秋田県 能代鎮守 日吉神社

hiyoshisan.exblog.jp
ブログトップ

<   2012年 11月 ( 24 )   > この月の画像一覧

初氷

日吉神社の社守猫フーちゃん、改め”文月”です。

放射冷却で冷え込みました。初氷です。
b0238249_1737197.jpg

でも、とっても気持ちの良い朝です。
b0238249_1738850.jpg

清々しい朝の境内を駆け抜ける影が・・・鳥居の脇の公孫樹の木を駆けあがり・・
b0238249_17385060.jpg

あっと言う間に、欅の大木にジャンプ。
b0238249_1740437.jpg

更に、桜の木を次々に移動して・・
b0238249_17413052.jpg

b0238249_17415470.jpg

b0238249_1742209.jpg

b0238249_17424133.jpg

b0238249_17511894.jpg

丁山庫の蔭へと消えて行きました。

澄み切った空には、冬の使者、雁の群れが・・・
b0238249_17441075.jpg

桧山川では、鴨が朝ごはんの真っ最中でした。
b0238249_1745442.jpg

さて、社守猫フーちゃん,改め"文月”から”月始祭”のご案内です。
平成24年最後の月始祭、明日9時からです。
b0238249_17585215.jpg

10回に亘って、”御神幸祭絵図”について勉強してきました。
明日は、愈々その最終回。
b0238249_17555121.jpg

今年のお祭りの様子を写真でご紹介します。
b0238249_182875.jpg

ご参列の方は、10分前迄に社殿へおいで下さい。
お参りをしてから、昇殿して下さいね。
by noshirohiyoshi130 | 2012-11-30 17:49 | 文月の社務日誌 | Comments(0)

境内 四季のうつろい

日吉神社の社守猫フーちゃん、改め”文月”です。

天気予報はハズレ!穏やかな朝です。
b0238249_1991229.jpg

昨日は,風雪が舞う荒れ模様の中、落葉を捨てる作業が行われました。

軽トラックを提供してくれた氏子さん、ありがとうございました。
b0238249_1984167.jpg

いつもはリヤカーを使っているので、軽トラのお陰で作業はうんと捗りました。
b0238249_1952288.jpg


さて、今年も残り少なくなりました。
今日は平成24年、境内の四季のうつろいをご紹介。
在りし日のフーちゃんの姿もお楽しみ下さい。

一月
b0238249_1923045.jpg

b0238249_2025208.jpg

二月
b0238249_19203695.jpg

b0238249_2004264.jpg

三月
b0238249_19251189.jpg

b0238249_2022721.jpg

四月
b0238249_1926153.jpg

b0238249_19531067.jpg

b0238249_19282336.jpg

b0238249_19543010.jpg

五月
b0238249_19304027.jpg

b0238249_20323321.jpg

b0238249_20482848.jpg

b0238249_20345668.jpg

六月
b0238249_19335017.jpg

b0238249_19345484.jpg

七月
b0238249_19362512.jpg

b0238249_20185193.jpg

八月
b0238249_1939241.jpg

b0238249_19402311.jpg

九月
b0238249_19413154.jpg

b0238249_19424752.jpg

十月
b0238249_19433151.jpg

b0238249_19443771.jpg

十一月
b0238249_19452199.jpg

b0238249_19464283.jpg

b0238249_20273959.jpg

b0238249_19455545.jpg

そして十二月は・・・
b0238249_20385533.jpg

b0238249_20392481.jpg

この頃のフーちゃんは、まるまると太っていましたね。
by noshirohiyoshi130 | 2012-11-28 19:14 | 文月の社務日誌 | Comments(2)

吹雪です

日吉神社の社守猫フーちゃん、改め”文月”です。

北海道から東北にかけて大荒れの天気です。
ハリー兄さんも未明に、家が揺れるような感じで目を覚ましました。
「怖かったよ!」と、ハリー兄さん。
b0238249_13333316.jpg

秋田市で最大瞬間風速30.6メートル、能代市では26.8メートルを観測。
b0238249_13343914.jpg

幸い、境内では倒木などの被害はなくてほっとしています。
でも、木々は大きく揺れています。
b0238249_1336480.jpg

そして、間もなく雪が降って来ました。
b0238249_1337655.jpg

あっという間に・・・真っ白。
b0238249_13374798.jpg

b0238249_13382943.jpg

今日は落葉を捨てる作業の予定だったのですが・・・果たして出来るでしょうか?
b0238249_13391880.jpg

いずれにしても、フーちゃんだったらお家でお休みしてるでしょうね。
b0238249_1340305.jpg

今日は一日中、荒れ模様の予報です。
by noshirohiyoshi130 | 2012-11-27 13:41 | 文月の社務日誌 | Comments(0)

