携わり、文化人で博識、また勤王の志士でもあったと言われます。

若い頃の山人にはこんなエピソードも伝えられています。
なんと西郷隆盛と幕府から追われた月照が、薩摩で入水自殺を図った時に、西郷を助けたのが実は蓑虫山人(土岐源吾)だと言われるのです。

さて,能代に到着した山人は、坂本家(日吉神社 第11代宮司 坂本左源太宅)に逗留し・・
b0238249_15412255.jpg

七夕を楽しみ・・・
b0238249_15405582.jpg
きみまち阪で花見を楽しみ・・
b0238249_15465397.jpg
阿仁川を上って行きます。
b0238249_15482373.jpg
月見をしたり・・
b0238249_15512157.jpg
七座天神さまに詣でたり・・
b0238249_15522617.jpg
b0238249_15534750.jpg
扇田村郷社のお祭りを楽しんだり・・
b0238249_15561412.jpg
北秋田郡雪沢村長木沢の神代杉を見学したり・・
b0238249_16012536.jpg
宴を楽しんだり・・
b0238249_16052963.jpg
こうして旅を続けた蓑虫山人ですが・・
b0238249_16064087.jpg
b0238249_16072927.jpg
明治29年に1月 扇田を旅の最後として、帰郷の途に着いたと言われます。

蓑虫山人とはいったい何を考え、何を求めて旅をしていたのでしょう?
もうちょっと詳しく調べてみたくなる魅力ある人ですね。

最後に
「蓑虫山人自画像」
b0238249_16231675.jpg



# by noshirohiyoshi130 | 2018-02-17 16:28 | 文月の社務日誌 | Comments(0)
明治時代の紀行家 蓑虫山人 その②
「蓑虫山人全国周遊絵日記(秋田編)」

42歳で、東北地方に旅に出たという山人は61歳までの約20年の間,毎年のように東北を旅しています。
「羽後国雪道の図」
b0238249_20335435.jpg
b0238249_20350480.jpg
生活用具一式を背負い、九州から中国、近畿、東海、関東、東北と全国を旅した山人は、考古学にも深い関心を持っていました。
「秋田郡七座発掘の図」
b0238249_20381606.jpg
b0238249_20400546.jpg
「縄文縄の化石」
b0238249_20460567.jpg
「発掘品」
b0238249_20462687.jpg
旅の途中、村の鎮守様も立ち寄っています。
「横手神明社」
b0238249_20500160.jpg
「旭岡山神社の祭」

b0238249_20483807.jpg
「大平山三吉神社」
b0238249_20515749.jpg
そして、男鹿、八竜、五城目と北上し能代に入ってきたようです。
「能代港風景」
b0238249_20560565.jpg
それでは、この続きはまた、明日!


# by noshirohiyoshi130 | 2018-02-16 21:07 | 文月の社務日誌 | Comments(0)
蓑虫山人 再び
2年前の2月にこのブログで”明治時代の紀行家 蓑虫山人①”として ご紹介し・・・
それっきりになっていましたが・・・
漸く、続きをご紹介致します。
もう、すっかり忘れてしまったと思うので、まず今日は平成28年2月のブログをもう一度ご覧下さい。
天保7年(1836年)美濃国に生まれた”土岐源吾”という人。
b0238249_19393442.jpg

幼少の頃より”蓑虫”と号し、山間に入り人々はこの人を”仙人”と称しました。
40数年に亘り全国隈なく旅をした天衣無縫な自由人、蓑虫山人は晩年の多くを東北地方で過ごし、沢山の絵を残しています。

特に秋田県では、扇田村の麓家、小池村の千田家、大久保の高橋家、そして能代の坂本家(日吉神社宮司宅)に度々滞在したと言われます。
b0238249_1953212.jpg

昭和54年に限定発行された「蓑虫山人全国周遊絵日記 秋田編」には、およそ180枚の絵が残されています。

冒頭にあるのは、
「蓑虫山人自画像 自適悠々の図」(比内町扇田 徳栄寺所蔵)
b0238249_20315727.jpg

これが麓米南が記した「蓑虫山人笈之図」の文面。
b0238249_20325270.jpg

還暦を迎えた山人はこの自画像と笈を残して、扇田から帰郷の途につきました。
明治29年1月のことです。
これが山人の愛用の「蓑虫山人の笈と笠」
b0238249_20513798.jpg


