ブログトップ

秋田県 能代鎮守 日吉神社

御神幸祭が無事に終わって、一通りの後片付も終わり・・・
お天気に誘われて、森吉山へ出かけてきました。

花の百名山のひとつに数えらえる森吉山は、1,452メートルの女性的なやさしい姿の山です。
阿仁スキー場のゴンドラで1,167メートルまで行くことが出来るので、誰でも気軽に山歩きを楽しむことが出来ます
(と言っても私がのぼった翌日に、東京からの登山客が遭難し二日後に無事救出される、という事件がありましたが・・・)

登山道ではクルマユリ、ニッコウキスゲ、ハクサンフウロウ、コバキボウシ、イワイチョウ、ハクサンシャジンなどなど高山植物が迎えてくれました。
(モードがずれていたのか、接写が上手くいかずピンボケですみません!)
b0238249_2147542.jpg

b0238249_2210334.jpg

b0238249_2245879.jpg

b0238249_2153245.jpg

b0238249_2212120.jpg

b0238249_21554573.jpg

b0238249_2262635.jpg

残念ながら、山頂に着いた時には霧がかかり、360度のパノラマを楽しむことはできませんでしたが、晴れていれば大平山や鳥海山、岩木山などを見ることが出来るのだそうです。
b0238249_21591784.jpg

b0238249_2202715.jpg

季節を変えて、また登ってみたい山ですね。
b0238249_2273490.jpg

b0238249_2214374.jpg

by noshirohiyoshi130 | 2016-07-29 21:35 | 文月の社務日誌 | Comments(0)

7月26日 午後4時
氏子総代、格年、山王講中、猿田彦講中、今年の当番丁をはじめ神輿奉仕の代表者やご来賓をお迎えし、御神幸祭宵宮祭が始まります。
b0238249_20431100.jpg

b0238249_2054098.jpg


奉納芸能は鰄淵の番楽。
b0238249_20462635.jpg

b0238249_20471469.jpg

夜半、猿田彦講中が警護する中、”御霊遷し”が行われ、あとは明日の神輿渡御を待つばかり・・
b0238249_2049299.jpg


天気予報では、一日中雨の予報が出ていましたが・・・夜半に降った雨は朝には上がっていました。

7月27日、御神幸祭が始まります。
当番丁格年に案内されて、”猿田彦”が神社へ向かいます。
b0238249_207347.jpg

b0238249_20243023.jpg

発輿祭が始まりました。
b0238249_2024365.jpg

10:00 狼煙の合図と共にお神輿が出発です。
御神幸祭は、お神輿に神様を奉安して元の宮地にお連れする神事。
神輿の威儀をただす弓や鉄棒、旗など様々な威儀物が神輿の前後に従います。
b0238249_20281418.jpg

b0238249_20285685.jpg

b0238249_20302099.jpg

b0238249_2124357.jpg

お神輿の後には、五丁山が従います。
b0238249_2031233.jpg

b0238249_20314752.jpg

b0238249_20321842.jpg

b0238249_20325448.jpg

b0238249_2056171.jpg

沿道では近くの保育園児をはじめ大勢の方々がお迎えしてくれました。
b0238249_20335297.jpg

清助町の丘の辺にある”お旅所”に無事にお神輿を奉安し、猿田彦講中、神職は五時までここで神様をお守りします。
神様は、懐かしい元の宮地の辺りで神遊びされていらっしゃるのでしょうか・・・
b0238249_20362311.jpg

b0238249_20501456.jpg

午後3時半 猿田彦行列が還御します。
b0238249_20594743.jpg

b0238249_2101385.jpg

b0238249_2103646.jpg

b0238249_2115571.jpg

そして、夕方7時、五丁組の若衆に担がれたお神輿は元気よく神社に戻ってきました。
b0238249_2141697.jpg

この後、社殿を三周し、神輿庫へ無事に奉安。
境内の灯りをすべて消して、”御霊遷し”が行われました。
心配された雨もほとんど降らず、事故もなく、平成28年の御神幸祭は厳粛に賑々しく、斎行されました。
当番丁の皆さま、氏子の皆様、沢山の方々のご奉仕に心より感謝を申し上げます。
by noshirohiyoshi130 | 2016-07-29 21:22 | 文月の社務日誌 | Comments(1)

毎年、日吉神社の祭典日に、園内を廻る子供神輿。
今日はその運行の安全を祈願するお祭りが行われました。
b0238249_225678.jpg

ワッショイ!ワッショイ!
園児たちの元気な声が聞こえてくるようです。

神幸祭を来週に控え、16日には”猿田彦講中総会”が開催されました。
b0238249_21454788.jpg

今年の”猿田彦””大幣持ち””太刀持ち”など、猿田彦行列の所役も無事に決定。
b0238249_2211020.jpg

17日には”道具出し”が行われ、祭りの準備が整っていきます。
b0238249_21465676.jpg


長床のお掃除も終わり・・
b0238249_21534867.jpg

そして今日は、絵画同好会の方々がスケッチにいらっしゃいました。
b0238249_21543835.jpg

ちょっと拝見・・
b0238249_2155617.jpg

b0238249_21553247.jpg

素敵ですね!

