ブログトップ

秋田県 能代鎮守 日吉神社

日吉神社の社守猫フーちゃん、改め”文月”です。

社守猫フーちゃん、改め”文月”から真面目なご案内。
b0238249_20335679.jpg

明日は一日。9:00~9:30は月始祭です。

月始祭では、神様に日々の暮らしを守って頂いていることを感謝し、地域社会の安寧や家内安全などを祈願致します。

また、参列者全員で”大祓詞”を奏上します。
どなたさまでも参列出来ますので、お気軽にお参りして下さい。

参列の方は、8:50分までに社殿へお集まり下さい。

そして、明日は”御旅所清祓祭”

7月27日に行われる”神幸祭”では、お神輿にお乗せて神様をこの地へお連れします。
b0238249_20402999.jpg

神様に失礼がないように・・・清祓祭が行われます。
b0238249_20453854.jpg

平成25年は上町組が当番丁となります。

総代さんや上町組の人々が参列します。
b0238249_2053073.jpg

(平成23年 清助町組当番丁のお旅所清祓祭)

今年は空梅雨で、夏のような天気が続いています。
b0238249_2058232.jpg

水不足が心配です・・・
b0238249_20593135.jpg

by noshirohiyoshi130 | 2013-06-30 20:46 | 文月の社務日誌 | Comments(0)

纏神社 例祭

日吉神社の社守猫フーちゃん、改め”文月”です。

昨日の宵祭に続き、今日は纏神社の本祭です。
b0238249_20375760.jpg

纏神社の社殿には歴代の消防団長(最初の頃は、”消防組”と言ったようです)や消防署長の写真が飾られています。
b0238249_2043194.jpg

宮司さんは、消防長から昭和初期に撮影されたと思われる、日吉神社社殿前での消防団の記念写真を見せてもらいました。
映っていたのは、宮司さんの三代前の宮司さん。

社殿は、昭和24年の大火で焼失する前のものだったそうです。
コピーをお願いしたので今度、お見せしますね。

さて、直会では手品も飛び出し楽しい席になりました。
b0238249_20522840.jpg

これ、何と読むと思いますか?
b0238249_2047539.jpg

「空」「青空」・・・
いえいえ、「澄みきった(隅切った)青空」と読むのだそうです!
b0238249_205246.jpg


今日は、澄み切った青空が広がり、トチの木の子供も、こんなに大きくなりました。
b0238249_20491741.jpg

b0238249_20494551.jpg

夕方、お参りして下さった、転勤で能代に赴任した方。
「ああ、ここは鎮守の杜ですね」と、とても懐かしそうに欅の木を見上げていました。

ご神域に、初夏の風が渡ります。
b0238249_20562994.jpg

by noshirohiyoshi130 | 2013-06-24 20:50 | 文月の社務日誌 | Comments(0)

日吉神社の社守猫フーちゃん、改め”文月”です。

纏神社の例祭の準備が続けられています。
b0238249_20354793.jpg

梅雨の最中にも拘らず、35年間一度も雨の降ったことのないお祭。
寒い日も蒸し暑い日も、今にも雨が降り出しそうな日もあったけれど・・・
今日は朝から爽やかな快晴。
雨の心配はありません。
b0238249_20373291.jpg

毎年6月23日・24日に行わるお祭。
今年の宵祭は日曜日にあたり、一層賑やかになりそうです。

宵祭の神事が終わり、奉納芸能大会が始まりました。
b0238249_20395595.jpg

毎年、消防署の新人さんの演目は注目の的。
今年は連続バク転や超ジャンプなど、身体能力の高さで圧倒されました。
消防分団の皆さまも熱唱です。
b0238249_20444577.jpg

神様も楽しく聞かれたでしょうね。
b0238249_20453349.jpg

今夜は満月。お月さまも楽しんだみたいです。
b0238249_21293715.jpg

by noshirohiyoshi130 | 2013-06-23 20:46 | 文月の社務日誌 | Comments(0)

明日は纏神社の宵祭

日吉神社の社守猫フーちゃん、改め”文月”です。

梅雨の晴れ間の爽やかな日が続きます。
明日は境内にある”纏(纏い)神社の宵祭。

今日から、準備が進められています。
b0238249_18421685.jpg

纏神社は、能代の鎮火守護の神様として、消防署・消防団の皆様から崇敬されています。
b0238249_1843580.jpg

明日の宵祭では、長床で消防団による奉納芸能大会が行われます。
とても賑やかなお祭です。
市民の為に、一生懸命働いてくれている消防団、そして消防署の皆さま。明日はゆっくり過ごして下さいね。
b0238249_1849174.jpg

幸い、お天気も良さそうです。
by noshirohiyoshi130 | 2013-06-22 18:44 | 文月の社務日誌 | Comments(0)

夏至

日吉神社の社守猫フーちゃん、改め”文月”です。

夏至です。
一年で一番夜が短い日。
夕方6時半を廻っても、まだ昼のような明るさです。
b0238249_1944360.jpg

米代川の堤には、桜の実がいっぱい。
b0238249_19461149.jpg

美味しそうなので、食べてみたななほちゃん。
渋くって美味しくはなかったそうです・・・これがサクランボなら良かったのにね。
b0238249_19472269.jpg

ハリー兄さんは、お散歩の途中です。
街は花ざかり。
b0238249_19482936.jpg

ご近所の方がボランティアで、草取りやお花の手入れをしてくれています。
b0238249_19492912.jpg

どこの家もお花でいっぱいです。
b0238249_1950923.jpg

b0238249_19504011.jpg

b0238249_19511647.jpg

b0238249_19514695.jpg

そして、今日はキジさん夫婦と出会いました。
b0238249_1953255.jpg

b0238249_19535718.jpg

長い夏至の一日も、そろそろ暮れようとしています。
b0238249_19545343.jpg

by noshirohiyoshi130 | 2013-06-21 19:54 | 文月の社務日誌 | Comments(0)