白クマ豪太の誕生日

日吉神社の社守猫フーちゃん、改め"文月”です。

また、雨の朝です。
b0238249_20315226.jpg

7時でもまだ薄暗く・・・栃の木もまだ眠っているようです。
b0238249_20343843.jpg

11月25日、待ちに待った季節ハタハタ漁が解禁になりました。
b0238249_20375919.jpg

ハタハタは、海が荒れ雷がなる頃に、接岸すると言われます。
1週間後くらいから男鹿沖で獲れ始め、八森沖での本格的な漁は、12月以降になるという話です。

その男鹿にある水族館の白クマ”豪太”は今日9歳の誕生日を迎えました。
氷のケーキをプレゼントされて、嬉しそうに食べる豪太くん。
b0238249_2043521.jpg


さあ、明日は大荒れの予報です。本格的な雪になるのでしょうか・・・
b0238249_20452115.jpg

by noshirohiyoshi130 | 2012-11-26 20:46 | 文月の社務日誌 | Comments(0)

白神山地 冠雪

日吉神社の社守猫フーちゃん、改め"文月”です。

清々しい朝です。
b0238249_1949225.jpg

ハリー兄さん、久しぶりに米代川の堤防へお散歩、すると・・・
b0238249_19502935.jpg

白神山地がうっすらと雪化粧。

足を伸ばして、橋の方まで行ってみました。
b0238249_19514688.jpg

b0238249_19522155.jpg

いつもと反対から眺める、五能線の鉄橋です。
b0238249_19525220.jpg

今日も七五三のお参りが続きます。参道はドウダンツツジが僅かに色を残すのみ。
b0238249_19541177.jpg

見上げると、まだ裸木にしがみついている銀杏もあります。
b0238249_19553417.jpg

なんか、この雲・・・”楽しそうな人”に見えませんか?
b0238249_195718100.jpg

b0238249_1958538.jpg

飛行機雲も楽しそうに見えます。
久しぶりに穏やかな小春日和。それだけで、楽しい気持ちになりますね。
b0238249_19581250.jpg

b0238249_2052989.jpg

お散歩から帰ったハリー兄さん、"勲章”を沢山つけていました。
b0238249_2034554.jpg

by noshirohiyoshi130 | 2012-11-25 20:00 | 文月の社務日誌 | Comments(0)

七五三詣

日吉神社の社守猫フーちゃん、改め”文月”です。

小雪の舞う中、今日も七五三のお参りが続きます。
本来、七五三詣は11月15日。
お祝ごとはなるべく早めに済ませましょうね。
日吉神社では、お参りして頂いた方に、お神札・御守り・破魔矢・メダルを差し上げています。
b0238249_16425230.jpg

もちろん、千歳飴も・・
b0238249_16495971.jpg

このメダルが、「金メダルだあ!」と、子供たちに大人気。
b0238249_1644854.jpg

一緒に来たお兄さんやお姉さんが、
「僕も持っているよ。宝箱に入れているんだ。」なんて、言ってみたり・・・
大切にしてもらって、嬉しいですね。

宮司が祝詞を奏上した後は、子供たちひとりひとりに神様に捧げ、二礼二拍手一礼のお作法でお参りをして頂きます。
b0238249_16464739.jpg

子供たちは、ちょっと緊張しながらも、きちんとお参りして下さいますよ。
by noshirohiyoshi130 | 2012-11-24 16:47 | 文月の社務日誌 | Comments(0)

井坂公園

日吉神社の社守猫フーちゃん、改め”文月”です。

ハリー兄さんが、お散歩の途中”井坂公園"で、リスさんを発見。
b0238249_20193839.jpg

この木を駆けあがって行ったんだけれど・・・残念!撮影には失敗です。
b0238249_20204185.jpg

井坂公園と日吉神社の境内は隣り合わせ。
リスさんは、きっと両方を行来しているのですね。

さて、井坂公園には”井坂直幹"さんの銅像と記念館があります。
b0238249_20245875.jpg

残念ながら記念館は10月~3月は冬季閉館中。
b0238249_20253792.jpg

b0238249_2026574.jpg

井坂直幹氏は茨城県(水戸藩)の出身。
明治22年に林産商会能代支店長として赴任。その後、能代に留まり、明治30年に、能代挽材合資会社を設立、機械製材を始め、板の大量生産を実現し、木材産業の近代化に務めました。

その後、明治40年秋田木材㈱として、”木都能代”の基礎を築きました。
木材だけでなく、植林事業や鉄工業にも着手し、労働条件の改善や、奨学金制度など社会事業にも貢献しました。

公園近くの”御指南神社”では井坂直幹氏をご祭神としてお祀りしています。
井坂公園から見た”御指南神社”の後ろ側。
b0238249_20373739.jpg

毎年9月1日、井坂氏の生誕の日にその功績を称え、新秋木工業に依ってお祭が行われています。
b0238249_2047441.jpg

井坂公園から見た日吉神社。
b0238249_20312249.jpg

この階段を昇れば神社ですよ。
b0238249_2033188.jpg


夕方には総代さん・格年さんが集まって新嘗祭が斎行されます。
by noshirohiyoshi130 | 2012-11-23 20:33 | 文月の社務日誌 | Comments(2)

