中の申祭も終わり、仕事も一段落。
眩しい五月の太陽の光に誘われて、八幡平まで一走り。
秋田県と岩手県にまたがる八幡平までは、能代から車で2時間ほど。
b0238249_2112506.jpg

田植えの終わった田圃、深まりゆく山々の緑を眺めながらの楽しいドライブです。

大沼の辺、足元にはミズバショウ・エゾリュウキンカ、ショウジョウバカマ、ミツガシワ、タテヤマリンドウなどの花々。
b0238249_21155695.jpg

b0238249_21161776.jpg

b0238249_21164625.jpg

b0238249_21171365.jpg

b0238249_21225726.jpg

見上げればタムシバ、カメノキの白い花、レンゲツツジ、そして眩しいブナの新緑
b0238249_21215989.jpg

b0238249_2122307.jpg

b0238249_2124949.jpg

b0238249_21311128.jpg

あなたはキビタキさんですか?綺麗な声で囀っていました。
b0238249_21303497.jpg

アメンボウも気持ち良さそう・・
b0238249_21324992.jpg

山頂はまだたくさんの雪が残り、岩手山、森吉山などの山々。
遥かかなたには鳥海山の雄姿も臨むことが出来ました。
b0238249_21253437.jpg

b0238249_21273750.jpg

命の洗濯をして・・明日からまた仕事に頑張ります!
b0238249_2132010.jpg

by noshirohiyoshi130 | 2017-05-29 21:41 | 文月の社務日誌 | Comments(0)

平成29年5月20日(土)21日(日)
爽やかな五月晴れの好天のもと、日吉神社の例祭 中の申祭が盛大に行われました。
b0238249_2011160.jpg

b0238249_19562561.jpg

20日の宵祭りでは、良縁に感謝し末永く家族円満に過ごせますように・・・
良いご縁に恵まれますように・・と祈願して、花嫁衣装を身に纏い神社に詣でる”嫁見まつり”が行われました。
b0238249_2004597.jpg

今年は、今までの最高の22名の”花嫁さん”が参列。
地元紙にも大きく報道されました。
b0238249_20115713.jpg

宵祭りに先立って歌の集い”お猿のかごや”が開催され、美しい歌声を神様に奉納してくれました。
b0238249_211262.jpg

続いて”お杉音頭を伝える会”の皆さまに依って”お杉音頭”が奉納されました。
b0238249_2044336.jpg
b0238249_20451020.jpg

縁日も大勢の人で賑わっていました。
b0238249_21441157.jpg

b0238249_2143853.jpg

b0238249_21122512.jpg

境内は新緑に包まれ、ツツジの花が今盛り。
b0238249_20351974.jpg

愛慈幼稚園の園児が奉納したぼんぼり灯篭も花を添えます。
b0238249_20362968.jpg

園児たちも揃ってお参りしてくれました。
b0238249_2038055.jpg

自分の書いたぼんぼりを見つけて大はしゃぎ。
b0238249_2039139.jpg


天文二年 神様を奉安したことを寿ぐ”中の申祭”
宵祭 ”嫁見まつり”の賑わいが嘘のように、翌日の本祭 境内に静かな時が流れます。
b0238249_2150143.jpg

b0238249_20561451.jpg

b0238249_20564594.jpg

b0238249_2144430.jpg

中の申祭を以って、当番町の引継ぎが行われました。
平成29年は大町組が当番となります。
神幸祭の準備ももう既に始まっていますよ。
b0238249_218578.jpg

b0238249_2195678.jpg

by noshirohiyoshi130 | 2017-05-23 21:16 | 文月の社務日誌 | Comments(0)

今日は立夏。朝から青空が広がります。
5月5日は”端午の節句”
こいのぼりを揚げるようになったのは江戸時代、滝をのぼって龍になるという鯉の滝登りの話に因んで、男子の立身出世を願ったとか・・・
b0238249_22473411.jpg

春祭りのお手伝いに行った神社の前に、沢山のこいのぼりが楽し気に泳いでいました。
b0238249_22491079.jpg

この地域では5年ぶりに”こいのぼりの大家族”が復活しました。
子供たちの寄せ書きも揚げられているそうです、
きっと大きな夢が書かれているのでしょうね。

さて、5月に入って神社では中の申祭の準備が急ピッチで進められています。
宵祭で行われる”奉納 お猿のかごや”の歌集も漸く出来上がりました。
b0238249_22423645.jpg

季節にぴったりの”若葉””五月の歌”や、嫁見まつりに寄せて”花嫁””世界は二人のために”など、どなたでもご存じな歌を集めてあります。

春と秋に開催している歌の集い”お猿のかごや”も今年で10年目を迎えました。
春の部は、神様に奉納するために神殿での開催となります。
どうぞ、神様に素敵な歌声を奉納して下さいね。
by noshirohiyoshi130 | 2017-05-05 22:57 | 文月の社務日誌 | Comments(0)

爽やかな五月
五月晴れが続き、爽やかなみどりの風が、境内をわたっていきます。
b0238249_2012890.jpg

境内の樹々は一日いちにちと緑の色を濃くして行きます。
朝と夕方では景色が変わってしまうのが、この季節。
五月の連休は、好天続き。
境内ではカイドウや石楠花、ツツジも咲き始めました。
b0238249_19561460.jpg

昨年、白神ロータリークラブによって植樹されたシダレザクラも元気に花を咲かせてくれました。
b0238249_19573855.jpg


そして、今日は近所の女の子が、プランターにお花をたくさん植えてくれました。
b0238249_19592722.jpg

b0238249_19594847.jpg

昨年夏に亀裂が見つかって撤去された大鳥居。
その跡地がちょっと寂しかったので、中の申祭を前に境内を華やかにしよう!という訳です。

そんな花々に負けない華やかなお嫁さんが現れました。
b0238249_2032893.jpg

日吉神社で神前結婚式を挙げたお二人。
その時はスーツ姿だったので、改めて花嫁衣装を纏い、ご家族で記念撮影を・・とのことでした。
仲睦まじいお二人のお姿。嫁見まつりにも出て下さるそうです。
b0238249_208663.jpg


日吉神社の例祭 ”中の申祭”は5月20日(土)・21日(日)の両日に斎行されます。
”中の申祭”は天文二年旧暦四月中の申の日に神様を奉安したことを寿ぐお祭り。

宵祭りには、良縁に感謝して花嫁衣装をまとい神社にお参りする”嫁見まつり”が行われます。
今年は今までで最多の23組の方々が参加の予定です。
b0238249_20343697.jpg

b0238249_2021659.jpg

詳細は日吉神社☎0185-54-1443
又は能代観光協会☎0185-88-8802へお問合せ下さい。
b0238249_20303240.jpg

by noshirohiyoshi130 | 2017-05-04 20:37 | 文月の社務日誌 | Comments(0)