山王たより

日吉神社の社守猫フーちゃん、改め”文月”です。

秋田県も入梅です。
ほとんど雨の降らない天気が続いていたので、農家の人々にとっては恵の雨です。
境内の木々も雨に洗われ、しっとりとしています。
b0238249_2002988.jpg

紫陽花の花がひとつ、咲きました。
b0238249_201154.jpg


”山王たより”が出来上がりました。

中の申祭 嫁見まつりの写真も沢山あります。
クイズもありますよ。
b0238249_2022314.jpg

山王たよりは年に二回発行され、”山王講中”の皆様のもとへ届けられます。

今回の山王たよりには、”古事記”に出て来る日吉神社のご祭神”大山咋大神””大国主大神””大物主大神”のお話や、ご利益について書かれています。

雨が上がって、キチロウおじさんが草刈りを始めたみたいですね・・
b0238249_2085990.jpg

by noshirohiyoshi130 | 2013-06-19 20:09 | 文月の社務日誌 | Comments(0)

真夏日

日吉神社の社守猫フーちゃん、改め”文月”です。

爽やかな初夏の日が続いていたのですが・・・
b0238249_2261245.jpg

b0238249_21333275.jpg

13日・14日と30℃を越える真夏日になりました。
14日の最高気温は、平年を9.1℃上回る31.9℃。
いきなりの暑さに、狛犬さんもグロッキー気味。
b0238249_2252896.jpg

真っ青な空には、アカシアの花の白い色が映えます。
b0238249_2136447.jpg

アカシアの花が咲く頃、それは夏のお祭り”神幸祭”の準備に関係各所に挨拶に行く頃です。

そんな訳で、宮司さんは今日も忙しく過ごしています。
b0238249_21392267.jpg

by noshirohiyoshi130 | 2013-06-15 21:39 | 文月の社務日誌 | Comments(0)

能代の夕陽

日吉神社の社守猫フーちゃん、改め”文月”です。

社守猫文月の社務日誌もちょっと滞りがち・・・
中の申祭が終わった後、色々な行事が立て込んで、宮司さんは忙しく・・・
フーちゃんもちょっと寛いでいたところです。
b0238249_21194635.jpg

でも、そろそろ活動開始!
b0238249_21204832.jpg


今日は、能代の夕陽をご紹介します。
6月10日 午後7時、米代川の河口からの写真です。
b0238249_21224851.jpg

b0238249_21231934.jpg
b0238249_21235096.jpg

b0238249_21242519.jpg

b0238249_21245629.jpg


海上に少し雲があったせいか、とても不思議な光景だった・・・そうです。
by noshirohiyoshi130 | 2013-06-10 21:27 | 文月の社務日誌 | Comments(0)

日吉神社の社守猫フーちゃん、改め”文月”です。

能代の港で開かれた、第九回能代太鼓フェスティバル。
毎年、日吉神社でお正月や夏のお祭りに奉納演奏をしてくれる”能代べらぼう太鼓”主催の太鼓フェスティバルです。

早朝から準備が着々と進められています。
b0238249_21513046.jpg

b0238249_21552254.jpg

b0238249_21525234.jpg

リハーサルからすごい熱気です。
b0238249_21534443.jpg

昼頃から、青空が広がりました。
b0238249_2205184.jpg

べらぼう凧も、気持ち良さそう・・・
b0238249_21545462.jpg

迫力満点の太鼓演奏。
b0238249_21573165.jpg
b0238249_21583595.jpg

b0238249_2294955.jpg
b0238249_21591034.jpg

b0238249_21595788.jpg

あら、あら泣いている子もいますよ・・自分の演奏に感動したのかな?
b0238249_2214891.jpg

こんな可愛い観客も。
b0238249_2225817.jpg

演奏者も観客も、一緒に楽しく過ごした日曜日だったそうです。
b0238249_2213441.jpg

by noshirohiyoshi130 | 2013-06-09 21:39 | 文月の社務日誌 | Comments(0)

日吉神社の社守猫フーちゃん、改め”文月”です。

爽やかな六月。
中の申祭も終わって、一段落し・・・
ハリー兄さんは、”風の松原”にお散歩に出かけました。
b0238249_2032151.jpg

古くから能代の街は海岸の砂の為に、家や農地が埋没する大きな被害を受けてきました。
江戸時代の初期にの医師、長尾祐達が防砂を提唱し、その後多くの人々が様々な苦難を乗り越えながらクロマツの植栽を続けて来ました。

ここは今では”風の松原”と名付けられ、東京ドームの163倍と言う敷地に700万本の黒松が植えられて、市民の憩いの場所となっています。

みどりがいっぱいです。
地面にはウッドチップが敷かれ、足にも優しい素敵な散歩道。
b0238249_20311436.jpg

二十四節気 芒種の初候は”蟷螂(カマキリ)生ず”・・・

大きな大きなカタツムリを発見!
b0238249_20443529.jpg

風の松原は、リスやキジ、キツネなどの生息する自然の宝庫なのです。

さて、風の松原に負けないくらい清々しい境内。
b0238249_2053094.jpg


b0238249_2056144.jpg

6月1日(土)には、美しい日本の歌を歌う集い 第十一回”お猿のかごや”が開催されました。
b0238249_215295.jpg

桜の花を愛でることが出来なかった今年は、花の歌の大特集。
色々な花が咲きました。
フーちゃんも、こっそりと綺麗な歌声を聞きに来ましたよ。
b0238249_2112207.jpg

by noshirohiyoshi130 | 2013-06-06 20:32 | 文月の社務日誌 | Comments(3)