日吉神社の社守猫フーちゃん、改め”文月”です。

社守猫 文月ちょっと職務怠慢で、失礼しました。
ずっと眠っていた訳ではないのだけれど・・・
b0238249_12275181.jpg
気を引き締めて、ここ2週間の社務日誌を書かせて頂きます。

5月12日 中の申祭の準備が着々と進められています。
b0238249_12313458.jpg
長床で公開されている”御神幸祭絵図”を能代まち歩き案内人の方々が参拝客に説明しています。隣では能代盆栽会の方々による盆栽展。
b0238249_12322969.jpg
13時から、恒例の”みんなで楽しく歌いましょう「お猿のかごや」”が、今回は奉納行事として神殿で行われました。40名ほどの方々が集い、正式参拝で玉串を捧げてお詣りしてから、美しい歌声を奉納して下さいました。
b0238249_12382804.jpg
b0238249_12405172.jpg
境内では縁日の準備が進められています。
b0238249_13135816.jpg
b0238249_13144266.jpg
b0238249_12414896.jpg
b0238249_12422335.jpg
杉の香りの清々しい、嫁見まつり限定のキーホルダやストラップ
今年はお菓子も嫁見まつり限定の品々が並びます。
b0238249_12472078.jpg
4時からの宵祭。宮司以下祭員・巫女が参進します。
b0238249_12482272.jpg

参道には、第一保育所の園児によるぼんぼり灯篭が奉献されています。

b0238249_12504478.jpg
園児たちも、お詣りに来てくれました。
b0238249_12512694.jpg
お嫁さんが続々と集まって来ます。
b0238249_12524680.jpg
b0238249_12533204.jpg
この祭には、毎年遠方から沢山のアマチュアカメラマンが訪れます。
そんな方の求めに応えて、ポーズをとる花嫁さん。
b0238249_12563157.jpg
愈々、”嫁見まつり”が始まります。
良縁を感謝し、また良縁を祈願してこれから神社へお詣りします。
b0238249_12574698.jpg
b0238249_13031489.jpg
b0238249_13035158.jpg
参拝を終え、緊張もほぐれゆっくりとお抹茶を楽しむ花嫁さんたち。
b0238249_13062425.jpg
b0238249_13072080.jpg
この後、柳町で行なわれる”花嫁道中”まで、ゆっくりと境内で過ごして頂きました。
美容室の先生やスタッフさんと記念撮影。
b0238249_13090658.jpg

b0238249_13105691.jpg
b0238249_13121743.jpg
b0238249_13170488.jpg
今年は天候にも恵まれ、多くの参拝客で賑わいました。

そして、時はあっという間に流れ・・・
ツツジが咲き。
b0238249_13215827.jpg
カッコウの声も聞こえるようになりました。
b0238249_13205035.jpg



by noshirohiyoshi130 | 2014-05-27 13:25 | 文月の社務日誌 | Comments(0)

日吉神社の社守猫フーちゃん、改め”文月”です。

♪うれしや 五月 草木は萌え♪
と、歌いたくなる爽やかな5月の日曜日。
朝から快晴です。
米代川の草叢では、ヨシキリの大合唱が聞こえてきます。
b0238249_22380663.jpg
ここの、八重桜は満開になりました。
b0238249_22385742.jpg
陽気に誘われてお散歩の人も多くなりました。
b0238249_22410328.jpg
さあ、明日はいよいよ日吉神社の例祭”中の申祭”宵祭、”嫁見まつり”が行なわれます。

ハリー兄さんが散歩の最後に訪れる日吉神社に隣接する井坂公園。
b0238249_22435883.jpg
ここには”木都能代”の基を築いた井坂直幹氏の記念館があります。
b0238249_22461305.jpg
明日の夕方は、境内からこの記念館まで、廃油で造られた蝋燭が灯されます。
能代の歴史を知ることが出来る貴重な資料館です。館長さんが親切に説明してくださいますよ。
どうぞ、参拝の後にお立ち寄り下さい。

公園の花壇には市民ボランティアの方が育ててくれている色とりどりの綺麗な花が咲いていました。
b0238249_22511402.jpg

「公園からこの階段を昇ると、神社だよ」と、ハリー兄さん。
b0238249_22495550.jpg
赤ちゃんトチの木も、こんなに大きくなりましたよ!
b0238249_22522693.jpg
明日のお祭を前に、多くの方々が、お掃除のご奉仕にいらしてくれました。
b0238249_22423468.jpg
第一保育所の園児達による、雪洞灯篭の奉納も無事終了
b0238249_22562168.jpg
境内は新緑に包まれ、八重桜・カイドウ・ツツジなどの花々が皆様をお迎えします。
b0238249_22581631.jpg
中の申宵祭は午後4時から。
嫁見まつりは午後5時から
境内での色々な催しは正午から始まります。

