人気ブログランキング | 話題のタグを見る

秋田県 能代鎮守 日吉神社

hiyoshisan.exblog.jp
ブログトップ

写真で見る令和四年 神幸祭その①

昨年に続き、26日・27日の2日に亘り、御神幸祭の様子を写真に収めてくださった高橋氏。
写真を提供していただきましたので、ご覧いただきたいと思います。

新型コロナウイルス第7波の真っ最中。能代山本管内でも連日40名以上の感染を数える中でのお祭りとなりました。
以前と違うのは「行動制限」は求められない、との政府の方針。
マスクや消毒、換気などに務めながら、規模を縮小して祭事を執り行うこととしました。

7月26日
お天気だけは味方してくれました。朝から青空が広がります。
数日前までの猛暑日も去り、爽やかな朝です。
写真で見る令和四年 神幸祭その①_b0238249_17310045.jpg
五丁山庫と神輿庫が開扉され、宵祭りが始まります。
写真で見る令和四年 神幸祭その①_b0238249_17362656.jpg
今年は、総代、格年、猿田彦講中、ご来賓をお招きしての宵祭りです。
写真で見る令和四年 神幸祭その①_b0238249_17351836.jpg
例年なら、各町内を回丁している丁山は、今年も境内でお留守番です。
夜になっても、丁山を拝観に来る人が絶えません。
「来年こそ!」皆さんの思いが伝わって来ます。
写真で見る令和四年 神幸祭その①_b0238249_17403744.jpg
明日もお天気は良さそうです。
今夜も猿田彦講中井の世話人、彦助代と猿田彦と大幣の所役を務める人々は、長床に参篭し、深夜に水垢離をして潔斎し、明日の祭りに臨みます。
写真で見る令和四年 神幸祭その①_b0238249_17481399.jpg


# by noshirohiyoshi130 | 2022-08-08 17:51 | 文月の社務日誌 | Comments(0)

令和四年の御神幸祭は全ての行事を滞りなく終了しました

猿田彦講中の皆様により、御神幸祭の祭具が神輿蔵に納められ、本神輿の鳳凰の修繕も終えて、令和四年の御神幸祭はすべての祭事・行事を滞りなく納めることが出来ました。
令和四年の御神幸祭は全ての行事を滞りなく終了しました_b0238249_16440475.jpg
七月に入って、全国的に新型コロナウイルスの感染拡大が始まり、能代山本管内でもあっという間に一日40人を超える感染となりました。
そのようなコロナ禍のもと、秋田杉の御輿に神様を奉安し、猿田彦講中、神輿中川原組、五丁組、神職、総代、当番丁格年47名がご奉仕し、例年通り神様を元津宮地の御旅所へと渡御することが出来ました。
(御神幸祭の渡御の様子は、いずれ改めてご報告致します)
令和四年の御神幸祭は全ての行事を滞りなく終了しました_b0238249_16522791.jpeg
ご奉仕して下さった方々、沿道で冷たいお水を出してもてなして下さった方々など、関係するすべての皆様に心よりお礼を申し上げます

本神輿、丁山を出すことが出来ないお祭りが3年間続いてしまいました。
宵祭が終わって、遅くなってからも丁山を拝観に来る方が、後を絶ちませんでした。
令和四年の御神幸祭は全ての行事を滞りなく終了しました_b0238249_16595905.jpg
令和四年の御神幸祭は全ての行事を滞りなく終了しました_b0238249_17002737.jpg
来年こそ、この丁山の木車の音が町中に響き渡りますように・・
令和四年の御神幸祭は全ての行事を滞りなく終了しました_b0238249_17271541.jpg
令和四年の御神幸祭は全ての行事を滞りなく終了しました_b0238249_17273383.jpg
令和四年の御神幸祭は全ての行事を滞りなく終了しました_b0238249_17282193.jpg
令和四年の御神幸祭は全ての行事を滞りなく終了しました_b0238249_17290019.jpg
令和四年の御神幸祭は全ての行事を滞りなく終了しました_b0238249_17292784.jpg
人の行き来も静かになった境内には、蝉しぐれが降り注ぎます。
令和四年の御神幸祭は全ての行事を滞りなく終了しました_b0238249_17340640.jpg

