毎日、当たり前のように見ていたこの景色・・・
b0238249_19555039.jpg

誠に残念なことですが、明日からはこの景色が見られなくなりました。

平成28年8月11日昼 いつもお参りして下さる若いお二人が、社務所に来てこう言いました。
「鳥居に亀裂が入っているようですが・・」
b0238249_19592638.jpg

この姿を見たとき、一瞬心臓が止まるかと思いました。
b0238249_203269.jpg

b0238249_204074.jpg

「中貫」の中央に大きな亀裂が入っています。

毎朝、鳥居を見上げるのは習慣となっていますが・・・今まで全く気が付かなかった!
参拝客に万一のことがないように、規制線が張られました。
b0238249_2072825.jpg


すぐに駆け付けてくれた総代さんが、あちらこちらへ電話をいれますが、生憎と11日は今年から制定された祝日「山の日」、しかも、お盆前とあってなかなか連絡が取れません
それでも漸く建築会社の会長さんと連絡が付きました。

そして12日、朝8時半、大きなクレーン車がやって来ました。
b0238249_2011365.jpg

日吉大神様に、鳥居を撤去することをご奉告申し上げ、安全を祈願して早速工事に取り掛かりました。
b0238249_2013452.jpg

真っ青な大きな空に、クレーン車のアームがどんどんと伸びていきます。
b0238249_2014594.jpg

まず、笠木にベルトを回し、釣り上げます。
b0238249_20152467.jpg

b0238249_2016975.jpg

b0238249_20163892.jpg

そして、亀裂の入った貫を撤去します。
b0238249_2017392.jpg

b0238249_20202380.jpg

南側の柱にも亀裂が入っていることが分かりました。
危険なので、こちらの柱も取り外すこととなりました。

そして、午後には境内にはこんな風景が広がっていました。
b0238249_20581561.jpg


この鳥居は大正8年に建立されたもの。
その時からおよそ100年の歳月が流れようとしています。

昭和58年にこの地域を襲った日本海中部地震は、この鳥居にも大きな被害をもたらしました。
b0238249_20321135.jpg

その際に、色々と修繕を行ったようですが、100年の歳月には勝てなかったのでしょうか・・・

それにしても、日吉神社のお祭りも、七夕も終わり、そしてお盆前の一日・・・
神様はこれまで我慢して下さったのでしょうか・・・
お休みにもかかわらず、駆け付けて下さった多くの方々に、心からお礼を申し上げます。
そして、事故もなく怪我人もなく、ここまでの工事が無事に終わったことに感謝致します。

地上に置かれると、笠木の大きさに改めてびっくりします。
b0238249_20415696.jpg

100年間、風雪にさらされていたにも関わらず、今なお本当に綺麗な姿です。
御影石は、太陽の光を浴びてキラキラと輝いていました。

建築会社の方が口々に言っていました。
「100年前、大型クレーンもなかった時代、どうやってこれを持ち上げたんだろうね」
人間の知恵と力とは、本当にすごいものです。

そして、形のあるものは必ずいつか壊れるのだ・・ということも実感しました。
・・では永遠に壊れないものは何だろう・・・・?
永遠に続くものは・・・・?
考えさせられる一日でした。

今後は、総代さんはじめ神社関係者と、鳥居の再建に向けて協議を重ねて参ります。
皆様にもご協力をお願いすることもあるかと思います。
その時はどうぞ宜しくお願い申し上げます。

それにしても・・・
寂しい・・・心にぽっかりと穴があいたようです・・・
b0238249_20565412.jpg

by noshirohiyoshi130 | 2016-08-12 21:02 | 文月の社務日誌 | Comments(0)

毎年8月6日・7日に行われる伝統の役七夕。
b0238249_205484.jpg

平成28年は五丁組の「大町組」が当番を務めます。
「大若」「下川反若」「富若」「富新若」の四基の灯篭が街々を練り歩きました。
二日間とも好天に恵まれましたが、7日は最高気温36℃を超える猛暑日。
熱中症との闘い、汗だくの七夕となりました。

寛保元年 1741年の『代邑見聞録』には、次のような記述があります。
『7月6日の夜は、童部共五人十人組合灯篭をつけ、太鼓・鉦・笛にて”ねふれねふれ流れ、豆の葉にとまれとまれ”と囃し、町中を廻る。城下は関東ささらのうたとかや。これをねふ流しといふ。牛女祭る夜といふにより、眠流しといふ事にや。一夜不眠、朝になりて川に出て垢離をかく』

