ブログトップ

秋田県 能代鎮守 日吉神社

<   2012年 02月 ( 30 )   > この月の画像一覧

響かせよう! 鎮守の杜に 美しい日本の歌を
第9回 『お猿のかごや』

6月2日(土) 午後3時から
日吉神社 長床にて

参加費 200円(楽譜・茶菓代含む)

今回は”浜辺の歌”や”かなりや”でお馴染みの秋田県出身の作曲家・成田為三さん特集を企画しています。
お楽しみに
by noshirohiyoshi130 | 2012-02-29 16:42 | 掲示板 | Comments(1)

因島のみかん

日吉神社の社守猫”フーちゃん”です。

暖かくなりました。
参道の雪も消えて・・敷石が顔を出しました。
b0238249_1314659.jpg

宮司さんのお友達のかおりさんから、瀬戸内海の小島、因島のみかんが届きました。
フーちゃんも、春の香りを満喫しています。
b0238249_1335359.jpg

うわあ!色々な種類があるのね。
b0238249_1343892.jpg

どれどれ、説明書もあるわね。
b0238249_1353466.jpg

”はるか””はるみ””紅はっさく”などなど、この辺りでは見ることが出来ない珍しい柑橘類♪♪

かおりさんには、キキちゃんっていう真っ黒い猫さんがいたはずよ。
キキちゃん、お元気ですか?
能代にも春が来ましたよ!

お日さまが、燦々と輝いて・・・しあわせ❤
b0238249_13151860.jpg

ここで、フーちゃんからお知らせです。
b0238249_13175974.jpg

明日は3月1日、月始祭です。
時間は9時~9時半頃まで。
10分前までに、社殿へおいで下さいね。
どなたでも、参列出来ます。

能代市文化財の「御神幸祭絵図」に添って、神幸祭の昔と今を比べて、宮司さんからのお話もあります。
興味がある方もどうぞいらして下さいね。

夕焼けが綺麗です。
明日も良い天気かしら。
暖かければ、フーちゃんも参道でお迎えしているかもしれないわ。
b0238249_21142858.jpg

今日もいちにち、ありがとうございました。
b0238249_21164393.jpg

by noshirohiyoshi130 | 2012-02-29 16:10 | 文月の社務日誌 | Comments(2)

春の息吹

日吉神社の社守猫”フーちゃん”です。

米代川の氷はすっかり溶けていたそうです。
白神の山々が、神々しく輝いていたって、ハリー兄さんが話してくれました。
b0238249_20572384.jpg

b0238249_2121889.jpg


早春賦によれば・・・・

 氷溶けさり 葦は角ぐむ
 さては 時ぞと 思うあやにく
 今日もきのうも 雪の空

春の川辺で、水辺にいち早く目を出すのは、”葦”

そして、古事記の『天地のはじめ』によれば・・・・

まだクラゲのようにグニャグニャと定まらない混沌とした世界に、『葦牙(あしかびの)ごと、萌えあがるものに因りて、成りませる神の名は”ウマシアシカビヒコヂノカミ”』

この国の始まりは、春の始まりのようなものだったのかな?
心がうきうきと湧き立つような思い。それが春の予感。
国の始まりもきっと、とても心が弾む、嬉しい思いでいっぱいだったのね。

フーちゃんは、この頃”春の息吹”を感じています。
風や雲、お日様の光や空の色、鳥さんたち・・・・みんなが春が近いことをフーちゃんに教えてくれます。

だから、フーちゃんは春を探しに出掛けます。
b0238249_2183312.jpg

b0238249_219166.jpg

b0238249_2194579.jpg

b0238249_21102968.jpg

狛犬さんも、春を探しているみたいだったわ。
b0238249_21263989.jpg

春はまだ目には見えません。
でも、大切のものは、目に見えないことが多いのだって、いつか宮司さんが話してくれました。
だから、心で感じなくてはならないそうです。
フーちゃんは、今日しっかりと春の息吹を感じたわ
b0238249_21444953.jpg

by noshirohiyoshi130 | 2012-02-28 21:11 | 文月の社務日誌 | Comments(2)

