秋田県 能代鎮守 日吉神社

ブログトップ

<   2013年 09月 ( 10 )   > この月の画像一覧

やらねすか☆48 御神幸祭絵図を読み解く

日吉神社の社守猫フーちゃん、改め”文月”です。

秋らしくなりました。
b0238249_2103845.jpg

ハリー兄さんの足取りも軽やかです。

さて、”街づくりに興味がある40歳までの若者”による勉強会が、日吉神社で開催されることとなりました。
b0238249_2142433.jpg

活気ある街づくりをする為に、故郷の歴史や文化も学びたい・・という若者たちによって企画されたワークショップ。

明治26年に日吉神社に奉納された”御神幸祭絵図”(坂本慶斎画)
b0238249_21102881.jpg

神様を奉安した時の様子、神社の由緒など・・
b0238249_2110249.jpg

b0238249_21111944.jpg

b0238249_21124134.jpg

社殿を建てている様子や・・・
b0238249_2114183.jpg

b0238249_21143840.jpg

昔のお祭の様子など・・・
b0238249_21133429.jpg

b0238249_21152167.jpg

みんなで一緒にこの御神幸祭絵図を読み解きましょう。

只今、参加者募集中です!
10月30日(水) 19時から始まります。
神社にお参りして、お参りの作法から勉強しますよ。
by noshirohiyoshi130 | 2013-09-27 21:17 | 文月の社務日誌 | Comments(0)

七五三詣

日吉神社の社守猫フーちゃん、改め”文月”です。

この頃、七五三詣の予約の電話が多くなって来ました。
社守猫”文月”、耳を澄まして聞いています。
b0238249_21241050.jpg


平安時代から、男女とも三歳になると髪を伸ばし始める”髪置”という儀式を行っていました。また、男児は五歳で袴を着る”袴着”の儀式、七歳の女児は、大人と同じ帯を使い始める”帯解”の儀式が行われていました。

江戸時代、徳川綱吉の子供の”髪置”の行事が11月15日に行われた事から、11月15日が”七五三詣”の日とされますが、早めの時機にお参りする人も多くなってきています。

このようなお祝事は、古来より”数え年”で行なわれのが一般的ですが、近年は満年齢で行う人も多くなりました。

平成25年は、次の方が七五三の年齢となります(数え年)
平成23年生まれの男女児(三歳)
平成21年生まれの男児(五歳)
平成19年生まれの女児(七歳)


これまで無事に成長したことを神様に感謝し、これからの健やかな成長を祈るお参りです。
どうぞ、おじいさんやおばあさんなどもご一緒に、ご家族皆さまでお参りして下さい。
b0238249_21405668.jpg


お申込は日吉神社社務所☎0185-54-1443迄。
ご不明な点も、お気軽にお問合せ下さい。

ああ・・・・やっぱり眠ってしまった文月でした。
b0238249_21415334.jpg


11月にはこんな景色が広がります。
b0238249_21531787.jpg

by noshirohiyoshi130 | 2013-09-26 21:22 | 文月の社務日誌 | Comments(0)

みたままつり

日吉神社の社守猫フーちゃん、改め”文月”です。

秋の彼岸の中日。秋分の日には日吉神社の長床で”山王神燈会”の人々に依る”みたままつり”が行われます。

”山王神燈会”は、神道を以って祖先をお祀りしている人達の集まりです。
b0238249_2124532.jpg

ご先祖様があったからこそ、今、自分がここに存在している。
そのことに感謝し、ご先祖さまの御霊が安らかにありますように・・・と祈りを捧げます。

そして、この命を次の世代に繋いでいく・・・
神様から頂いた命を、大切に大切にしていきましょう、来年又必ずお会いしましょう。
直会では、楽しい会話が続きました。

朝夕は、寒さを感じる今日この頃。
収穫の秋を迎えています。
黄金色の稔田に秋あかねが、飛び交います。
b0238249_2175529.jpg

新蕎麦を食べられるのも、もうすぐです。
b0238249_2183411.jpg

ススキが秋の深まりを伝えています。
b0238249_2191622.jpg

by noshirohiyoshi130 | 2013-09-23 21:09 | 文月の社務日誌 | Comments(0)

