村の鎮守の春まつり

桜も満開を過ぎ、桜吹雪が境内を舞っています。
手水舎にも桜の花が浮かんでいます。
b0238249_20565861.jpg

昨日は、日吉神社の長床で恒例の”花の下茶会”が行われました。
早朝の激しい雷雨と強風でどうなることかと心配をしましたが、幸いお茶会が始まる頃には雨もあがり、大勢のお客様で賑わいを見せていました。
b0238249_21195829.jpg


春になると、あちらこちらの神社で春祭りが始まります。
風の良く通る田圃の中に建つお社は、幟もすぐにダメになってしまうとか・・・
b0238249_212140100.jpg

八重桜に囲まれた鳥居の向こうには、残雪の白神山が見ることが出来ます。
b0238249_212420.jpg

b0238249_2122475.jpg

神様にお供えするのは、里人が採って来た山菜や米代川で獲れたサクラマス。
農家の人たちは、村の鎮守さまに地域の安寧と秋の稔をお祈りしてから、田植えの準備に入ります。

そして、境内では早くも草刈りが開始です。
b0238249_21151383.jpg

季節の足並みは早く、境内は早くも新緑の季節を迎えています。
b0238249_21254150.jpg

明日は5月1日
月始祭は9時から始まります。
今月は、新人の巫女さんが舞の奉仕のデビューを飾りますよ♪
by noshirohiyoshi130 | 2017-04-30 21:27 | 文月の社務日誌 | Comments(0)

桜が満開になりました。

咲き始めたと思ったら、桜は一気に満開になりました。
b0238249_20155257.jpg

境内の片隅では、エンレイソウやニリンソウなど可憐な山野草も咲き始めています。
b0238249_20252149.jpg

b0238249_20253846.jpg

大鳥居がないので、ちょっと間の抜けた風景ではありますが・・・
b0238249_20283644.jpg

大安吉日の日曜日、新宅祭、新車のお祓い、厄祓、お宮詣りなど忙しい一日でした。

新宅祭のお宅は、元気な男の子ふたり。
準備をしている間は大騒ぎでしたが、お祭りが始まったら神妙な顔をして参列。
お兄ちゃんは一人で立派な玉串奉奠をしてくれました。
神棚を設けて、神様をお祀りすることをあまり堅苦しく考えず、若い人たちはそのライフスタイルに合わせて、祀っていただければ良いと思っています。
例えば、お誕生日にケーキをいただく前に神様にお供えして、みんなでお参りしてからいただくとか・・・
神様に守っていただいているということ、神様に感謝する気持ち・・・大切に育てて頂きたいものです。

仕事を終えて、隣町の八峰町八森の山村広場へ。
満開の桜と紺碧に輝く日本海が迎えてくれました。
b0238249_20444382.jpg

b0238249_20425099.jpg

b0238249_20431298.jpg

b0238249_20434793.jpg

b0238249_20452353.jpg

b0238249_20454398.jpg

海はきらきらと輝いています。
明日も良い天気になりそうです。
b0238249_2059029.jpg

by noshirohiyoshi130 | 2017-04-23 21:03 | 文月の社務日誌 | Comments(0)

桜が咲きました

ここのところ気温が上がらず、足踏み状態だった桜も漸く少しずつ花開いて来ました。
ウグイスの声も聞こえてくるようになりました。
スズメたちもなんだか嬉しそう。
b0238249_21245615.jpg

久しぶりに青空が広がりました。
桜の花にはやはり青空が似合います。
b0238249_21262614.jpg

b0238249_2126439.jpg

しかし、今年の桜・・・ちょっと心配。
境内を悠然と歩いているのは、例の花喰い鳥の”ウソ”
b0238249_2128377.jpg

かなりの大群で押しかけて来ています。
こんなに大きくなった花芽も食べるのでしょうか?
b0238249_21294213.jpg

スズメよ、スズメ。
そんなところで、花に見とれていないで、ウソを追っ払って下さいな!
b0238249_2131253.jpg

b0238249_213148100.jpg

大鳥居がないこの風景。
今年しか見られない、満開の桜を見に来て下さいね。
b0238249_21303747.jpg

by noshirohiyoshi130 | 2017-04-21 21:38 | 文月の社務日誌 | Comments(0)

