人気ブログランキング |

ブログトップ

秋田県 能代鎮守 日吉神社

平成30年 御神幸祭は滞りなく齊行されました

平成30年 御神幸祭は全ての祭事を滞りなく終了致しました。
ご奉仕いただいた皆様に心より感謝を申し上げます。
b0238249_17523221.jpg

7月26日 快晴です。
朝5時から安全祈願祭が行われ、昨日の上町組、後町組に続き、三基の丁山(清助町組・大町組・万町組)が町内へと引き出されて行きます。
b0238249_16430080.jpg
b0238249_16460695.jpg
幟や提灯が建てられ、雪洞の灯りをともして、午後4時 宵宮祭が始まります。
b0238249_16494745.jpg
当番町 上町組の奉納芸能は”峰神太鼓”の演奏。
境内に勇ましい太鼓の音が響き渡りました。

b0238249_16512458.jpg

五丁山の自町での回丁を見届けてから、境内の灯りを全て消して、宮司と猿田彦講中の数名に依って御霊遷しの儀が行われます。

b0238249_16523482.jpg
あとは明日の御神幸を待つだけです。

7月27日 快晴です。
朝から気温が上がります。

8時を過ぎると自転車に乗った少年たち続々と長床に集まって来ます。
行列に参加する小学生から高校生まで。
b0238249_17032085.jpg
猿田彦さんも支度を終えたようです。
b0238249_17014844.jpg
神輿の担ぎ手も集まって来ました。
b0238249_17053151.jpg
神輿発輿祭
b0238249_17042421.jpg
b0238249_17060392.jpg
10時 狼煙と共にお神輿がお旅所へ向けて出発します。
お神輿には神様も乗っていらっしゃるから、とても重いんです。
65名の若衆に依って担がれていきます。
b0238249_17090213.jpg
b0238249_17095090.jpg
b0238249_17104662.jpg
沿道では多くの氏子さんがお迎えしてくれます。
保育園の園児のワッショイワッショイという掛け声が暑さも吹きとばしてくれるようでした。
b0238249_17120937.jpg
1時間30分をかけて、元つ宮地の御旅所に到着。
無事にお神輿を奉安することが出来ました。
b0238249_17140288.jpg
ここで神様は夕方まで、懐かしい故郷を神遊びされます。
その間、宮司以下神職4名、猿田彦講中13名でお神輿をお護りします。

丁山は御旅所までお神輿に供奉した後は、お昼過ぎに神社の収蔵庫へと戻って来ました。
b0238249_17384440.jpg
御旅所では午後3時にもなると夕くねりの準備が始まります。
神輿の装飾をはずし、提灯がが付けられます。
b0238249_17172383.jpg
b0238249_17185277.jpg
装いを改めたお神輿は、五丁組の若衆105名によって担がれ神社へと戻って行きます。
こちらは5年、10年、15年奉仕というベテラン揃い。
神様も安心してお神輿にお乗りの様子。
1時間30分かけて神社へ無事に還御しました。
b0238249_17222403.jpg
このあと社殿の周りを三巡し、お神輿は威勢よく振られ行きつ戻りつを繰り返し、漸く神輿蔵に奉安。
その様子は、まるで神様が「まだもう少し遊んでいたいよ」と、駄々をこねているかの如く・・・
多くの氏子さんがその様子を見守ってくれました。
b0238249_17261444.jpg
b0238249_17272607.jpg
b0238249_17280227.jpg
神輿蔵奉安の後、境内の全ての灯りを消して御霊遷しの儀を行い、御神幸祭すべての祭事を滞りなく終了致しました。
静けさを取り戻した境内には、早くも秋の虫の声が聞こえていました。
b0238249_17314657.jpg

暑い三日間でしたが、事故もなく無事に祭事終えることが出来ましたこと、関係するすべての皆様に心より感謝を申し上げます。










by noshirohiyoshi130 | 2018-07-28 17:55 | 文月の社務日誌 | Comments(0)