地鎮祭(とこしずめのまつり)

日吉神社の社守猫フーちゃん、改め”文月”です。

爽やかな朝です。
b0238249_20194018.jpg

今日は、地鎮祭やお宮詣りなど、ご祈祷が続きます。

地鎮祭とは、大地の神様”大地主大神(オオトコヌシオオカミ)”に、これから新しく家を建てることを奉告申し上げ、お許しを頂き、末永く御守り頂くようにお願いをするお祭です。
併せて産土の神様に、家運隆昌・家内安全を祈願します。
祭壇の準備が整いました。
b0238249_20264788.jpg

竹を立て、注連縄を廻し、祭壇にはお米や酒、塩の他に季節の野菜や果物、海の幸山の幸などをお供えします。

祝詞奏上・切麻散米・刈初の儀などが行なわれ、参列者はご神前に玉串を捧げて、祈りを捧げます。

最後には、お家の人達が心を込めて、大地の神様にお神酒を捧げました。
b0238249_20442614.jpg

新しい家が出来るの楽しみですね!
by noshirohiyoshi130 | 2013-09-22 20:30 | 文月の社務日誌 | Comments(0)

仲秋の名月

日吉神社の社守猫フーちゃん、改め”文月”です。

各地の祭を能代に招いて行なわれた”おなごりフェスティバル”が9月14日に盛大に開催され・・・
b0238249_20113286.jpg

b0238249_20124538.jpg

b0238249_20161921.jpg

街には大勢の人が繰り出し、熱気に溢れていました。
b0238249_20133830.jpg

街の一角の緑の中、まるで妖精のような、こんな女の子の姿も・・
b0238249_20142173.jpg

フィナーレには、秋田県民歌に乗せて花火が打ち上げられ・・・
b0238249_20154760.jpg

逝く夏を惜しみ、空を見上げます。

9月15日、台風18号が接近中。朝から雨が降り続きます。
幸い夜には雨が上がり、能代市の隣町三種町では森岳歌舞伎が始まりました。
b0238249_20205790.jpg

森岳の鎮守さま八幡神社の例祭に奉納されます。
今年で23回目の定期奉納公演。
演目は『白波五人男』(抜本)
b0238249_20235870.jpg

b0238249_20243617.jpg

そして、『義経千本桜』
壇ノ浦で亡んだはずの平家の主だった武将が、安徳天皇とともに、実は生きていたという設定の下に壮大なドラマが展開されます。
今回は『伏見稲荷鳥居前の場面』が上演されました。
b0238249_20271578.jpg

土佐坊の家来”早見の藤太”が登場する場面は、観客の笑いを誘います。
ちびっこ役者の名演技に拍手喝さい!
b0238249_20305465.jpg

最後には、義経の家来が現れ、静御前を救います。
b0238249_20321360.jpg

集まった大勢の観客から、惜しみない拍手が送られました。

9月16日、断続的に雨が降り続きます。
能代山本地域でも床上・床下浸水や道路の冠水の被害が続出。

9月17日。
台風一過の青空が広がります。
b0238249_2038521.jpg

それにしても、すごい水だね、とハリー兄さん。
b0238249_203905.jpg

b0238249_20393130.jpg

b0238249_20395773.jpg

檜山運河もこの通り・・
b0238249_20404087.jpg

台風は勢力を強めながら日本列島を縦断。各地に大きな爪痕を残して行きました。

地球温暖化の影響でしょうか・・
この頃、思いもかけない災害が多発しています。

今回は、”数十年に一度の災害”を想定した”特別警報”が発令され、住民に厳重な注意を呼びかけましたが、悲しいことに貴い命が奪われてしまいました。

9月19日、仲秋の名月です。
爽やかな秋晴れの日。
稔田は収穫の時を迎えています。

夕方には綺麗な夕焼空が広がりました。
b0238249_20453374.jpg

そして間もなく、大きな大きな、お月様が昇ります。
b0238249_20465897.jpg

本当に、まんまるいお月さまでした。
b0238249_20474378.jpg

by noshirohiyoshi130 | 2013-09-19 20:47 | 文月の社務日誌 | Comments(0)

ミッキーマウスがやって来る!

