秋田県 能代鎮守 日吉神社

hiyoshisan.exblog.jp
ブログトップ

<   2016年 03月 ( 9 )   > この月の画像一覧

”浦安の舞”講習会が開催されました

二十四節気「春分」の初候は”雀はじめて巣くう”

スズメたちが、枯れ草や毛を集め、巣をつくりはじめる頃。
日吉神社の境内でも、鳥たちの囀りが一段と賑やかになって来ました。
b0238249_19151429.jpg

b0238249_19485032.jpg

今日は清々しい青空が広がりましたが・・・。
昨日と一昨日は、思いがけない春の雪。
b0238249_19164931.jpg

b0238249_19193218.jpg

そして、陽射しが戻った今日の午後には、あっという間にキクザキイチゲやクロッカスが咲き始めました。
b0238249_1921883.jpg

b0238249_19212989.jpg

そんな中、日吉神社の長床で、秋田県神社庁能代山本支部主催の「浦安の舞講習会」が開催されました。
”浦安の舞”は、昭和15年に皇紀2600年奉祝会に合わせて、作られた巫女神楽。

歌詞は、明治天皇様の御製
”天地(あめつち)の神にぞ祈る 朝なぎの海のごとくに 波たたぬ世を”
世の中が穏やかで、人々の心が平安でありますように・・という祈りが込められています。

今日の講習会には高校生、中学生そして大人も参加しました。
b0238249_1938511.jpg

b0238249_1943595.jpg

神様に奉納する舞とあって、普段は活発な子供達も神妙な態度で熱心に稽古に取り組んでくれました。
全くはじめて参加した人も、一通り舞えるようになり、みんな爽やかな笑顔を残し帰って行きました。
いつか、神様の前で奉納する日を夢見て・・・
b0238249_19404997.jpg

”お疲れ様でした”と言うかのように、夕焼けが優しく鳥居を照らしていました。
b0238249_19423922.jpg

by noshirohiyoshi130 | 2016-03-26 19:53 | 文月の社務日誌 | Comments(0)

平成28年 春のお猿のかごやのご案内

平成28年 歌の集い「お猿のかごや」(第17回)

中の申祭 宵祭”嫁見まつり”の日に行ないます。
昨年に引き続き、奉納「お猿のかごや」として、皆さまの歌声を神様に奉納していただきます。

日時 平成28年5月25日(水) 午後2時から3時
会場 日吉神社 社殿

予約の必要はありませんが、座席に限りがございますので、お早目のご来場をお勧めします。
お猿のかごや終了後は、境内にて屋台、艶やかな”嫁見まつり”をお楽しみ下さい。
b0238249_19535911.jpg

by noshirohiyoshi130 | 2016-03-20 19:54 | 掲示板 | Comments(0)

”嫁見まつり”の一筆箋が出来ました

今日は春分の日。
太陽が赤道の上にあり、地球上全てでほとんど昼と夜の長さが等しくなるそうです。
「暑さ寒さも彼岸まで・・」と昔の人が言ったとおり・・・すっかり春らしくなりました。
境内では、マンサクの花が咲き始めました。
b0238249_16383837.jpg

b0238249_1639344.jpg

風はちょっと冷たいけれど、青空が広がり清々しいお天気です。
b0238249_1641538.jpg

神社の冬囲いも外されました。
b0238249_16484015.jpg

狛犬さんも、なんだか晴々としていますね。
b0238249_16494659.jpg

b0238249_165066.jpg

さて、日吉神社の祭礼 中の申祭”嫁見まつり”の可愛らしい一筆箋が出来上がりました。
b0238249_16512110.jpg

b0238249_16531472.jpg

b0238249_16524527.jpg

のしろデザイン工房さんが作ってくれたもの。
「宇宙」「金勇」「能代の祭り」などいくつかのテーマがあるようです。
観光協会、金勇、平山秤店、夢工房咲く咲くなどで扱っていますよ。
この一筆箋で、故郷能代の魅力をみんなで発信して行きたいものですね!
by noshirohiyoshi130 | 2016-03-20 17:06 | 文月の社務日誌 | Comments(0)

