秋田県 能代鎮守 日吉神社

ブログトップ

<   2012年 07月 ( 16 )   > この月の画像一覧

御神幸祭 宵祭

日吉神社の社守猫”フーちゃん”です。

早朝、近所の子供達が境内の清掃奉仕にやって来ました。
b0238249_22143161.jpg

b0238249_22154537.jpg


今朝はとても暑い!
それでも、木陰は爽やかです。子供達もトチの樹の下に集まりました。
火事で焼けても生命力に溢れたトチの古木。
みんなも、たとえ病気や怪我をしたり、辛いことがあっても、この樹のように頑張って、逞しく大きく育ってね。
b0238249_2220267.jpg

b0238249_22214130.jpg


トチの実もこんなに大きくなりましたよ。
b0238249_22223422.jpg


暑い!フーちゃんもいささかグロッキー
b0238249_22272930.jpg

木陰を求めて・・
b0238249_2210568.jpg


そうそう。神幸祭 宵祭のお話をするのだったわね。

26日 午後4時 宵祭が始まります。
宮司さん以下祭員が参進します。
b0238249_22325088.jpg

総代、格年、当番丁大町組の自治会長、山王講中、猿田彦講中、また朝くねり奉仕の企業の方々等々が参列して、宵祭は厳かに行われました。

残念ながら、フーちゃんは参列出来ません・・・
b0238249_22383161.jpg


宵祭では、能代第二中学校の吹奏楽部による奉納演奏が行われました。
b0238249_22362983.jpg

b0238249_22462643.jpg

b0238249_22445892.jpg

b0238249_22454446.jpg

元気な演奏が、境内いっぱいに響いていましたよ。
by noshirohiyoshi130 | 2012-07-31 22:24 | 文月の社務日誌 | Comments(1)

御神幸祭 御渡祭 その3

日吉神社の社守猫”フーちゃん”です。

お祭で忙しく過ごしている間に、ロンドンオリンピックが始まりました。
フーちゃんも時々テレビで、体操などを見ています。
そして・・エイ!
b0238249_20571571.jpg


b0238249_20401074.jpg

こんな技を、決めて見ました。

さて、神幸祭の続きです。
午後5時にお旅所を発ったお神輿は、6時半頃に神社へ戻って来ました。
オイッサ オイッサと威勢の良い掛け声が、踏切の向うから聞こえて来ます。
b0238249_2043889.jpg

担ぎ手は109名。五丁組の若衆です。
b0238249_2046407.jpg

b0238249_2058427.jpg

これから、社殿を三周、一気に回ります。
b0238249_2141456.jpg


社殿を回ったお神輿は、神輿蔵に収まりたくないかと言うように、行ったり来たりを繰り返し、漸く神輿蔵に収まりました。
この神輿の蔵入りを見に来る人は年毎に多くなっているそうです。

シャンシャンシャンヨ オシャシャノシャンヨという威勢良い掛け声と共に、神輿が上下に大きく降られます。

境内はすごい熱気に包まれて危ないので、フーちゃんは木陰にこっそり隠れて見ていました。

ところで、昨日のこの紐みたいなもの・・・
b0238249_21373871.jpg
仮設の電気工事のコードでした。

猿田彦の道具収めも日曜日に終わり、静かになった境内には涼しげなヒグラシの蝉の声。
綺麗な蝶々が、羽を休めていました。
b0238249_21292057.jpg

フーちゃんは、オリンピック選手に負けないように次の技を研究中です。
b0238249_213023.jpg

by noshirohiyoshi130 | 2012-07-30 20:51 | 文月の社務日誌 | Comments(0)

御神幸祭 御渡祭 その2

日吉神社の社守猫”フーちゃん”です。

昨日に続き、フーちゃんが宮司さんから聞いてきた御神幸祭の様子を紹介します。
b0238249_20531962.jpg

神社を出発したお神輿は、海の近くの小高い丘の上にあるお旅所への急な坂を無事に登って・・・
b0238249_20301984.jpg

お旅所着輿祭も終わり、担ぎ手達も引き上げて行きました。

宮司さんを始め4人の神官と、猿田彦講中の人達がお神輿を守って5時まで此処で過ごします。
b0238249_20331642.jpg

神様は、元の宮地の辺りを神遊びされていらっしゃるのでしょうか・・・
お旅所は、深い緑に囲まれ、清々しい空気に満ちています。

猩猩鉾・比礼鉾も静かに、お神輿のお伴をしています。
b0238249_20352947.jpg


午後2時、猿田彦講中の人達が、夕くねりの準備を始めました。
b0238249_20472326.jpg

鉄棒が外され、提灯がつけられます。
b0238249_2055872.jpg

3時半に、猿田彦行列が神社へ向けてお旅所を出発。
b0238249_21124569.jpg

神輿に付いて神社へ戻る子供たちは、退屈してお道具で遊び始めます。
b0238249_21132081.jpg

こらこら、宮司さんの傘で遊んじゃいけないですよ!
b0238249_2115848.jpg

この続きは又今度ね。

ところで、この紐みたいなものは何かしら?
b0238249_2164324.jpg

暑さにもめげず、まだ紫陽花も綺麗です。
b0238249_21402493.jpg

by noshirohiyoshi130 | 2012-07-29 20:49 | 文月の社務日誌 | Comments(0)