日吉神社の社守猫フーちゃん、改め”文月”です。

秋も深まって来ました。
さて、これは何でしょう?
b0238249_11313347.jpg

ヒントはこちら。
b0238249_113495.jpg

そう、"トチの実"です。

まるで、栗の実のようで見るからに美味しそう・・・ですが、強いアクがあって食用にはなりませんが、焼酎につけると打ち身に良く効く薬ができるそうです。

さて、今夜は昨年に引き続きミッキーマウスが能代にやって来ます。
b0238249_11414282.jpg

9月14日に行われる”第26回 おなごりフェスティバル in 能代2013”の前夜祭。
午後7時30分 JR能代駅前から畠町通りをディズニーパレードが練り歩きます。

そして、14日には、盛岡さんさ祭や花輪ばやし、浅草カーニバル、青森ねぶたなど11団体が能代の街に勢揃い。
b0238249_11454919.jpg

今年は初企画の”のしろっくin おなごり”も同時開催。
こちらは正午から、柳町通を歩行者天国にして市内外15組の幅広い音楽を演奏します。

どうぞ、能代においで下さい!
b0238249_11542691.jpg

b0238249_11531747.jpg

フィナーレには”秋田県民歌”に乗せて、花火も打ち上げられますよ。
b0238249_1154260.jpg

by noshirohiyoshi130 | 2013-09-13 11:46 | 文月の社務日誌 | Comments(0)

秋のお猿のかごや 歌のメニュー

響かせよう! 鎮守の杜に 美しい日本の歌を
第12回 ”お猿のかごや
b0238249_2146366.jpg


10月5日(土) 午後3時~4時
日吉神社 長床にて

参加費 200円(歌集・飲物代含む)

♪♪歌のメニュー♪♪
~『お猿のかごや』テーマソング
・お猿のかごや
~季節の歌~
・小さい秋見つけた
・村まつり
・虫の声
・里の秋
・もみじ
~アニメソングを歌おう~
・ひょっこりひょうたん島
・サザエさん
・踊るポンポコリン
~女学生にかえって~
・故郷を離るる歌
・久しき昔
・学生時代
・君たちがいて僕がいた
~名残は惜しいけれど~
・北の国から
・今日の日はさようなら
お楽しみに!

茶誠堂さんによる”売店”もありますよ。手作りのチーズケーキやお茶まんま、味噌タンポなど、毎回好評です!

by noshirohiyoshi130 | 2013-09-08 21:38 | 掲示板 | Comments(0)

八朔祭 

日吉神社の社守猫フーちゃん、改め”文月”です。

旧暦の8月1日は”八朔”と言われ、古くから農民の間では実りを迎えた”初穂”を恩人に送り、感謝の意を表したと言われます。
又、台風や害虫の被害に遭わないように、秋の稔りが豊にありますようにと、神様に五穀豊穣をお祈りする日でもありました。

ここ中川原の稲荷神社でも、毎年八朔祭がおこなわれます。
b0238249_2184455.jpg

農家の人達が心を込めて、作った美味しい野菜や果物、海の幸が沢山お供えされました。
b0238249_2110568.jpg

この地域は、以前は原野で、先人達が苦労して開拓したそうです。
境内には”秋田農業の父”と呼ばれる石川理紀之助や越前北方などの碑が建立されています。
b0238249_21124840.jpg