日吉神社の祭典が終わると、能代の街は七夕一色に染まります。
令和四年の御神幸祭は全ての行事を滞りなく終了しました_b0238249_17334909.jpg
まずは、天空の不夜城がライトアップされ、その雄姿を現しました。
子ども七夕、天空の不夜城、そして伝統の役七夕と、能代子が心ときめかす七夕ウイークの始まりです。
そもそも疫病や夏の炎暑を祓う禊の行事である「七夕」です。
盛大にコロナウイルスを成敗してもらいましょう!




# by noshirohiyoshi130 | 2022-07-31 17:42 | 文月の社務日誌 | Comments(0)

猿田彦講中人名簿

御神幸祭を10日後に控え、今日は猿田彦講中の皆さんに依るお祭りの準備「道具出し」が行われました。
猿田彦講中人名簿_b0238249_17175366.jpg
神輿庫から行列に必要な道具類を出し、行列表と照らし合わせながら、祭具や装束などを整えて行きます。
猿田彦講中人名簿_b0238249_17231090.jpg
残念ながら、新型コロナウイルス感染防止の為、三年連続で規模を縮小してのお祭りとなりました。
「来年、本神輿を出す時の準備大丈夫だろうか。なんだかすっかり忘れてしまったね」
もう50年以上ご奉仕している人もいて熟練者ばかりなのですが・・
記録や記憶を頼りに準備をしていきますが、やはり三年という年月は長く大きなブランクになってしまったようです。

猿田彦講中とは、日吉神社の神輿渡御にご奉仕する人たち。
その組織は少なくとも明治31年からあったことが確認できます。
ここに記載されているのは、その年に「猿田彦」の大役を務めた人の名前です。
猿田彦講中人名簿_b0238249_18063827.jpg
猿田彦講中人名簿_b0238249_18070569.jpg
日吉神社は昭和24年の能代第一次大火に被災し、全ての資料を焼失しています。
この資料は、猿田彦講中で保管していたために焼失を免れた貴重な資料です。
記録に依ると、昭和20年には「戦争の為神輿渡御を見合わせる」とありますが、翌年には再開していることが分かります。
猿田彦講中人名簿_b0238249_18112295.jpg
猿田彦講中人名簿_b0238249_18150742.jpg
そして、昭和七年のご鎮座400年
猿田彦講中人名簿_b0238249_18282472.jpg
昭和57年のご鎮座450年の記録があります。
猿田彦講中人名簿_b0238249_18295204.jpg
天文二年(1533年)中の申の日にご鎮座の日吉大神様。
あと十年後には、500年の佳節を迎えようとしています。
猿田彦講中人名簿_b0238249_18383032.jpg




# by noshirohiyoshi130 | 2022-07-17 18:45 | 文月の社務日誌 | Comments(0)

御神幸祭の準備が整えられて行きます

神幸祭まであと10日となりました。
7月1日に御旅所清祓祭が行われ、11日~13日までの山王講中宅清祓祭も終えて、御幣束など祭事の準備が日ごとに整えられて行きます。
御神幸祭の準備が整えられて行きます_b0238249_13064552.jpg
令和4年の神幸祭は、新型コロナウイルス感染防止対策として、昨年同様規模を縮小しての祭事となります。
従来の大神輿を秋田杉の御輿に代えて神様を奉安します。
御神幸祭の準備が整えられて行きます_b0238249_13100936.jpg
御神幸祭の準備が整えられて行きます_b0238249_13125720.jpg
従来60名以上が参加する猿田彦行列も、半数に減らしての行列となります。
御神幸祭の準備が整えられて行きます_b0238249_13174500.jpg
残念ですが、丁山の運行も中止となりました。
御神幸祭の準備が整えられて行きます_b0238249_13190575.jpg
ここのところ、全国的に急激な再拡大の兆しをみせている新型コロナウイルス。
日ごと感染が増えて、第七波に入ったとも報道されています。
これから夏休み、お盆を迎え、全国的に感染が拡大することが心配されています。