ここ数日、肌寒い日が続いていましたが、今日は少し暖かくなりました。
桜のつぼみも漸くピンク色に染まってきたようです。
b0238249_18553632.jpg


今日は大鳥居再建実行委員会が開催されました。
平成28年8月に亀裂が見つかって、解体された御影石の大鳥居。
b0238249_18574132.jpg

b0238249_1975884.jpg
 
新しい鳥居は、”木都能代”に相応しく、地元の技術を結集して集成材で建設することが決定しています。
今年の秋には、髙さ7メートルの朱塗りの山王鳥居がお目見えする予定です。
b0238249_1962088.jpg

実行委員会では再建へ向けて、奉賛活動を続けています。
ご芳志をお寄せ下さる方は、日吉神社社務所までご連絡下さい。
日吉神社社務所 ☎0185-54-1443

大鳥居がない今年の桜の風景はどんな風になるのでしょうか?
b0238249_19104618.jpg

b0238249_19143149.jpg

境内の片隅では、カタクリやニリンソウ、福寿草そして水仙も咲きはじめました。
b0238249_1911562.jpg

b0238249_19113090.jpg

b0238249_19114994.jpg

by noshirohiyoshi130 | 2017-04-16 19:20 | 文月の社務日誌 | Comments(0)

平成29年5月20日㈯・21日(日)に斎行される日吉神社の例祭「中の申祭」
宵祭りに神賑行事として行われる”嫁見まつり”が、年々賑やかになってきています。
今年のチラシが出来上がってきました。
b0238249_17122370.jpg

長床では境内で屋台を行う人たちが集まって打合せが行われました。
b0238249_17133382.jpg

b0238249_17135746.jpg

日吉神社の例祭 中の申祭は天文二年に神様を奉安したことを寿ぐお祭り。
古来よりこの日には、ご縁をいただいて結婚した人たちが、正装して神社へお礼詣りをする習わしがありました。
また、女の子は晴着を着てお参りし、お母さんたちは自分の息子の良縁を願って、お嫁さんを探しに詣でたとも言われています。
現在は「嫁見まつり」という名称で、花嫁衣装を纏った方々が行列を組んでお参りします。
b0238249_17211525.jpg

b0238249_17222325.jpg

当日は盆栽展や五丁山開扉、能代市文化財の御神幸祭絵図の特別公開などと共に、嫁見まつり限定品のクッキーやお饅頭、手作りピザなどの屋台が境内狭しと並ぶ予定です。
b0238249_1733541.jpg

b0238249_17335794.jpg

b0238249_17321050.jpg

パンフレットご希望の方、またお問合せは日吉神社社務所、または能代観光協会へお問合せ下さいね。
能代観光協会☎0185-88-8802
by noshirohiyoshi130 | 2017-04-11 17:36 | 文月の社務日誌 | Comments(0)

村の鎮守の春まつり

田植えを前にして、津々浦々の神社では、豊作を祈り、地域の安寧と人々の幸せを祈って、春祭りが行われています。
ここの神社は、軽トラックに乗って畦道を行き・・・
b0238249_2175676.jpg

キクザキイチゲやスミレの咲く参道を進みます。
小さな沢が流れ、苔むした石橋を渡り・・・
杉の木立に囲まれた山の麓に静かに建つお社。
b0238249_21114286.jpg

電気も通っていないお社では、ロウソクを灯してお祭りを行います。

延宝五年(1677年)創建と言われるこの神社。
狛犬さんも、かつては江戸時代の年号が微かに読み取れたとか・・・
b0238249_2116553.jpg

b0238249_21173726.jpg

今は風化して、その年号を読み取ることはできません。
境内には寛政元年建立という能代市内では最も古い庚申塔があるそうです。

夕方、西の空が紅に染まるのを見て、急いで車に乗って、海へ出かけてみました。
b0238249_21233572.jpg

夕暮れの海は、コバルトブルーの不思議な輝きを放っていました。
b0238249_21245286.jpg


夜になると、天空に大きなお月様が浮かんでいました。
b0238249_2128354.jpg

by noshirohiyoshi130 | 2017-04-10 21:37 | 文月の社務日誌 | Comments(0)

