お正月まであと4日
この冬はほとんど雪が降らず、除雪をしたのも数回のみ。
今朝はさらっと雪が降りました。
b0238249_2154873.jpg

大鳥居が撤去したあとには、解体のご報告と再建の案内の看板が立てられました。
b0238249_22115582.jpg


新しいお神札を求めて、社務所を訪れる人が多くなっています。
ご家庭の神棚も清らかにお掃除して、「天照皇大神宮」と産土の神様のお神札を祀って新年を迎えて下さい。
今までのお神札は、一年間のご加護に感謝し神社に納めましょうね。

日吉神社の社頭を飾る大注連縄も新しくなりました。
b0238249_21571344.jpg

中川原注連縄奉賛の皆さんに依る注連縄奉納は今年で29回目。
注連縄づくりは、藁をとる為に、稲の育て方から気をつかう大変な作業なのだそうです。
男性7名、女性8名の共同作業はとても楽しそうでした。
b0238249_21592455.jpg

注連縄を飾る時も
「もっと右を高く!」「いやいや真ん中を少し上げて!」などなど賑やかな声が飛び交っていました。
b0238249_2203933.jpg

ご祈祷を終えて、記念撮影。
b0238249_2212396.jpg

中川原注連縄奉賛の皆さま本当にありがとうございました。

さて、ここで来年の干支【酉】の縁起物をご紹介します。
b0238249_2221759.jpg

b0238249_2223153.jpg

b0238249_222481.jpg

b0238249_223310.jpg

干支の縁起物は数に限りがございます。
初詣はなるべくお早めに!
by noshirohiyoshi130 | 2016-12-28 22:13 | 文月の社務日誌 | Comments(2)

気が付けば、今年も残すことろあと1週間
神社ではお正月の準備が急ピッチで進められています。

今夏に亀裂が見つかり、解体された大鳥居。
b0238249_20463775.jpg

鳥居がなくなった境内は、こんな風景になりました。
b0238249_20472434.jpg

12月6日から9日まで行われた解体工事は思ったよりも大工事となりました。
b0238249_2151333.jpg

b0238249_20493495.jpg

b0238249_2050135.jpg

取り外された参道の石を元にもどす作業が行われました。
b0238249_20512530.jpg

b0238249_20515119.jpg

これで、安心して初詣の人を迎えられます。

そして、明日には社頭を飾る大注連縄が新しくなります。
中川原注連縄奉賛会の方々、総出で注連縄つくりです。
b0238249_20565290.jpg

b0238249_21142397.jpg

この機械を使って、藁を柔らかくするのだそうです。
b0238249_20574313.jpg

b0238249_21134833.jpg

昔は地域の人が集まって、縄を綯ったり俵を作ったりしたそうです。
こうして共同作業を行うことで地域の絆が深まっていったものでしょうね。

今日は初めての人も加わっての注連縄作り。朝から夜遅くまで続けられます。
作業小屋の中は明るい笑い声が満ち溢れていました。
そして外は、冬の光がいっぱいでした。
b0238249_211169.jpg

b0238249_2114370.jpg


注連縄奉納は明日の午前10時から行われます。
by noshirohiyoshi130 | 2016-12-25 21:15 | 文月の社務日誌 | Comments(0)

大正八年に大正天皇のご即位を記念して建立された日吉神社のシンボルともいえる御影石の美しい大鳥居
b0238249_17112816.jpg

平成28年8月11日に亀裂が見つかりました。
b0238249_16514393.jpg

危険な状態であった為に、翌日に笠木と貫、南側の柱を撤去
b0238249_16521292.jpg

しばらくこんな姿で参拝客をお迎えしていましたが・・・・
b0238249_16534351.jpg


お正月を迎える前に、すべてを撤去することとなりました。
冷たい北風が吹く中、朝から工事が始まりました。
b0238249_16554915.jpg

柱はいずれ灯篭に加工して、この鳥居があったことを後世に伝えていくことになりました。
北側の柱も慎重に切り外していきます。
b0238249_16563393.jpg

工事は強風、小雪が舞う中暗くなるまで続けられました。
b0238249_16582859.jpg

地元紙 北羽新報でも詳しくお伝えしています通り・・・
責任役員会議、総代会議、総代・格年会議を重ね、再建に向けての様々な討議が繰り返されて来ました。
再建委員会が発足し、木都能代に相応しい木製の山王鳥居を再建することが決定しています。
b0238249_1715290.jpg

折も折、ある総代さんがこんな写真を持ってきてくれました。
昭和7年 参道中ほどの二の鳥居の竣工の写真です。
b0238249_1724359.jpg

b0238249_1764763.jpg

中央にいる神官は私の曽祖父 第12代宮司 坂本定静

今さらのように、神社の歴史の重みをひしひしと感じています。
日吉大神様のご神徳に相応しい鳥居を建設したいと思っております。
詳細が決定しましたら、また新聞紙上等で発表致します。
ご協力を賜りますよう、どうぞ宜しくお願い申し上げます。
by noshirohiyoshi130 | 2016-12-06 17:23 | 文月の社務日誌 | Comments(0)

年末年始のご案内

平成28年も残り少なくなりました。年内・年始の祭事等をご紹介致します

12月31日 午後3時 年越大祓祭
1月1日   午前0時 歳旦祭

【年越大祓祭】
一年間の災いを人形(ひとがた)に託し、心身を祓い清めて新年を迎えるお祭です。
浦安舞(巫女舞)・朝日舞(宮司舞)を奉奏します。

【歳旦祭】
新年を寿ぎ、皇室の弥栄・国家の隆盛・地域社会の反映と平和、氏子崇敬者の皆様のご清祥を祈願致します。

どなた様でも参列出来ます。いずれも10分前に社殿へ直接おいで下さい。

元旦は、午前7時~午後4時まで、新春祈祷を行っています。

詳細は神社へお問い合わせ下さい。☎0185-54-1443

奉納行事
1月1日 午後2時 能代べらぼう太鼓 初響
b0238249_19563262.jpg

by noshirohiyoshi130 | 2016-12-04 19:58 | 掲示板 | Comments(0)

久しぶりに風もなく穏やかな朝です。
青空が広がります。
b0238249_17452446.jpg

12月になってお正月の準備が少しずつ進められています。
手水舎を掃除してくれたり・・
b0238249_17463289.jpg

みくじ掛けも設営されました。
b0238249_17471667.jpg

そんな穏やかな土曜日、お宮詣りが続きました。
b0238249_17484155.jpg

たまたまお友達同士だったりして、お互いに写真を取り合って賑やかなお参りとなりました。
b0238249_17492382.jpg

b0238249_17494234.jpg

雪が降る前に全部片付けようと、落ち葉のお掃除も急ピッチで進められています。
b0238249_1751669.jpg

来週の天気予報には大きな雪だるま!
間もなく、こんな季節がやって来ますね。
b0238249_17541590.jpg

b0238249_17543925.jpg

by noshirohiyoshi130 | 2016-12-03 17:56 | 文月の社務日誌 | Comments(0)