さて、42歳で東北地方を訪れたという山人。
愈々、能代にやってきたようです。
まずは、「能代港風景」
b0238249_1958555.jpg

「能代港七夕の図」
b0238249_2004359.jpg

拡大する、こんな感じ・・・
現代の七夕とは、随分感じが違いますね。
b0238249_2143714.jpg

b0238249_215468.jpg

b0238249_216591.jpg

「能代港山本倶楽部」今の、金勇ですね。
b0238249_2034996.jpg

b0238249_216478.jpg

b0238249_2171699.jpg

そして・・・
「能代港坂本左源太方滞在の図」
b0238249_19544324.jpg

b0238249_218527.jpg

b0238249_2174666.jpg

坂本左源太は、現在の日吉神社宮司から遡ること四代前の宮司。
戊辰戦争では、神職やマタギを率いて騎兵隊を組織し、神出鬼没の戦を挑んだという人物。
b0238249_1957271.jpg


今日はさらっと雪が降りました。
b0238249_20114699.jpg

江戸時代から、ここにある狛犬は蓑虫山人と左源太が語り合うのを見つめていたのでしょうね。
b0238249_20121272.jpg

そして、この栃の木も・・・
b0238249_2013331.jpg

そんなことを考えると、なんだかとても不思議な気持ちになります。

蓑虫山人の絵は更に「君待坂」「七倉天神社」「阿仁川上る図」などと続きます。
この続きはまた、今度!
私ももうちょっと詳しく蓑虫山人について勉強してみます!

# by noshirohiyoshi130 | 2018-02-16 20:01 | 文月の社務日誌 | Comments(0)
戌の日の日曜日 安産祈願が続きました
建国記念日の朝は生憎の雨となりました。
神武天皇が樫原神宮で即位されたとされる日本の国の建国を寿ぐ祝日です。

生憎の雨では国旗を掲げることが出来ません。
b0238249_10582596.jpg
国旗を掲揚するのは、日の出から日没まで。
そして、雨の日は屋外では国旗の掲揚は行わないこととされています。

この日は「戌の日」
日曜日とあって安産祈願の方が沢山お参りに見えました。
近年、安産祈願が多くなったなあ、と感じていましたが・・・
お詣りの方が、「ひよこクラブとか雑誌に、戌の日のカレンダーが載っているんですよ」と、教えてくれました。

日吉神社では、安産祈願の方に御神札や御守りはもちろん、安産祈願のさらし帯や車につけるマタニティーステッカーを差し上げています。
b0238249_11034979.jpg
裏返せばこの通り。
b0238249_11052368.jpg
赤ちゃんが無事に生まれたら、神様へのお礼詣りも忘れないで下さいね♬

ご祈祷の受付けはこちらで致しております。
日吉神社社務所 ☏0184-54-1443




# by noshirohiyoshi130 | 2018-02-12 11:32 | 文月の社務日誌 | Comments(0)
向能代 稲荷神社で初午祭が行われました
北陸地方では記録的な大雪
福井市では積雪が130センチを超え、国道でも150台以上の車が身動きとれず立ち往生。
各地で被害が大きくなってきています。

能代も雪の朝になりました。
それでも時折、青空も広がります。
b0238249_19223534.jpg
今日は”初午”
全国津々浦々の稲荷神社で”初午祭”が斎行されます。
向能代の稲荷神社でもお祭りが行われました。

全国でも一番多いと言われる”稲荷神社”
ご祭神は宇迦之御魂神。
稲荷神社の総本山 伏見稲荷神社の神様が和同4年(711年)に三ケ峯に天下りされたのが旧暦2月の初午の日と言われます。

向能代の稲荷神社です。
b0238249_19371058.jpg
b0238249_19373539.jpg
慶安2年(1649)創建とされるこの神社には廊下で続いて、恵比寿神社が併設されています。
b0238249_19425624.jpg
恵比寿神社は、海上安全や大漁祈願の神社として漁師さん達から信仰され、沢山の絵馬が奉納されています。
b0238249_19465855.jpg
b0238249_19473428.jpg
直会では、向能代の歴史話に花が咲きました。
b0238249_20011451.jpg
能代港町よりもずっと古くから栄えていたというこの地域。
以前にも勉強会を行ったことがありますが、また是非、歴史探訪をしてみたいものです。





# by noshirohiyoshi130 | 2018-02-07 20:09 | 文月の社務日誌 | Comments(0)
平成30年の『戌の日』(安産祈願)をお知らせします。
平成30年は戌年。
b0238249_13033088.jpg
秋田犬もあちらこちらで大活躍しているようですが・・・
b0238249_13072957.jpg
安産で、丈夫な子供を産むという犬。
そんな”犬”に因み、安産祈願は妊娠五か月の”戌の日”に行うのが一般的です。
少子化の時代ですが、安産祈願にお詣りされるご夫婦が多くなって来ています。