”てづくりフェスティバルinのしろ”が開催されています

能代のお母さんたちは”ものづくり”が得意です。
b0238249_17114742.jpg

3月18日から20日まで、”てづくりフェスティバルinのしろ”が、街のあちらこちらで開催されています。
文化会館で開催されている”つるし飾り展”

”つるし飾り”は江戸時代から始まった風習で、桃の節句に布製の細工物を飾って女の子の無病息災や良縁を祈願したものと言われます。

福岡県柳川市のさげもん、静岡県東伊豆町の雛のつるし飾り、山形県酒田市の傘福が日本三大手芸と言われます。

能代では、数年前からこのつるし飾りがとても盛んになって来ました。
一針一針、心を込めて作られたつるし飾りには、それぞれ祈りの気持ちが込められています。

子供の豊かな成長を祈り・・・
b0238249_17221695.jpg

ハトには平和の祈りを込めて・・・
b0238249_1723646.jpg

日吉神社の丁山のご祭神としてもお馴染みの三番叟は祝いごとに欠かすことが出来ません。
b0238249_17415161.jpg

フクロウには、苦労をしない人生を祈ります。
b0238249_1719211.jpg

赤い目のウサギは、病気を治す力があるそうです。
b0238249_17202088.jpg

亀はもちろん、長寿の祈り。
b0238249_17212483.jpg

金魚は”金余”とも言われ、お金に不自由しないように・・・
b0238249_17235188.jpg

そして、申年の今年に因んででしょうか?
おサルさんも沢山ありました。
b0238249_1727410.jpg

b0238249_17272661.jpg

そして、秋田県や能代市に馴染み深いこんなものが・・
能代の特産、ミョウガとネギ。
b0238249_17285414.jpg

b0238249_17425986.jpg

キリタンポに欠かせない、キンダケ。
b0238249_1729405.jpg

ハタハタ!
b0238249_1731292.jpg

ハクチョウ
b0238249_17314314.jpg

こんな可愛いお地蔵さんもありました。
b0238249_1734277.jpg

b0238249_1732215.jpg

b0238249_17324114.jpg

会場にはひと足早く、本格的な春が訪れたような賑わいでした。
b0238249_17334274.jpg

b0238249_17342613.jpg

b0238249_17421881.jpg

つるし飾りは、子供の健やかな成長を祈ったのが始まりとされます。
お母さんの愛情たっぷりのつるし飾り。
会場には、作った方々のやさしい気持ちが満ち溢れていました。
能代のお母さんたち、ありがとうございました。
b0238249_1737463.jpg

by noshirohiyoshi130 | 2016-03-19 21:06 | 文月の社務日誌 | Comments(0)

大安吉日 ご祈祷が続きました

春の陽射しの降り注ぐ清々しい一日。
b0238249_1739983.jpg

大安吉日の土曜日。ご祈祷が続きました。新しいお家のお祓い、清々しく神棚を設けて家族みなさんでお参りです。
赤ちゃんのお宮詣り、ご両家のご両親、兄弟姉妹が勢揃い。賑やかなお詣りになりました。
そして、結婚式。
皆さんの幸せそうな笑顔を見ていると、こちらまでとても暖かな気持ちになります。
お仕事をしながらシアワセのお裾わけ、ちゃっかり頂いているみたいですね。
b0238249_17475036.jpg


「たのしみは 朝おきいでて 昨日まで 無かりし花の 咲けるを見るとき」(橘 曙覧)
夕方には境内は雪もすっかり消えて、あっと言う間に水仙の芽がこんなに出て来ました。 
b0238249_17483453.jpg