御神幸祭 御渡祭 その1

日吉神社の社守猫”フーちゃん”です。

昨日7月27日、御神幸祭が盛大に齊行されました。
今朝は祭のあとの静けさです。
b0238249_1754448.jpg


それでは、昨日のお祭の様子をたっぷりとご覧下さい。
10時 のろしを合図に猿田彦行列が出発します。
b0238249_1821134.jpg

天狗さんのお面をつけた猿田彦は、古事記に出て来る道案内の神様。
3日間、長床で参籠し、夜中に水を被って精進潔斎をして、祭に臨みます。
b0238249_1853095.jpg

重厚な神輿が続きます。
神輿の重さは1トンとも言われます。神様が乗っていらしゃるから、もっと重いのかもしれません・・・
担ぎ手は68名。
b0238249_1865183.jpg

b0238249_1894918.jpg

そして、宮司さん・総代さんが続きます。
b0238249_18103576.jpg

さらに、五丁山。
b0238249_18113192.jpg

保育園児の元気な掛け声に、曳手も笑顔で応えます。
b0238249_18192959.jpg

b0238249_1816010.jpg

b0238249_1822899.jpg

こんな可愛い子供たちも、真剣な眼差し行列に加わります。
b0238249_18211285.jpg

11時30分、神輿は無事にお旅所へ到着しました。
b0238249_18241025.jpg

静かになった境内で、フーちゃんはお留守番。
b0238249_18263567.jpg

続きは又あとで。
by noshirohiyoshi130 | 2012-07-28 18:02 | 文月の社務日誌 | Comments(0)

丁山出庫

日吉神社の社守猫”フーちゃん”です。

数日降り続いた雨も漸く上がったようです。
b0238249_7254551.jpg

フーちゃんは、お客さんの車の上で、寛いでいます。
b0238249_7265855.jpg

25日の朝、境内は深い霧に包まれて・・・
b0238249_7283480.jpg

5時半、大町組・後町組の丁山が、小雨の中、出庫して行きました。
b0238249_730542.jpg

b0238249_7313153.jpg

9時半、雨は上がったようです。上町の丁山。鍾馗様です。
b0238249_7324631.jpg

b0238249_7354728.jpg

夕方、それぞれの丁山は装いを改め、町内に繰り出して行きました。
b0238249_7385643.jpg


b0238249_7401494.jpg

26日は、清助町組と萬町組の丁山が出庫です。
b0238249_7434392.jpg

清祓祭を待つ萬町の丁山です。
b0238249_747737.jpg

さあ、東の空が漸く明るくなって来ました。
4日間ほど降り続いた雨。
お祭は晴れるでしょうか・・
b0238249_749043.jpg

by noshirohiyoshi130 | 2012-07-26 07:36 | 文月の社務日誌 | Comments(1)

御神幸祭の準備

日吉神社の社守猫”フーちゃん”です。

いよいよお祭が近づいて来ました。
フーちゃんは、朝早くから境内を見回りします。
b0238249_2149272.jpg

今朝は8時から、舞のお稽古です。
神幸祭の宵祭に”浦安の舞”を奉奏する中学一年生のあやのちゃんとまゆちゃんが、練習に来ました。
b0238249_2152193.jpg

ソフトボール部で真っ黒に日焼けした活発な二人です。
でも、宵祭では厳かに、神様の前で舞を披露してくれそうです。
頑張ってね!
b0238249_21554392.jpg

さて、明日の夜には7時から”神輿渡御安全祈願祭”
神輿渡御に奉仕する企業・団体、五丁組の代表の人が参列し、渡御の安全を祈願します。

朝くねりをご奉仕して下さるのは、
みこし中川原組・秋田銀行・秋田重車輛・秋木製鋼・能代火力発電所・東北発電工業と協力会社の方々・東北ポートサービス・東北木材・西村土建・能代運輸の皆さま。

夕くねりは五丁組の若衆が奉仕します。
b0238249_2216530.jpg



そして、8時からは”猿田彦講中祭”が行われ、世話役・彦助代・猿田彦・大幣持の4人は長床で参籠に入ります。

明後日25日、早朝5時半には丁山の蔵出しです。
フーちゃんも早起きしなくちゃね・・
b0238249_2211156.jpg

by noshirohiyoshi130 | 2012-07-23 22:01 | 文月の社務日誌 | Comments(0)

