秋田県 能代鎮守 日吉神社

ブログトップ

<   2013年 10月 ( 6 )   > この月の画像一覧

欅の落葉は良い腐葉土になります

日吉神社の社守猫フーちゃん、改め”文月”です。

10月も今日で最後の日。深い霧の朝です。
b0238249_1927585.jpg

秋もすっかり深まりました。
b0238249_19371441.jpg

境内は欅の落葉で被われています。
b0238249_1936355.jpg

毎朝、お参りを欠かさず、そして落葉を掃いてくれるおじさん。
b0238249_19383857.jpg

欅の葉は、とても良い腐葉土になるのだそうです。
「ここの欅は他の葉っぱが混ざっていないので、とても良いのですよ」と、沢山集めて行った方も。
b0238249_19412564.jpg

一日いっぱいお掃除をして、沢山持って帰ってくれました。
菊や畑をやっている人には、大切な欅の葉。

集めて持って帰ってくれれば、神社もとても助かります。
欅の落葉はまだまだ続きますよ。
b0238249_1945148.jpg

落葉を集めに来ませんか?
by noshirohiyoshi130 | 2013-10-31 19:41 | 文月の社務日誌 | Comments(0)

やらねすか☆48 御神幸祭絵図を読み解く

日吉神社の社守猫フーちゃん、改め”文月”です。

久しぶりに、米代川へお散歩に行ったハリー兄さん。
b0238249_1952183.jpg

「白神の山が、紫色に染まっていたよ。」
b0238249_19531535.jpg

夏バテ気味だったハリー兄さんも、涼しくなったのでこの頃はとても元気になりました。
b0238249_19552615.jpg

北国では、秋の深まりと共に紫陽花が綺麗に色づきます。
b0238249_19562037.jpg

公孫樹もこんなに黄色くなりました。
b0238249_203625.jpg


さて、長床では街づくりを真剣に考える若者たち”やらねすか☆48”のワークショップが行われました。
b0238249_19495257.jpg


最初に、正式参拝。
b0238249_19595216.jpg

御神幸祭絵図に添って、由緒や昔と現代の祭の違いなどを読み解きます。
昔と変わらない長床の様子や、トチの樹の姿に歓声が上がります。
b0238249_2063131.jpg

お祭は地域の人々が集い、協力して神様の為に奉仕することに依って、絆を深めるという大切な日でした。
神社は地域共同体の要として存在していたのです。

毎年神輿を担いでいる人も、日吉神社に初めて来た人も、それぞれ何かを感じてくれたら嬉しいです。
b0238249_20133637.jpg

楽しみながら街づくりを真剣に考て行こうというこのプロジェクト。

頑張れ!40歳以下の若者たち!!
by noshirohiyoshi130 | 2013-10-30 19:46 | 文月の社務日誌 | Comments(0)

七五三詣

日吉神社の社守猫フーちゃん、改め”文月”です。

七五三のお参りも多くなってきました。
b0238249_20222799.jpg

問合せの電話も、多くあります。
例の如く、フーちゃんは耳をそばだてて聞いています。
b0238249_20245079.jpg

若いお母さん「七五三のお参りに行きたいのですが、料金はいくらですか?」

宮司さん「神社にお参りする時は”料金”という言葉は使いません。”初穂料”とか”玉串料”と言って、お気持ちでお包み頂いています。」

若いお母さん「初めてなので、全く見当がつかないので参考までに皆さんがいくら位包むのか教えて頂けませか?」

宮司さん「今は5000円お包みの方が多いですね。出来れば、綺麗なお札にすると良いですよ。神様にお供えするものですからね。」

若いお母さん「親はどんな服装で行けばよいのですか?」

宮司さん「七五三詣というのは、お子様がここまで無事に育ったことを神様に感謝し、これからも元気に成長しますように・・と祈るものです。神様に失礼がないように、と考えて下さい」

七五三詣の方には、メダルと・・
b0238249_20342776.jpg

御守りとお神札・・
b0238249_20352876.jpg

破魔矢と・・
b0238249_2036994.jpg

もちろん、千歳飴も!
b0238249_20365151.jpg

千歳飴はその名の通り、末永く幸がありますように・・という祈りが込められています。

お聞きになりたいことがあれば、お気軽にお問合せ下さい。
日吉神社社務所 ☎0185-54-1443

眠いのを頑張って、最後まで聞いていたフーちゃんでした。
b0238249_2051641.jpg

by noshirohiyoshi130 | 2013-10-27 20:20 | 文月の社務日誌 | Comments(0)