そろそろ桜の開花予報が伝えられるようになりましたよ。
b0238249_17501149.jpg

by noshirohiyoshi130 | 2016-03-12 17:54 | 文月の社務日誌 | Comments(0)

東日本大震災復興祈願祭が斎行されました

平成28年の3月11日は、少し雪が降りそして青空が広がりました。
b0238249_1731322.jpg

春の女神さま、佐保姫さまは恥ずかしがり屋。
立春を過ぎても、季節は行きつ戻りつ、繰り返し・・
b0238249_1736954.jpg
b0238249_17364676.jpg

b0238249_1737821.jpg
b0238249_17374120.jpg

それでも、漸く水仙が芽を出しました。
b0238249_17382972.jpg

そして、東日本大震災から五年目を迎え、日吉神社では今年も復興祈願祭が斎されました。
b0238249_1739393.jpg

今年は消防関係の方々も沢山お参りして下さいました。
b0238249_17485946.jpg

ご神前に祝詞を奏上し、朝日舞、浦安舞を奉奏し、玉ぐしを捧げて、参列者の皆さまと共に被災地の皆さまの安寧と地域の復興を祈願を致しました。
b0238249_17442178.jpg

どうか皆さまに心の平穏が訪れますように・・・
by noshirohiyoshi130 | 2016-03-11 17:58 | 文月の社務日誌 | Comments(0)

東日本大震災復興祈願祭のご案内

今年も東日本大震災復興祈願祭を下記のとおり斎行致します。
被災地の方々の平安と復興への祈りを、皆さまと共に捧げたいと存じます。
どなた様でも参列出来ます。
電話での予約は不要です。
参列の方は、2時50分までに、直接社殿へおいで下さい。
多くの方のご参列をお待ちしております。

        記

日時 平成28年3月11日(金) 午後3時より
場所 日吉神社
    能代市御指南町3-24 ☎0185-54-1443

by noshirohiyoshi130 | 2016-03-02 20:38 | 掲示板 | Comments(0)

雪 時々 晴れ 

雪が激しく降ったり、青空が広がったりと気まぐれな弥生三月の空。
b0238249_19472879.jpg

b0238249_19491730.jpg

二十四節気 ”雨水”の末候は「草木萌え動く」
しだいに和らぐ陽光の下、草木が芽吹き出す頃と言われます。

「フキノトウが顔を出しましたよ!」そんな便りも聞こえてきます。
ハリー君との散歩がなくなって、私もなかなか米代川の辺を歩かなくなってしまいましたが・・・
b0238249_1954203.jpg

そろそろ春を探しに、歩いてみることにしましょうか・・
b0238249_19575261.jpg

平成27年3月のハリー君、こんなに元気だったのですね。
米代川には沢山の水鳥が集まって来ていました。
b0238249_2026550.jpg

by noshirohiyoshi130 | 2016-03-02 20:28 | 文月の社務日誌 | Comments(0)

嫁見まつりのポスターが出来ました

平成28年5月25日・26日に斎行される日吉神社の例祭”中の申祭”
宵祭には「嫁見まつり」が行なわれます。
今年のポスターが出来あがりました。
b0238249_204742.jpg


中の申祭は天文二年、旧暦四月中の申の日に神様を奉安したことを寿ぐお祭り。
b0238249_20184716.jpg

古くからこの祭礼日には、新婚の女性が良縁に感謝して神社へお参りする風習がありました。
また、若い女性も正装してお参りし、「息子のお嫁さん探し」をするお母さんも多かった、と言われます。
現在は、良縁に感謝、また良縁を祈願して、花嫁衣装をまとった女性がお参りする「嫁見まつり」が行なわれています。
b0238249_20142257.jpg

参加の花嫁さんを募集していますよ。
お申込、お問合せは能代観光協会まで、お気軽にどうぞ!☎0185-88-8802
by noshirohiyoshi130 | 2016-03-02 20:24 | 文月の社務日誌 | Comments(0)