ブログトップ

秋田県 能代鎮守 日吉神社

全国的に大荒れの予報で、心配をしていましたが・・・
能代は穏やかな天候に恵まれました。
b0238249_19185838.jpg

境内では、一年の神様のご加護に感謝をして御神札や御守、縁起物などを忌火をもって燃やす”お焚きあげ”が行なわれました。
風もなく、絶好の日和です。
b0238249_19275057.jpg

朝9時、どんと祭を奉仕する五丁組の人々が集まって来ました。
b0238249_1927206.jpg

神事のあと、火がつけられます。
この火にあたると、病気をしないで健康に過ごせるとも、若返るとも言われます。
たまたま”駅からハイキング”で東京からいらした方も、火にあたっていかれました。
b0238249_1927099.jpg

今日はどんと祭の他に、結婚奉告祭や厄祓、還暦のお祓い、安全祈願祭など忙しい一日でしたが・・
こんな青空を見上げていると「神様からの贈り物かなあ」と、とても幸せな気持ちになります。
b0238249_19423227.jpg


青い空の彼方から、微かに白鳥の声が聞こえてきました。
立春まではまだ暫くありますが、何だか春の兆しを感じる一日でした。

こちらはこんなに穏やかな一日でしたが、西日本は大荒れの天気が続いているようです。
b0238249_19291518.jpg

b0238249_19293948.jpg

雪に慣れていない地域なので、これからが心配ですね。
by noshirohiyoshi130 | 2016-01-24 19:43 | 文月の社務日誌 | Comments(0)

冬晴れに誘われて・・

暴風雪の予報とは裏腹に、夜のうちに雪は静かに降り積もったようです。
b0238249_20193343.jpg

b0238249_20201385.jpg

b0238249_20203712.jpg

b0238249_20264676.jpg

b0238249_2104577.jpg

雪雲は次第に遠ざかり・・・
間もなく、暖かな日差しが降り注ぎ始めました。
b0238249_20235076.jpg

b0238249_20243240.jpg

そして、お昼前にはこんな青空!
b0238249_20253250.jpg

スズメも嬉しそうですね。
b0238249_20262267.jpg

大荒れの予報だっただけに、得をした気分です。

と、いう訳でちょっと休憩をいただいて・・・
ドライブがてら、八森の白瀑神社へお参りにいきました。
b0238249_20352995.jpg

1100年以上前、慈覚大師円仁の開基と言われる由緒ある神社。
8月に行なわれる”神輿の滝あび”は有名です。
b0238249_20391849.jpg

狛犬さんはこんなお顔。
b0238249_2041317.jpg

b0238249_20413591.jpg

そして、こんな雄大な景色を独り占めできる、私のお気に入りのお店へ・・
b0238249_20513448.jpg

b0238249_2052963.jpg

エメラルドグリーンの海が大きくうねりをあげ、日本海の彼方からは雪雲が迫って来ているようでした。

夜になって風が強くなって来ました。
全国的にも大荒れの天候が続いています。
明日は大寒です。
by noshirohiyoshi130 | 2016-01-20 21:06 | 文月の社務日誌 | Comments(0)

 1月 1日 歳旦祭
 1月24日 古札焼納祭
 2月 1日 厄祓祭・還暦祭
 2月17日 祈年祭
 3月11日 東日本大震災復興復旧祈願祭
 5月25日 中の申祭宵祭・嫁見まつり
 5月26日 中の申祭
 7月26日 神幸祭宵祭
 7月27日 神幸祭 神輿渡御
11月15日 七五三詣
11月23日 新嘗祭
12月31日 年越大祓祭
毎月1日   月始祭

その他、神前結婚式・交通安全祈願祭・安産祈願・初宮詣の祈願祭、出張祭として地鎮祭・上棟祭・新宅祭等、随時行っております。
必ず電話にてご予約して下さい。☎0185-54-1443 ファクス0185-88-8067
        ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

歳旦祭
新年を寿ぎ、皇室の弥栄、国家の隆盛、地域の安寧を祈願するお祭りです

厄祓祭
男性
25歳(平成4年) 42歳(昭和50年生)
61歳(昭和31年生)
女性 
19歳(平成10年生)  33歳(昭和59年生) 
37歳(昭和55年生)
☆この年の前後1年づつは前厄・後厄に当たります。

還暦年祝祭 昭和31年生(丙申年生まれ)

祈年祭
五穀豊穣・国家安寧を祈願するお祭りです。

七五三詣
男児・女児 3歳 平成26年生
男児    5歳 平成24年生
女児    7歳 平成22年生

新嘗祭
祈年祭と対になるお祭りで、新穀を神様に供え、収穫に感謝するお祭りです。

年越大祓祭
一年間の穢れを人形に託し、心身を清めます。参列者全員で「大祓詞」を奏上します

月始祭 毎月1日 9時~9時半
参列者全員で”大祓詞”を奏上、お一人づつ玉串を奉奠してお参りして頂きます。
どなた様でも参列できますので、お気軽にお参り下さい。
by noshirohiyoshi130 | 2016-01-18 21:53 | 年中行事 | Comments(0)