さて、7月1日から始まった日吉神社の花手水(はなてみず)
見ごろを迎えたアジサイの他に、境内に咲くキンシバイ、ホタルブクロ、トラノオ、ギボウシ、ネジバナ、キキョウなどの花が、手水舎の水盤を彩ります。
御神幸祭の準備が整えられて行きます_b0238249_13284712.jpg
御神幸祭の準備が整えられて行きます_b0238249_13281413.jpg
そして、今年はトンボがとっても多く飛び交います。
参道を歩いているとぶつかってしまうほど・・・
御神幸祭の準備が整えられて行きます_b0238249_13343535.jpg
御神幸祭の準備が整えられて行きます_b0238249_13394905.jpg
三年前、コロナ禍の中で始めた紫陽花の植栽。
氏子さんたちからいただいて、社殿の北側に植えた紫陽花も今年は見事に花を咲かせています。
御神幸祭の準備が整えられて行きます_b0238249_14032193.jpg
御神幸祭の準備が整えられて行きます_b0238249_14034784.jpg

御神幸祭の準備が整えられて行きます_b0238249_14043546.jpg
地元の北羽新報でも、紹介してくれました。
御神幸祭の準備が整えられて行きます_b0238249_14061126.jpg
各地で大雨に被害が報道されている中、能代山本地域は雨不足の日々が続いています。
御神幸祭の準備が整えられて行きます_b0238249_14020273.jpg
紫陽花たちもちょっと元気がないようです。








# by noshirohiyoshi130 | 2022-07-16 14:13 | 文月の社務日誌 | Comments(0)

令和4年の御神幸祭について

夏至の陽は長い。
6時を過ぎても、お日様はまだ空の高いところで輝いています。
なかなか色づかず、心配していた紫陽花もようやく淡いピンクの色をまとい始めました。
令和4年の御神幸祭について_b0238249_19413532.jpg
2年前から始めた”紫陽花プロジェクト”
今年も氏子さんから何株かを分けていただき、こちらも順調に大きく育ち、しっかりと花芽をつけているようです。
令和4年の御神幸祭について_b0238249_19270056.jpg
良く見るとあちらこちらで色づきが始まっていました。
令和4年の御神幸祭について_b0238249_19310712.jpg
令和4年の御神幸祭について_b0238249_19281369.jpg
中の申祭一日限定のつもりで始めたのに・・・
令和4年の御神幸祭について_b0238249_19400179.jpg
ついつい止められない”花手水”

令和4年の御神幸祭について_b0238249_19324235.jpg
今朝は咲き始めた紫陽花に薄桃色の薔薇、シモツケソウ、梅雨の代表選手ツユクサ、ドクダミなどをあしらいました。
春に氏子さんからいただいた小さな向日葵も添えてみました。
令和4年の御神幸祭について_b0238249_20085417.jpg
さて、令和4年の御神幸祭についてのご報告です。
4月に五丁組の皆様に、神輿・丁山の運行についてご意見を伺いました。
ほぼ全員一致の意見として、「今年も丁山の運行を見送り、昨年同様の様式で行うべき」との回答をいただき、責任役員で協議した結果4年の御神幸祭は昨年同様、秋田杉の輿で渡御を行い、丁山運行は中止、猿田彦行列は規模を縮小して斎行することになりました。

7月1日には御旅所清祓祭が行われ、一か月に亘る御神幸祭が始まります。
紫陽花もたくさん咲いてくれることでしょう。
”花手水”も7月から本格的に再開の予定です。
令和4年の御神幸祭について_b0238249_19573652.jpg




# by noshirohiyoshi130 | 2022-06-22 20:12 | 文月の社務日誌 | Comments(0)