お参りをすませ、境内でゆっくり過ごした後は、午後7時からの柳町での”嫁見道中”をお楽しみ下さい。



by noshirohiyoshi130 | 2014-05-11 23:08 | 文月の社務日誌 | Comments(0)

日吉神社の社守猫フーちゃん、改め”文月”です。

久しぶりにフーちゃんから真面目なお知らせです。
b0238249_22005505.jpg
平成26年 中の申祭は5月12日・13日に行なわれます

中の申祭とは天文二年、四月(旧暦)二番目の申の日に神様を奉安したことをお祝いするお祭。
宵祭は”嫁見まつり”とも呼ばれ、良縁に感謝して末永い家庭円満を祈願し、花嫁装束を纏った”お嫁さん”が、お詣りします
b0238249_21494881.jpg


5月12日 
 午後4時 宵祭
 午後5時 嫁見行列
  
 境内では正午から市民有志に依る”縁日”が開かれます。
 嫁見まつり特製の”えんむすび饅頭”やケーキ・クッキーなどの各種スイーツの他、キ ーホルダーや絵馬など。
 木のぬくもりの清々しいウッドデッキで、ゆっくりお過ごし下さい。
b0238249_21504675.jpg

 もちろん、夜店ではお馴染みの綿あめやチョコバナナ、暖かいお蕎麦や味噌タンポ。

 赤い毛氈に座って優雅にお抹茶を頂くことも出来ます。
 
 能代まちあるき案内人による”神社ミニツアー”は午後1時と3時。
 能代市文化財の”御神幸祭絵図”や夏のお祭でお馴染みの”五丁山”、また境内の古木の神秘など、新しい発見があるはずです。

 歌の集い”お猿のかごや”は、午後1時~2時。
 皆さんの美しい歌声を神様に奉納して下さい。

 柳町での豪華景品が当たる富くじは、正午と3時。先着100名様にお渡しします。

5月13日
 午前11時 本祭

12日・13日の祭典期間中
・御神幸祭絵図 五丁山 神輿庫 開示
・盆栽展
・保育園児に依る雪洞奉納

ツツジも見頃を迎え、皆様のお詣りをお待ちしていますよ
b0238249_21573077.jpg


 
 
 


by noshirohiyoshi130 | 2014-05-10 21:58 | 文月の社務日誌 | Comments(0)

五月になりました

日吉神社の社守猫フーちゃん、改め”文月”です。

神社で満開の桜をたっぷりと楽しんで・・・
b0238249_21125954.jpg
b0238249_20522668.jpg
仕事の合間を見つけて、大潟村の菜の花畑に出掛けて行きました。
b0238249_20512546.jpg
大潟村にある生態系植物園では、ヒスイカズラが満開
b0238249_20581443.jpg
なんとも不思議な色合いです
b0238249_20571749.jpg
b0238249_20585982.jpg
b0238249_21000936.jpg
マンゴの木なんかもあって・・・南国気分に浸ります。

雨上がりの庭園は爽やかな五月の光で満ちていました

b0238249_21015104.jpg
さて、束の間の休暇を楽しんだあと、連休中は小高い山の上に鎮座するいくつかの神社の春祭のお手伝い。
こちらは桜がまだ散らずに残っていました。
b0238249_21051680.jpg
200段以上の石段を上ると、スミレの花とウグイスの声が迎えてくれます。

日吉神社では結婚式もありました。
b0238249_21221722.jpg
結婚式が終わって、仲良く手を繋いで行く二人。
b0238249_21234380.jpg
いつまでもお幸せに!


ここで昨年、お見せ出来なかった稲荷神社の桜をご紹介。
b0238249_21111063.jpg
5月10日はこの稲荷神社の例祭日。
b0238249_21165038.jpg
近隣の保育園児が、お神輿を担いでお詣りしました。
b0238249_21151056.jpg
ワッショイ ワッショイ と威勢の良い元気な掛け声が聞こえてきます
b0238249_21174751.jpg
園児たちは、歌と踊りを神様に奉納してくれました。
お神輿も立派ですね!
b0238249_21191197.jpg







by noshirohiyoshi130 | 2014-05-10 21:28 | 文月の社務日誌 | Comments(0)