越前北方は、開墾に努める傍ら町議として活躍し五十余町歩の及ぶ永小作権を獲得しました。
   ”秋風や身は野ざらしの五十年”

朝夕は、上着が必要になりました。
すっかり秋の気配です。
b0238249_21133836.jpg

by noshirohiyoshi130 | 2013-09-06 20:50 | 文月の社務日誌 | Comments(0)

この街で生きて行く

日吉神社の社守猫フーちゃん、改め”文月”です。

全国的に、酷暑・渇水・豪雨と天候不順で各地に大きな被害をもたらした今年の夏。
今度は千葉県や埼玉県で竜巻が猛威をふるいました。

能代にも大雨注意報が出て、昨夜は雷も鳴って雨も激しく降っていました。
雷が大嫌いなハリー兄さんは、机の下で雷がおさまるのを待っています。
b0238249_20274217.jpg

夜が明けました。
爽やかな朝です。
b0238249_20264150.jpg

早く、お散歩に行こうよ!とハリー兄さん
b0238249_20302282.jpg

ご近所の”タマちゃん”は、毎朝ハリー兄さんが来るのを待っていてくれます。
b0238249_20314565.jpg

覚えていますか?
昨年の9月、”一晩だけのお客様”になって、その後、ご近所にもらわれていった玉の輿の”タマちゃん”
b0238249_2035325.jpg

とても幸せな”タマちゃん”、首を長くしてハリー兄さんをお見送り。
b0238249_2036976.jpg

久しぶりの川沿いの散歩道。
秋の虫が鳴いています。
b0238249_21481335.jpg

青空を背景に、ドバトさん。
あそこからは、どんな景色が見えるのでしょうか・・・
b0238249_21492487.jpg


夕方、能代の街を元気にしようと立ちあがった”この街で生きていくワークショップ”の方々が、社務所にやって来ました。

熱意と情熱をもった若い世代を中心に、自分達の地域を元気にしていくためのワークショップです。

秋には日吉神社で勉強会を開くそうです。
”御神幸祭絵図”を紐とき、現在の祭を勉強しようという試み。
b0238249_20474336.jpg

b0238249_20454556.jpg

重いお神輿は、ひとりの力ではどうにもならないけれど、多くの人が心を合わせ、力を合わせれば担ぐことが出来ます。
若者達よ、あなた達のガンバリに期待します!
by noshirohiyoshi130 | 2013-09-04 20:37 | 文月の社務日誌 | Comments(0)

あっ言う間に、9月です

日吉神社の社守猫フーちゃん、改め”文月”です。

七夕の流しが終わり・・・
b0238249_2062466.jpg

お神輿の反省会も終わり・・・
b0238249_2071895.jpg

秋田市のアルヴェで、”遷宮展”の朝日舞のご奉仕も終わり・・
b0238249_2084653.jpg

中の申祭 嫁見まつりの写真コンテストの授賞式も終わり・・・
b0238249_20101827.jpg

b0238249_2010543.jpg

ご祖先様の御霊まつりも終わり・・・
b0238249_20265540.jpg

トチの実が落ち始めました。
b0238249_203332.jpg

b0238249_20353358.jpg


8月は、全国的に残暑や大雨の被害が続き・・・
うんざりしているハリー兄さんです。
b0238249_2032187.jpg

ハリー兄さんも、人並に(?)熱中症で、倒れかけましたが・・

この頃は、朝夕めっきり涼しくなりました。
b0238249_2012439.jpg

空は秋色です。
b0238249_20275823.jpg

b0238249_20281742.jpg

雑事に紛れ、暫くお休みがちだった”文月の社務日誌”、9月になって漸く”再開致します。

文月が、遠い旅に出てから早くも1年の年月が流れました・・・
まだ、後任は見つからないようなので、もうしばらく文月が社務日誌を担当します。
これからも、どうぞ宜しく!
b0238249_20172184.jpg

by noshirohiyoshi130 | 2013-09-01 20:19 | 文月の社務日誌 | Comments(0)