安産祈願祭では、まず初めに神様に新しい命を授かったことを感謝し、元気な赤ちゃんの誕生と母体の安全、そして家の繁栄を祈願します。
平成30年の”戌の日”は次の通りです。
b0238249_13223715.jpg
ご予約はこちらまでお願い致します。
日吉神社社務所 ☏0185-54-1443 fax0185-88-8067












# by noshirohiyoshi130 | 2018-02-04 13:28 | 文月の社務日誌 | Comments(0)
明日は立春 東風凍りを解く
暦の上では明日から”春”
穏やかな日差しに恵まれ気温も随分と上がって来ました。
b0238249_14000101.jpg
今週は-8℃など厳しい冷え込みが続いていただけに、3℃という気温はとても暖かく感じられます。

米代川はまだ凍っているようですが・・・
b0238249_14043033.jpg
b0238249_14213100.jpg
昨日、快晴に誘われて、男鹿半島の寒風山へ行って来ました。
b0238249_14055658.jpg
車で行かれるのは”妻恋峠”まで。そこから15分くらい昇ると展望台がある山頂に着きました。
雪原にはウサギの足跡がいっぱい。
b0238249_14075410.jpg
山頂からは、白神山地、森吉山、大平山、そして海の向こうにうっすらとですが鳥海山の雄姿を望むことが出来ました。
大きな湾に立ち並ぶ風力発電の風車、能代火力発電所、そして海の向こうに白神の山々
大パノラマを独り占めです。
b0238249_14100369.jpg
b0238249_14130254.jpg
雪原は七色にキラキラと輝いていました。
b0238249_14144934.jpg
戻ってから、先日”白鳥で渋滞”していた米代川へ行ってみました。
今日は”渋滞”は起きておらず、白鳥たちは能代大橋のあたりで羽を休めていました。
b0238249_14180956.jpg
平成30年は、”平成”という元号で一年間過ごせる最後の年。
その十二分の一も、もう終わってしまいました。

神社では厄祓祭や還暦のご祈祷もほぼ一段落。
今年初めての半日休暇を満喫したので・・・
明日からは、正月の後片付と溜まった事務処理に頑張ります!







# by noshirohiyoshi130 | 2018-02-03 14:32 | 文月の社務日誌 | Comments(0)
米代川の白鳥を見に行きました
神社の仕事も一段落。
今日は久しぶりの休暇ですが、ちょっと風邪気味で遠出も出来ず・・・
凍結した川の写真を撮ろうと、米代川に出かけてみたら・・
b0238249_20561041.jpg
びっくり!
米代川は白鳥と雁たちで大渋滞!白鳥はざっと数えて200羽くらいはいるでしょうか。
b0238249_20571351.jpg
b0238249_20584619.jpg
能代橋のたもとには毎年白鳥がやってきますが、こんなにたくさん飛来ししているのを見るのは初めてです。
b0238249_21025696.jpg
小友沼もまだ凍っているからでしょうか?
b0238249_21053262.jpg
毎年北からやって来る白鳥や雁は、冬の初めに能代の小友沼で羽を休め、どこか(多分能代よりもう少し暖かい地)へと渡って行きます。
そして、季節が春を迎える頃、再び戻って来て、たっぷりと休息をとり故郷の北国へと帰っていくのですが・・・
それは大体3月、雪どけが進む頃。
今年は少し早すぎるようです。
東京でも雪が降り、関東地方などでも例年になく寒いこの冬。
白鳥たちも戸惑っているのかも知れませんね。

では、ここで小友沼での白鳥の優雅な姿をご覧ください。
(平成25年3月20日の写真です)
b0238249_21533951.jpg

b0238249_21271567.jpg

b0238249_21315340.jpg

家に帰ったら、スズメが餌をおねだりしていました。
b0238249_21561458.jpg







More
# by noshirohiyoshi130 | 2018-01-30 22:06 | 文月の社務日誌 | Comments(0)
どんと祭が行われました
強い寒波も、漸く治まりました。
今日の最高気温は1.6℃
あの真冬日を経験すると、零度を超えれば本当に暖かく感じます。

b0238249_18384555.jpg
今日は、”どんと祭”が行われました。

幸い風もなく、絶好の”どんと祭”日和となりました。
一年間のご加護に感謝し、御神札や御守、破魔矢などを忌火でお焚き上げします。
この火にあたると、風邪を引かないで丈夫に過ごせると言われています。