昔は子供たちが朝になると水垢離をして、身を清めたと書かれています。
大海原に流す”シャチ流し”は、炎暑の眠気や疫病などを海に流す”祓え”の意味があると言えるのでしょう。
7日にはシャチ流しが行われました。
米代川に四基のシャチが並べられます。
b0238249_2010084.jpg

b0238249_20112387.jpg

b0238249_20114584.jpg

b0238249_20121942.jpg

b0238249_20124519.jpg

b0238249_2013148.jpg

シャチの点火を合図に笛の音が哀愁をおびた”流し”の囃子に変わるころ、例年ですと川面を渡る風に秋を感じるものですが・・
暦の上では立秋ですが、この夏の暑さはまだまだ続きそうです。

それでは、すべて好天に恵まれた今年の能代の夏
花火から日吉神社の夏祭り、天空の不夜城、そして役七夕をダイジェストでお楽しみ下さい。
(残念ながら"子供七夕”と6日の役七夕に行かれず・・・)


7月23日 第14回港まつり 能代の花火
b0238249_20223273.jpg

b0238249_2023181.jpg

b0238249_20235923.jpg

7月26日・27日 日吉神社例祭 神幸祭
b0238249_2025592.jpg

b0238249_20265163.jpg

b0238249_20282370.jpg

b0238249_20585581.jpg

8月4日 天空の不夜城
b0238249_20305330.jpg

b0238249_2051417.jpg

b0238249_20521259.jpg

8月6日・7日 役七夕
b0238249_20342999.jpg

b0238249_20353824.jpg

b0238249_20594110.jpg

by noshirohiyoshi130 | 2016-08-08 21:01 | 文月の社務日誌 | Comments(0)

日吉神社の祭りが終わると、能代の街は七夕一色に染まります。

8月2日のこども七夕に続き、3日・4日は「天空の不夜城」が始まりました。
b0238249_2116742.jpg

動く灯篭としては日本一の高さ24.1メートルを誇る「愛季」と「嘉六」
中学生、小学生に引かれる「能代若」「小若」の六基が街を練り歩きます。
b0238249_2124479.jpg

b0238249_21252616.jpg

そして、6日・7日は伝統の役七夕。
今年の当番丁は「大町組」
四基の七夕灯篭が練り歩きます。
日吉神社の近くには、今年の大丁「富若」の会所があります。
b0238249_21302675.jpg

中から何やら声が聞こえてきます。
作戦会議の最中なのでしょうか?

能代の役七夕は伝統を重んじ、様々な決まりごとがあるそうです。
個人的には興味津々なのですが・・・
近くにはこんな可愛いミニチュアの七夕灯篭が飾られていました。
b0238249_21331754.jpg

by noshirohiyoshi130 | 2016-08-04 21:34 | 文月の社務日誌 | Comments(0)

8月1日 暑い日です。
能代市の隣町 八峰町の鎮守さま”白瀑神社”は仁寿3年(853年)慈覚大師の開基と言われる神社。
b0238249_2221111.jpg

その昔、あまりの暑さに担ぎ手が滝に飛び込んだのが始まりと伝えられる”神輿の滝浴び”は有名で、地元の参拝客をはじめ沢山のカメラマンが詰めかけます。
b0238249_2227561.jpg


お神輿は午前中いっぱいかけて街々を巡行し、漸く神社へ戻ってきました。
宮司さんや担ぎ手は参道前で滝つぼの深さを調べに行った先発隊の帰りを待ちます。
暑いので、本当に大変そうでした・・・
b0238249_22264117.jpg

「かなり深いぞ!」先発隊が滝つぼの様子を伝えます。
そして、爽やかな鈴の音を響かせながら、神輿は参道を進んで行きました。
b0238249_22303995.jpg
b0238249_2231919.jpg

そして、いよいよ滝つぼに入っていきます。
b0238249_22324399.jpg

b0238249_223383.jpg

b0238249_2232714.jpg

b0238249_2240654.jpg


暑いから滝つぼに入ったのかもしれませんが、きっと禊の意味があるのでしょうね。
水はかなり冷たいのだそうです。
滝の辺りには、凛とした清々しい空気が漂っていました。
by noshirohiyoshi130 | 2016-08-01 22:17 | 文月の社務日誌 | Comments(0)