雁 北へかえる

二十四節季の”清明” 次項は「雁北へ帰る」
白鳥のが一群、また一群と隊列を組んで、北へ向かって飛んでいきます。

里山では、カタクリや水芭蕉が可憐に春を告げています。
ここは、能代市から車で30分のところにある石倉山。
b0238249_21212127.jpg

b0238249_21223062.jpg


刺巻湿原では、ミズバショウが見ごろを迎えていますよ。
b0238249_21311339.jpg

b0238249_2132356.jpg

b0238249_21322041.jpg

b0238249_21323650.jpg

b0238249_21325634.jpg

by noshirohiyoshi130 | 2017-04-09 21:39 | 文月の社務日誌 | Comments(0)

平成29年は5月20日㈯に行われる日吉神社 中の申祭宵祭りの神賑行事
「嫁見まつり」
写真展が能代市の旧料亭金勇で開催されています。
b0238249_1838398.jpg

能代市の旧料亭金勇は昭和12年に、当時能代の街で栄華を極めた材木界の迎賓館として建設されました。
現在は観光交流施設として使われています。
b0238249_18343381.jpg

ここで、5月21日まで「嫁見まつり写真展」が開催されています。
b0238249_18362730.jpg

b0238249_18364390.jpg

旧料亭金勇は、國登録有形文化財に指定されている歴史的建造物です。
天井の一枚板やイタヤカエデの床柱など見どころがたっぷり
常設展では、能代春慶なども見ることが出来ます。
b0238249_18401124.jpg

b0238249_18402732.jpg

b0238249_18405442.jpg

入場は無料。
どうぞお気軽にお出かけ下さいね。
(定休日 月曜日 お問合せ☎0185-55-3355)
by noshirohiyoshi130 | 2017-04-07 18:45 | 文月の社務日誌 | Comments(0)

ウグイス鳴き初む

全国的に暖かくなるようです。
b0238249_17201735.jpg

梅も桜もまだ咲かないけれど・・・
今朝、ウグイスの声を聞きました。
b0238249_17212943.jpg

スズメたちも、温かな日差しを浴びて、なんだか幸せそう・・・
b0238249_17391330.jpg

境内を彩るのはキクザキイチゲやクロッカスなど早春の花々
b0238249_17223220.jpg

b0238249_17224977.jpg

b0238249_17231145.jpg

栃の木の赤ちゃんも、お目覚めのようです。
b0238249_1731440.jpg

b0238249_1730411.jpg

シャクナゲの蕾も膨らんで来ました。
b0238249_17235637.jpg

b0238249_17241559.jpg

そして、桜の蕾も・・
b0238249_17244689.jpg

さあ、間もなくこんな景色に出会えますよ♪
b0238249_17271981.jpg

(大鳥居がないから、どんな景色になるのでしょうか?)

桜が咲く頃には、色々な神社で春祭りが始まります。
昨夜は神社で舞の勉強会が行われました。
幼稚園の年長さんも眠いのを我慢して頑張りましたよ。
b0238249_1729539.jpg

いつか、ご神前で舞う日を夢見て・・・
b0238249_17343877.jpg

by noshirohiyoshi130 | 2017-04-06 17:41 | 文月の社務日誌 | Comments(0)

東京から満開の桜の頼りが届きます。
数年前はウソの鳥害で全く咲かなかったこともある能代の桜
雀よ 雀 今年の桜の蕾は順調に育っていますか?
b0238249_10333262.jpg

雀いわく・・・
「今年はウソにはやられていないと思うよ♪」
それでは、あと数週間で満開の桜がみられるのですね!
b0238249_10345743.jpg


昨日は仕事を終えて、ちょっとだけ命の洗濯に出かけて来ました。
一時間も車で行けば、こんな景色が広がります。
b0238249_10472043.jpg

b0238249_10414375.jpg

北国の山々はまだ雪の中。
b0238249_10395464.jpg

b0238249_10494158.jpg

ここは隣県 青森の十二湖。
b0238249_1040593.jpg

b0238249_10411711.jpg

b0238249_10421036.jpg

山の清々しい空気を胸いっぱい吸い込んで・・・
b0238249_1053788.jpg

日本海に沈む夕陽を眺めて、明日への活力を充電します。
b0238249_104563.jpg

b0238249_10452670.jpg

そして、今日は四月初めの月曜日。
恒例の企業の新年度のご祈祷が続きます。
b0238249_10354545.jpg

by noshirohiyoshi130 | 2017-04-03 10:54 | 文月の社務日誌 | Comments(0)