日吉神社では、五丁組の皆さんがご奉仕し、午前9時から午前中いっぱいかけて行っています。
お昼過ぎには、無事に終了。
b0238249_18420504.jpg
夕方、何人もの方が御神札や御守を持っていらっしゃいました。
どんと祭は夕方行われることも多いので、勘違いされたようです。

日吉神社では毎年1月最終の日曜日、午前9時から神事を行い、お焚き上げを行っています。
来年はどうぞこの時間にいらして下さいね。

昨日は、出身中学校による合同の厄祓祭や年祝祭が行われましたが、神社では個人でいらっしゃる厄祓いや還暦・古稀などの年祝いのご祈祷が多くなって来ました。
b0238249_18570991.jpg
ご予約はこちらまでお願い致します。
日吉神社社務所 ☏0185-54-1443 fax0185-88-8067





# by noshirohiyoshi130 | 2018-01-28 19:00 | 文月の社務日誌 | Comments(0)
最強の寒波がついにやって来ました!
日本列島すっぽりと氷点下42℃以下の寒気に包まれました。
北海道では-31.3℃を記録。
能代でも今シーズン初めての本格的な雪は、強烈な寒気を連れて来ました。
b0238249_19512074.jpg


幸い能代は降雪は多くありませんが、冷蔵庫の中が暖かく感じるほど・・・

b0238249_19534494.jpg


b0238249_19543185.jpg

-8.0℃の凍える気温で、社務所の玄関は、凍り付いて開かなくなってしまいました・・・
強い北風も吹き荒れていますが、新しい風除室はしっかりと雪から社殿を守ってくれています。


b0238249_20063554.jpg

この寒気団、いつまで居すわるのでしょうか?。

二十四節気の”大寒”の次候は、”水沢腹く堅し(みずさわかたくあつし)
米代川もすっかり凍ってしまったようです。

では、ここで素敵な季節の言葉をひとつ。
冬の季語「春隣(はるとなり)」は、春がもうすぐそこまで来ているよ、とささやく素敵な言葉。

夜の帳が下りるのもも少しづつ遅くなってきました。
さあ、こんな季節もあと少し!
春を楽しみに待ちましょう。

b0238249_20202144.jpg
b0238249_20285883.jpg
b0238249_20351479.jpg




# by noshirohiyoshi130 | 2018-01-25 20:37 | 文月の社務日誌 | Comments(0)
「山王たより 第21号」が出来上がりました
1月20日 大寒の朝は美しい夜明けでした。
お正月からずっと雪がほとんど降りません。
b0238249_19492967.jpg
昨年の今頃はこんな景色でした。
b0238249_19514716.jpg
そして、御影石の大鳥居があった平成24年の今頃の写真。
モノトーンの世界です。
b0238249_19560266.jpg
さて、山王講中の皆様に年2回お届けしている「山王たより」
第21号が完成です。
b0238249_20045025.jpg
ただいまパソコンが一生懸命仕事中。
b0238249_20053685.jpg
来週中には山王講中の皆様のお宅へお届けできると思います。
講中以外でもご希望の方は、お気軽にご連絡下さい。
日吉神社社務所☎0185-54-1443



# by noshirohiyoshi130 | 2018-01-21 20:09 | 文月の社務日誌 | Comments(0)
平成30年の厄祓・還暦 こちらの表をご覧ください。
新潟県では平年の11倍の積雪を記録。
信越線では列車が15時間も立ち往生。
乗客が長時間に亘って車内に閉じ込められてしまいました。

日本列島、各地で最強の寒波による大きな被害が出ていますが・・・
何だか申し訳ないくらい・・・能代は穏やかな天気が続いています。
b0238249_21222148.jpg
b0238249_21345364.jpg
今年初めて振った雪はうっすらと・・
そして時々、青空も広がります。
b0238249_21234532.jpg
社殿では初詣や新年の安全祈願祭も一段落。
そして、そろそろ厄払いや還暦の方のお詣りが多くなって来ました。
b0238249_21260247.jpg
社殿でも授与品の準備が整いました。
平成30年の厄年・還暦は次の方々です。

b0238249_21302416.jpg
お詣りの方は日吉神社社務所までご連絡下さい。☎0185-54-1443 


More
# by noshirohiyoshi130 | 2018-01-13 21:42 | 文月の社務日誌 | Comments(0)
平成30年の主な行事をご案内致します
編集 | 削除