梵天祭に行ってきました

穏やかな朝です。
b0238249_2151583.jpg

b0238249_216945.jpg

1月17日は秋田市 赤沼鎮座の太平山三吉神社の初縁日。
梵天祭にお参りをしてきました。
b0238249_2171444.jpg

梵天祭は江戸時代に始まったと言われます。
昔は成年になった若者が、親類縁者や集落の人々の手を借りて一基の梵天を奉納するのが習わしであったそうです。
梵天は巨大な御幣のようなもので、祭の日が来るまでお神酒やお供えをし、神社へ奉納されました。
b0238249_21271980.jpg

五穀豊穣、家内安全、商売繁盛などの祈願を込めて、威勢良く神社に奉納されます。
b0238249_21281228.jpg

梵天を奉納する時の「ジョヤサ!ジョヤサ!」という掛け声は「増 弥栄」が語源だとも・・・

境内は大勢の参拝客で溢れていました。
b0238249_213289.jpg


1月18日
又、雪景色になりました。
b0238249_21332780.jpg

b0238249_2133488.jpg

首都圏は、雪で交通機関も大混乱。
(それほどの積雪ではなかったようですが・・・)相変わらず、転倒事故続出!
都会の人に、”雪国留学”させてあげたいですね!
明日も全国的に大荒れの予報です。
by noshirohiyoshi130 | 2016-01-18 21:43 | 文月の社務日誌 | Comments(0)

二十四節気の”小寒”の末候は「雉はじめて雊く」
オスの雉が、メスに恋をして鳴きはじめる頃。

日吉神社の境内でも、雉はあちらこちらに出没。
b0238249_15205496.jpg

b0238249_15211553.jpg

慌てて竹藪に逃げ込む姿は、なんともユーモラスです。

さて、穏やかだった今年のお正月。
境内が本格的に化粧したのは、1月10日でした。
b0238249_15225723.jpg

平成28年の”主役”のおサルさんも、雪化粧
b0238249_15242694.jpg

そして、12日 久しぶりに青空が広がりました。
b0238249_1526625.jpg

この頃、我が家の前に集まってくるのはスズメたち。
ツツジの植込みは、風除けの絶好の隠れ場所の様子。
b0238249_15272884.jpg

そして、こちらの気配を覗っています。
b0238249_1528660.jpg

b0238249_15284914.jpg

スズメには人間を識別する能力があるみたいです。
一度古くなったお米をまいてあげたら、私の姿を覚えてしまったようです。
b0238249_15332031.jpg

社守猫フーちゃんがいたら・・・
b0238249_1536158.jpg

こうはいかなかったでしょうね。
b0238249_15423196.jpg


神社では、お正月のご祈祷も一段落。
今日は小正月。どんど焼など様々な行事が行なわれる時です。

日吉神社では、古いお札や締め飾りなどを燃やす”焼納祭”は1月24日(日)午前9時から五丁組の方々のご奉仕に依って行なわれます。
b0238249_15441262.jpg

一年間ご加護をいただいた御神札やお守りは感謝の気持ちを添えて、神社へ納めて下さいね。
by noshirohiyoshi130 | 2016-01-16 15:51 | 文月の社務日誌 | Comments(0)

平成28年 皇紀2676年 丙申

日吉大神様に縁の深い”サル年”の朝です。積雪はほんの僅か。
穏やかな年明けです。
b0238249_21321535.jpg

b0238249_21322899.jpg

朝早くから多くの方々がお参りにいらっしゃいます。
b0238249_2219135.jpg


昼頃には、長い行列が出来ていました。
b0238249_22202319.jpg

元日の北羽新聞はサル年に因んでサルに縁のある神社を特集。
日吉神社も大きく取り上げられました。
b0238249_21564348.jpg

サルの顔に見える?トチの木も紹介され、興味深げにトチの大樹を見上げる方も多くいらっしゃいました。
果たして、”サルの顔”見つかったでしょうか?

ちょっとびっくりポンの今年の特徴!
”手水舎渋滞”です。
b0238249_21331481.jpg

皆さん、きちんとした手水の作法です。
手水舎に行列が出来るのは、今まで見たことがなかったのでちょっとびっくり!
でも、とてもありがたいことですね。

午後には”能代べらぼう太鼓”の威勢の良い演奏が奉納されました。
奉納太鼓の後は全員で初詣。
今年一年の会の繁栄と会員の健康、家内安全などを祈ります。
赤ちゃんを連れた若いママ、3歳から60歳代迄のまさに老若男女の大所帯の”能代べらぼう太鼓”の皆さんです。
b0238249_21364232.jpg

(写真は平成25年のものです)

1月2日も時々陽射しがこぼれる暖かな日となりました。
b0238249_2132131.jpg

喜多流雨滴会の皆さまによる謡初。
こちらも恒例で、もう何十年も続いているそうです。
今年は仕舞「草紙洗小町」と「千秋楽」が奉納されました。
b0238249_21511185.jpg


穏やかな日とあって、境内はお参りの人々が途絶えることなく続きました。

夕方、市内のある旧家の春祈祷。
b0238249_220367.jpg

嫁いだ娘さん達も正月は実家に帰って来て、小さな孫さんも神妙な顔をして参列です。
幼い頃のこういう体験、きっと忘れないことでしょう。
神様を大切にする心、お祖父さん・お祖母さんから引き継いでくれると良いですね。
by noshirohiyoshi130 | 2016-01-02 22:33 | 文月の社務日誌 | Comments(2)