古き暦の初午

日吉神社の社守猫”フーちゃん”です。

また、冬に逆戻り・・寒くなりました。
b0238249_22394045.jpg

今日は旧暦の初午。
稲荷神社で初午祭が行われました。

農家の人の話しでは、今年は雪が多かったから、お供えの人参を雪の下から掘るのも苦労したそうです。

あら!今朝の北羽新聞に、落語笑(ショー)の記事が載っているわ。
フーちゃんも、目を通します。
社守猫だから、神社のことは分かっていなくちゃね。
b0238249_22412377.jpg

あれれ・・日吉神社のことを『お猿の神社』って書いてるけど・・・・?
フーちゃん、一応訂正するわね。

日吉神社の神様、大山咋大神(オオヤマクイノオオカミ)のお遣いがお猿さん。お猿さんをご祭神としてお祀りしているわけではありません。

ところで、落語会で来訪の皆様に差し上げた、お猿の飴が好評です。
b0238249_22472881.jpg
良く見ると、表情が違うの!
b0238249_22485962.jpg

b0238249_22494054.jpg

b0238249_225099.jpg

b0238249_22505394.jpg

b0238249_22512918.jpg

フーちゃんの似顔絵も書いてくれないかな・・・
どの顔が良いかしら?
b0238249_2352291.jpg

b0238249_236450.jpg
b0238249_237199.jpg

by noshirohiyoshi130 | 2012-02-27 22:51 | 文月の社務日誌 | Comments(2)

古今亭菊千代さん

日吉神社の社守猫”フーちゃん”です。

昨日ここ長床で、古今亭菊千代さんの落語笑(ショー)が開催されました。
b0238249_19511870.jpg

三猿さんも、昨日は耳をふさがないで、落語を聞いたかしら?
b0238249_19532142.jpg

宮司さんが話してくれました。
フーちゃん、笑わずに聞いています。
b0238249_19124577.jpg

b0238249_19205072.jpg

一席目は『初天神』
生意気で減らず口をたたくけれど、何とも憎めない息子が父親に連れられて、天神様のお祭りに行くお話し。
お互いにああだこうだと言い合いながら、そこには親子のほのぼのとした愛情が感じられ、古き良き日本・・を感じさせます。
神社のお祭りの様子が活き活きと表現され、その賑わいや焼鳥や団子の匂いまで漂ってくるようでした。
みたらし団子を食べるシーンは、その描写のリアルさに皆大笑い。

休憩の間は、みんなで歌うコーナーが設けられ・・・
b0238249_19241699.jpg

早春賦
どこかで春がなどの春の歌
そして、昭和31年(申年)のヒット曲
ここに幸あり
ラジオ体操の歌
みんなで楽しく歌いました。
b0238249_19251247.jpg


そしてニ席目は『厩火事』
ぐうたら亭主と働き者の女房。惚れた弱みの女房は、亭主の愚痴ばかり言っても別れる気はなくて、オチはちょっとブラックユーモア的。
軽妙な会話が笑いを誘いました。

菊千代さんは、手話の落語も披露してくれました。
初めての試みでしたが、和やかで、とっても楽しい”新春落語笑(ショー)”になりました。

打ち上げも大いに盛り上がり、菊千代さんに目録を贈呈。
b0238249_1934024.jpg


宮司さんが帰った時は、フーちゃんはもうおやすみしていました・・・・
b0238249_19461124.jpg

実行委員の皆様お疲れ様でした。
そして菊千代さん、本当に有難うございました。
また、是非お会いしましょうね!
by noshirohiyoshi130 | 2012-02-26 19:34 | 文月の社務日誌 | Comments(2)

新春落語笑(ショー)

日吉神社の社守猫”フーちゃん”です。

2月も残り少なくなりました。
大安の土曜日なので、厄祓やお宮詣りの人が、沢山お参りにいらしてます。
フーちゃんも皆さんをお迎えするお手伝いをしています。
b0238249_21293736.jpg

b0238249_21275690.jpg


午後からは、古今亭菊千代さんの落語笑(ショー)が始まります。
みんな集まって来て、準備忙しそう・.
b0238249_747441.jpg

b0238249_209388.jpg

後はお客さんを待つばかり・・・・
b0238249_7483262.jpg

by noshirohiyoshi130 | 2012-02-25 21:16 | 文月の社務日誌 | Comments(0)