夕暮れは優しい色に包まれていました。
b0238249_21584171.jpg

by noshirohiyoshi130 | 2016-07-21 22:11 | 文月の社務日誌 | Comments(2)

梅雨の晴れ間が広がります。

今日は、神前結婚式が午前と午後に執り行われます
b0238249_21291040.jpg

石畳の参道をゆっくり歩いて神社へ向かうお二人とご親族の皆さま。
b0238249_2130454.jpg


式が終わって、ゆっくりと写真撮影タイムです。
b0238249_21322770.jpg

b0238249_21332040.jpg


「今日の佳き日に 日吉神社の御前において 私たち二人は結婚式を挙げました 今後 ご神徳をいただき 終生変わることなく 互いに敬愛して 夫婦の道を清く守り 家を整え 明るく心豊かな生活を営むことを お誓い致します 幾久しくお守りくださいますよう ここに謹んでお願い申し上げます」

ご神前で声をそろえて読んでくれた”誓いの詞”をどうか忘れないでくださいね。
by noshirohiyoshi130 | 2016-07-16 21:25 | 文月の社務日誌 | Comments(0)

平成28年5月25日・26日に行われた日吉神社の例祭”中の申祭”
観光協会主催の”嫁見まつり”のフォトコンテストの審査会が行われました。
b0238249_20512924.jpg

「観光協会賞」「嫁見まつり賞」「柳町商店街賞」の三点が、厳正な審査の結果決定しました。
b0238249_20525715.jpg

b0238249_2053195.jpg

では、応募作品を少しだけご紹介いたします。
b0238249_20543068.jpg

b0238249_20545533.jpg

b0238249_20551732.jpg

b0238249_20555647.jpg

b0238249_2057481.jpg

b0238249_20581471.jpg


結果は、観光協会の発表まで、お楽しみに!
by noshirohiyoshi130 | 2016-07-14 21:00 | 文月の社務日誌 | Comments(0)

二十四節季の”小暑”の初候は”温風至る”
夏の風が熱気を運んでくる頃、と言われます。

全国的に、豪雨、猛暑の便りが届く中、能代はカラリとした夏空が広がり、爽やかな風が空をわたっていきます。
今日から、夏のお祭り「神幸祭」の前に、山王講中の家々をお祓いする清祓祭が始まりました。
b0238249_21505798.jpg


以前は、お獅子が回ってお祓いをしていたそうです。
この獅子廻丁をいつか復活出来たら・・
b0238249_21555969.jpg

夕方、夕陽がやさしく鳥居を包みます。
b0238249_21575864.jpg

風に乗って何処からか、七夕の笛の音が聞こえて来ました。

さあ、能代の夏が間もなく始まりますよ。

まず能代の花火。
b0238249_223405.jpg

b0238249_2241440.jpg


日吉神社の神幸祭
b0238249_2271287.jpg

b0238249_22203835.jpg

b0238249_22214276.jpg

b0238249_22272544.jpg

b0238249_2254271.jpg

b0238249_2226728.jpg


天空の不夜城
b0238249_22112478.jpg

b0238249_22114718.jpg


そして、役七夕
b0238249_2291139.jpg

b0238249_229506.jpg

b0238249_22191731.jpg

b0238249_22122672.jpg

b0238249_22183251.jpg

流しの頃には夜風は冷たく、秋の気配が漂ってくるものです。

さあ、みちのくの短い夏を楽しみましょう!
by noshirohiyoshi130 | 2016-07-11 22:32 | 文月の社務日誌 | Comments(0)

毎年7月26日・27日に斎行される”御神幸祭”
勇壮な神輿と丁山が練り歩き、能代の街に夏を告げる祭りとして有名です。
b0238249_155524.jpg

b0238249_16342878.jpg

b0238249_16352543.jpg

b0238249_1636578.jpg

b0238249_15553743.jpg

b0238249_16334225.jpg

日吉神社は、ご鎮座から130年の間に米代川の流れの変化や飛砂などで何度か宮地を遷し、寛文四年に現在の地にお鎮まりになりました。

御旅所は、かつて宮地があったと言われるところ。
b0238249_1684455.jpg

今日はこの地を清め、神様をお迎えする準備をする”御旅所清祓祭”が行われました。
b0238249_16134380.jpg

総代さん、当番丁の後町組格年、そして自治会長さんが参列して神事が行われます。
b0238249_16183692.jpg

・・・敷波寄する能代の浜のほど近く
   年まねく樹々の緑濃く丘の辺のこれの御旅所を
   厳の磐坂と祓清めて・・・・
祝詞奏上の間も、深い森の木立からはウグイスの声が響いてきていました。
b0238249_16251322.jpg

b0238249_16143557.jpg


御神幸祭では、神輿は若衆に担がれてこの地に奉安されます。
b0238249_16113977.jpg

by noshirohiyoshi130 | 2016-07-01 16:37 | 文月の社務日誌 | Comments(0)