1月 1日 歳旦祭
1月28日 古札焼納祭
2月 1日 厄祓祭・還暦祭
2月17日 祈年祭
3月11日 東日本大震災復興復旧祈願祭
5月26日 中の申祭宵祭・嫁見まつり
5月27日 中の申祭
7月26日 神幸祭宵祭
7月27日 神幸祭 神輿渡御
11月15日 七五三詣
11月23日 新嘗祭
12月31日 年越大祓祭

毎月1日   月始祭


神前結婚式・交通安全祈願祭・安産祈願・初宮詣などの祈願祭、
出張祭として地鎮祭・上棟祭・新宅祭等、随時行っております。
電話にてご予約願います。
☎0185-54-1443 ファクス0185-88-8067
        ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

【歳旦祭】
新年を寿ぎ、皇室の弥栄、国家の隆盛、地域の安寧を祈願するお祭りです

【厄祓祭】
男性
25歳(平成6年) 42歳(昭和52年生)
61歳(昭和33年生)
女性 
19歳(平成12年生)  33歳(昭和61年生) 
37歳(昭和57年生)
☆この年の前後1年づつは前厄・後厄に当たります。

【還暦年祝祭】
 昭和33年生(戊戌年生まれ)

【祈年祭】
五穀豊穣・国家安寧を祈願するお祭りです。

【七五三詣】
男児・女児 3歳 平成28年生
男児    5歳 平成26年生
女児    7歳 平成24年生

【新嘗祭】
祈年祭と対になるお祭りで、新穀を神様に供え、収穫に感謝するお祭りです。

【年越大祓祭】
一年間の穢れを人形に託し、心身を清めます。参列者全員で「大祓詞」を奏上します

【月始祭】 毎月1日 9時~9時半
参列者全員で”大祓詞”を奏上、お一人づつ玉串を奉奠してお参りして頂きます。
どなた様でも参列できますので、お気軽にお参り下さい。

【その他】
4月29日 花の下茶会

5月26日 みんなで歌おう 歌の集い「第21回 お猿のかごや」(春の部)
 未定    〃      〃  「第22回 お猿のかごや」(秋の部)   





# by noshirohiyoshi130 | 2018-01-08 21:51 | 年中行事 | Comments(0)
今日は”一粒万倍日”
ハッピーマンデーとやらの妙な制度で、1月8日の今日が”成人の日”
b0238249_20591422.jpg
天気予報は大荒れの予想でしたが、気温も上がり時々青空も広がる穏やかな天気となりました。
参道の雪もすっかり消えて、境内では鳥たちの囀りが賑やかになってきました。
何だか、春がすぐそこまで来ているような・・・
b0238249_21035309.jpg
もっとも、暦の上では今は”小寒”
これから寒さがいよいよ厳しくなる時ですが・・・
小寒の次候(1月10日~14日頃)は、”水泉(すいせん)動く”
地中で凍っていた泉が動き出し始める頃・・
日の出も少しづつ早くなり、太陽の日差しが心なしか暖かく感じられるようになってきました。
b0238249_21110283.jpg
お正月のご祈祷やお神札や御守りを求める人も一段落。
久しぶりにゆっくりと過ごしました。
狛犬さんもなんだかほっこり寛いでいるかのようでした。
b0238249_21210856.jpg

今日は”一粒万倍日”
一粒の稲の種が、やがて万倍に稔るという縁起の良い日です。
暦を見てそんな日を探してお参りするのも楽しいですね。
b0238249_21353743.jpg




# by noshirohiyoshi130 | 2018-01-08 21:42 | Comments(0)
  

能代鎮守 日吉神社  社守猫”文月”の社務日誌
by noshirohiyoshi130
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
最新のコメント
ありがとうございます。き..
by 高橋和彦 at 21:53
毎度毎度返信遅くなり申し..
by noshirohiyoshi130 at 20:48
稲荷神社様の件、解決しま..
by 高橋和彦 at 11:59
こんばんは。2回目の質問..
by 高橋和彦 at 22:03
ありがとうございます。今..
by 高橋和彦 at 12:52
> 高橋和彦さん ご返..
by noshirohiyoshi130 at 20:40
keiさん、お久しぶりで..
by noshirohiyoshi130 at 18:18
こんにちは・・・。 コ..
by kei at 17:27
大祓祭の初穂料は特に決ま..
by noshirohiyoshi130 at 21:48
すみません(;´・ω・)..
by きょうちゃん at 03:36
最新のトラックバック
外部リンク
検索
ファン
ブログジャンル
猫