御神幸祭のご案内

御神幸祭
お神輿に神様をお乗せして、元の宮地(清助町にあるお旅所)へ巡行するお祭です。

法螺貝、太鼓、獅子、猩猩緋鉾、猿田彦、鉄砲、弓、比礼鉾、大鳥毛、小鳥毛、社名旗などの猿田彦行列、神輿、宮司、総代、五丁山が続きます。
猿田彦講中の人々は、裃姿で奉仕します。
総代は羽織・袴姿、宮司は正装で、人力車に乗り神輿に供奉します。

7月26日 午後4時  宵祭
7月27日 午前10時 渡御祭~神輿は午後7時頃、神社へ還御


奉納芸能(境内)
・26日 午後5時半 能代第二中学校吹奏楽
・27日 午後6時   能代べらぼう太鼓

五丁山蔵出と自町廻丁
・大町組   25日 午前5時半 自町廻丁 25日
・上町組   25日 午前9時  自町廻丁 25日・26日
・万町組   26日 午前5時半 自町廻丁 26日
・清助町組  26日 午前5時 自町廻丁 26日
・後町組   25日 午前5時半自町廻丁 25日・26日

神輿巡行(時間は目安とお考え下さい)
7月27日 
①猿田彦行列・神輿・五丁山
 10時神社発・・・秋田銀行能代支店・・・市役所前・・・能代病院・・・清助町・・・・・・・・ 11時20分頃 お旅所着
②五丁山
 11時半頃お旅所発・・・川反町・・・万町・・・午後1時半~2時頃 日吉神社着
③猿田彦行列
 午後3時半お旅所発・・・大町稲荷・・・午後4時半頃 日吉神社着
④神輿
 午後5時お旅所発…大町稲荷・・・・午後7時頃 日吉神社着 
 本殿を三巡して蔵入。
 音頭上げ・解散式
 
       
by noshirohiyoshi130 | 2012-07-22 21:24 | 掲示板 | Comments(0)

嫁見まつり フォトコンテスト表彰式

日吉神社の社守猫”フーちゃん”です。

6月3日に行われた”中の申祭 嫁見まつり”のこと、皆さん覚えていますか?
b0238249_2051932.jpg

カメラマンも大勢いましたね。
b0238249_2046733.jpg

この嫁見まつりの第1回のフォトコンテストが開催され、今日はその表彰式が能代観光協会で行われました。

日吉神社からの賞は”嫁見まつり賞”
受賞されたのは、能代に住む小玉さん。
お父さんの目でとらえた娘さんの幸せそうな姿。その写真が、見事に賞に輝きました。
b0238249_20382569.jpg

賞品はこちら。
b0238249_20362795.jpg

おめでとうございます。
これからも素敵な写真を撮って下さいね。
フーちゃんもいつでもモデルになりますからね。
b0238249_20414547.jpg

by noshirohiyoshi130 | 2012-07-22 20:42 | 文月の社務日誌 | Comments(0)

能代の花火

日吉神社の社守猫”フーちゃん”です。

能代では昨夜、”港まつり 能代の花火”が開催されました。
日吉神社の神様のご加護を頂いて、幸い好天に恵まれ、21万人の人が花火を楽しみました。

日本海に大きなお日様が沈み・・
b0238249_20213481.jpg

花火大会が始まりました。
b0238249_2022263.jpg

b0238249_21542013.jpg

フーちゃんは、屋根の上で遠くにあがる花火を楽しみました。
b0238249_21555067.jpg

b0238249_21572516.jpg

by noshirohiyoshi130 | 2012-07-22 20:23 | 文月の社務日誌 | Comments(0)

山王講中清祓祭

日吉神社の社守猫”フーちゃん”です。

神幸祭を間近に控え”山王講中清祓祭”が、昨日から始まりました。
フーちゃんは、ここから宮司さん達が出掛けて行くのを見送りました。
b0238249_21463776.jpg

b0238249_21183520.jpg


山王講中清祓祭とは、講中の人の家や家族皆をお祓いし、清々しい心でお祭を迎えてもらうための大切なお祭です。

日吉神社の神様をお祀りしているお家の神棚の前で、大体次のような意味の”祝詞”を奏上し、皆で拝礼します。

”是の家の神棚にお奉りしている、日吉大神さまに謹んで申し上げます。
今日は、神幸祭の大祭に先立ち、山王講中清祓祭を執り行っています。
どうか、ここの家の内に悪いことが起こらないように、清々しく祓い清めて下さい。
そして、家の人達が皆、心身ともに健康で、自分の務めを一生懸命に果たし、清らかな明るい心で、大祭を厳粛に迎えることが出来ますように、お導き下さい。
これからもこの家が栄え、子子孫孫まで末長く御守り下さいますよう謹んでお願い致します・・・・”

山王講中清祓祭は、明後日まで続きます。
明日は暑くなりそうです。
b0238249_21454421.jpg

by noshirohiyoshi130 | 2012-07-17 21:18 | 文月の社務日誌 | Comments(0)