小雪

日吉神社の社守猫フーちゃん、改め”文月”です。

今日は二十四節気の”小雪”。
太陽の黄経が240度に達する時で、寒さも加わり雪も降るようになると言われます。
そして、暦の通り、今年一番の冷え込みです。
b0238249_19464624.jpg

各地で初氷・初霜を観測しました。
b0238249_19473910.jpg

b0238249_1948357.jpg

能代では、それほどの冷え込みもなく、朝は雲間から少しだけ日差しがこぼれていました。
太陽が昇るのは、社殿からずっと南の方に移って来ています。
b0238249_19501874.jpg

さて、明日は全国津々浦々の神社で”新嘗祭”が斎行されます。
新嘗祭とは、その年の新穀を神様にお供えして、収穫を感謝するお祭りです。
昔の人は、新嘗祭で神様にお供えする前には、新米を頂かないものでした。

宮中の”神嘉殿”に於いては、天皇陛下御自ら皇室のご祖先さまを始め神々に豊穣を奉告されます。

現代は明日は"勤労感謝の日”という祝日です。
誰が誰に対して"勤労”を感謝するのでしょうね?
”新穀感謝祭”と言った方が、分かりやすいと思うのですが・・・

新嘗祭は、アマテラスオオミカミ様がお孫さんのニニギノミコトさんを、葦原中津国(あしはらなかつくに)にお遣わせになる時に、高天原で育てていた稲穂をお授けになったことが起源とされます。

『吾が高天原にきこしめす斎庭(ゆにわ)の稲穂を以って、また吾が児にまかせまつるべし』(齊庭の稲穂の神勅)
お米は、日本人にとってとてもとても大切なもの。
それは神様から頂いたものなのです。

ああ・・・ごめんなさい。
フーちゃん、改め文月になっても・・・・・やはり睡魔には勝てませんでした・・・・
b0238249_20184629.jpg

「僕をずっと聞いていたぞ」、とハリー兄さん。
「TPPのことだって考えているんだぞ!」
b0238249_205876.jpg

はい、難しいお話は今度からハリー兄さんにお任せしますね・・・
b0238249_20252498.jpg

by noshirohiyoshi130 | 2012-11-22 19:52 | 文月の社務日誌 | Comments(0)

冬囲い

日吉神社の社守猫フーちゃん、改め”文月”です。

束の間のお日様の光に、ハリー兄さんも嬉しそうです。
b0238249_10165473.jpg

数日来の荒れ模様の天気で、お散歩コースも短縮されて・・・
今朝は久しぶりに私立体育館近くの公園へ。
銀杏の落葉が朝陽に輝いています。
b0238249_1020348.jpg

b0238249_10203983.jpg

公園の花壇は、落葉に被われて・・・
b0238249_10222180.jpg
ホトトギスの残花がちょっと寂しそうに揺れていました。
b0238249_10214571.jpg

さて、束の間の晴れ間を利用して、雪囲いの準備です。
b0238249_1024212.jpg

おっと!ラッキー神輿庫の扉が開いています。
b0238249_10252164.jpg

夏のお祭りでは、威勢良く見えるお神輿さんも・・・
b0238249_10283171.jpg

b0238249_10331551.jpg
今はちょっとおとなしく見えますね。
by noshirohiyoshi130 | 2012-11-20 10:13 | 文月の社務日誌 | Comments(0)

蘇る古事記の世界

日吉神社の社守猫フーちゃん、改め"文月”です。

今日は文月から真面目なご案内です。
b0238249_211247100.jpg


雅楽のしらべのもとに古事記の世界に誘う
           蘇る古事記の世界”
b0238249_21163125.jpg


日 時 11月20日(火)午後6時~8時15分
場 所 秋田市のエリアなかいち にぎわい交流館AU 3F多目的ホール
主 催 秋田県神社庁


今年は、”古事記”が献上されて1300年目。
”古事記”とは日本の国の成り立ちを、宇宙の始まりから書き起こした物語。
まだ日本に文字がなかった時代は"語部(かたりべ)”という仕事の役人がいて、中央や地方での大切な出来事を記憶し、親から子供へと代々語り繋いで行きました。

天武天皇の勅を受けて、”稗田阿礼(ひえだのあれ)”が語り繋いで来た物語を、712年に"太安万侶(おおのやすまろ”が文字にして、元明天皇に上撰したものです。

”古事記”というと難しいものだと思いがちですが、子供の頃に読んだ「因幡のしろうさぎ」や「ヤマタノオロチ」、「海幸彦・山幸彦」「天の岩戸」などの物語も、古事記におさめられているお話なのです。

明日は、雅楽や神楽「豊栄舞」などと共に、古事記の朗読が行われます。

入場は無料です。お気軽においで下さい。

夕方のニュースで田沢湖に架かる美しい虹が映っていました。
b0238249_2139814.jpg

by noshirohiyoshi130 | 2012-11-19 21:33 | 文月の社務日誌 | Comments(0)