秋の行事、盛り沢山・・忍者そして結婚奉告祭

日吉神社の社守猫フーちゃん、改め”文月”です。

霧の朝。
b0238249_19335595.jpg


二十四節気の”寒露”は、露が冷たく感じられる頃。
霧が多く出るのもこの頃です。

欅も、お日様に近いところから、次第に秋色に染まって来ました。
b0238249_19352521.jpg


文化の秋、スポーツの秋、市内でも色々なイベントが行われています。

日吉神社の境内では、昨年に続いて可愛い忍者たちがやって来ました。
b0238249_19402715.jpg

ちゃんと手水を使ってから、神社へお参りです。
b0238249_19412218.jpg

まだ、変身前の忍者たち。楽しそうですね。
b0238249_19421475.jpg

これから、だまこ鍋を作って腹ごしらえしてから、忍者修行に入ります。
b0238249_19425762.jpg

小春日和の秋の一日、楽しく過ごして下さいね。

さて、ここで社守猫フーちゃん、改め”文月”から大切なお知らせです。
b0238249_1945172.jpg

10月12日、黒留袖や振り袖姿の人が大勢神社に集まって来ました。
b0238249_19465382.jpg

今日は、ここで”結婚奉告祭”が執り行われます。
b0238249_19561753.jpg


”結婚奉告祭”とは、二人が結婚し、これからはお互いに敬愛し、夫婦の道を清く守り、明るく心豊かな生活を営むことを誓い、神様の末永いご加護を祈願するお祭。

境内に雅楽の音色が流れ、行列は粛々と神社へと進みます。

今日は三種町の宮司さんと、日吉神社の宮司さんの結婚奉告祭。

奉告祭は無事に終わり・・・ほっと安堵の宮司さん。
b0238249_1959452.jpg


宮司さんから、皆様へご挨拶です。

『縁結びの神様、日吉神社の神様の大きなご加護を頂いて、とても素敵なご縁を頂きました。
氏は変わりますが、今まで通り日吉神社の宮司としてご奉仕申し上げますので、これからも宜しくお願い致します。』
by noshirohiyoshi130 | 2013-10-20 19:53 | 文月の社務日誌 | Comments(2)

歌の集い”お猿のかごや”が開催されました

日吉神社の社守猫フーちゃん、改め”文月”です。

「響かせよう!鎮守の杜に 美しい日本の歌を」
歌の集い ”お猿のかごや”は、10月5日㈯ 日吉神社 長床で開催されました。

文化の秋真っ最中、数々のイベントが開催されている中、常連のお客様をはじめ、初参加の方も沢山ご来場を頂きました。
b0238249_2141973.jpg

テーマソング”お猿のかごや”を歌ってから、”村祭り””里の秋””もみじ”など秋の歌が続きます。

”女学生に帰って・・”というコーナーでは、”故郷を離るる歌””久しき昔”などの懐かしい曲。
元女学生の名(迷?)指揮に、みんなの笑顔が弾けます。
b0238249_2194111.jpg

毎回恒例の茶誠堂さんの売店は、相変わらず人気です。
会が終わる頃には、ほとんどの品が売り切れていました。
b0238249_21124656.jpg


毎年春と秋の二回、開催される歌の集い”お猿のかごや”は、早いもので12回目となりました。

童謡、唱歌を中心に、季節の歌やテーマを選び、ピアノの演奏に合わせて歌う楽しい集い。
どうぞ、お気軽に参加して下さい。
来年は7年目を迎えます。
春にお会いしましょう!
by noshirohiyoshi130 | 2013-10-09 21:17 | 文月の社務日誌 | Comments(0)

”嫁見まつり”の問合せがありました

日吉神社の社守猫フーちゃん、改め”文月”です。

山からは紅葉の便りが聞こえて来ました。
秋も次第に深まって来ています。

社守猫”文月”久しぶりに真面目な顔して・・・鬼が大笑いするかもしれないけれど・・・来年の”嫁見まつり”の問合せがあったので、今日はそのご案内です。
b0238249_20221888.jpg

平成26年の”中の申祭”は5月12日・13日に行われます。
宵祭の行事である”嫁見まつり”は12日の夕方から。

”中の申祭”は、天文2年 旧暦四月二番目の申の日に、神様を奉安したことを寿ぐお祭。
現在、私達が使用している新暦では、毎年日が変わります。

では、平成25年は5月29日・30日に行われた”中の申祭 嫁見まつり”の写真をお楽しみ下さい。

始まる前はとっても良い天気だったのすが・・・
b0238249_20343491.jpg

b0238249_20311238.jpg

今年初お目見えの”恋する気餅”は、大人気でした。
b0238249_2033979.jpg

採れたての山の幸も大人気。
b0238249_20334962.jpg

嫁見まつりが始まる頃から、雨がこぼれて来て・・・
b0238249_20351817.jpg

b0238249_2037731.jpg

b0238249_20374149.jpg

b0238249_20384730.jpg

終わる頃には、本格的な雨降りに・・
b0238249_20444114.jpg

でも、幸せそうですね。
b0238249_20452441.jpg

by noshirohiyoshi130 | 2013-10-03 20:38 | 文月の社務日誌 | Comments(0)