雛祭り

日吉神社の社守猫”フーちゃん”です。

今日は宮司さんがいなかったので、これ幸いとずーっと眠っていたの。
b0238249_19301331.jpg

そうして、午後になって起きてみたら・・・あらあ!お雛様が出ているわ。
b0238249_19325347.jpg

ちょっと、変わっているわね。良く見てみるわ。
b0238249_19345427.jpg

お猿さんのお雛様なのね。
日吉神社の神様のお遣いが”お猿さん”だから、なのね。

3月3日は”雛まつり”女の子の健やかな成長と末永い幸せを祈るお祭りです。
雛祭りには、桃の花を飾って、白酒や菱餅をお供えします。
”桃”には、邪気を祓う力があるそうです。

確かそのことが、昔むかしの”古事記”というお話の中にあったはず・・・
宮司さんに聞きに行こうっと・・・・・
b0238249_20125616.jpg


『火の神様を出産したことで、大火傷を負って、黄泉の国へ逝ってしまった奥さんのイザナミさんを、追いかけていったイザナギさんは、そこで身体中に雷がゴロゴロと気味の悪い音を立てている奥さんの醜い姿を見てしまいます。
そこで慌てて逃げ帰るのですが、こわーい醜い女の人が追いかけて来ます。イザナギさんは、カズラ(つるくさ)や神聖な櫛を投げて追手をかわし、最後に桃の実を3個投げると、不思議なことに、追手は恐れをなして逃げていってしまいました。
無事に逃げることが出来たイザナギ゙さんは、桃の実に”オオカムズミノミコト”と名づけ、”私を助けたように、これからも困っている人を助けなさい”と仰いました。』

ふーん。”桃”さんには不思議な力があるのね。
b0238249_2032854.jpg

さて、”お猿さん”が、ご縁で開催されることになった落語笑(ショー)は、いよいよ明日です。
b0238249_20542065.jpg

b0238249_2059675.jpg

菊千代さん、無事に能代に着いたかしら?
フーちゃんも聞きに行きたいけれど、入れてもらえるかな・・・
by noshirohiyoshi130 | 2012-02-24 19:40 | 文月の社務日誌 | Comments(2)

米代川の辺

日吉神社の社守猫”フーちゃん”です。

天気予報では今日はこれから雨が降って、気温も上がるそうです。
参道の雪も随分溶けて来ました。
b0238249_13335585.jpg

ハリー兄さんによると・・・
b0238249_13363863.jpg

米代川の辺、南側の斜面は雪も消え、少しだけ緑色の草も顔を出していたそうです。
土の匂いが懐かしかったって、ハリー兄さん言っていたわ。
b0238249_13383885.jpg

ところで、米代川の辺の木や草がすっかり伐り払われていたそうです。
これが先月の写真
b0238249_13402710.jpg

こちらが今日の写真
b0238249_13411624.jpg

この河原は、6月になるとヨシキリの大合唱が聞こえるのだけど・・・
雉さんも巣を作っていたはずよ。
みんな、大丈夫かな?ってハリー兄さん心配してました。
b0238249_13455824.jpg

by noshirohiyoshi130 | 2012-02-23 13:43 | 文月の社務日誌 | Comments(2)

今日は"猫の日”

日吉神社の社守猫”フーちゃん”です。

そこはかとなく、春の気配を感じます。
b0238249_1739187.jpg

25日(土)に行われる落語ショ―の準備です。
水道管が凍結。土の中の配管まで凍ってしまったんですって!
b0238249_1741730.jpg

寒い中、有難うございました。お陰さまで、落語ショ―を無事に迎えられるわね。
落語ショ―については、2月16日の記事を見て下さいね。

フーちゃんも、今日は外で過ごします。
b0238249_17425167.jpg

ここからの見晴らしは最高よ!
のびのび・・・して。
b0238249_1745428.jpg

桜さんにも、挨拶。綺麗に咲いてね
b0238249_17462987.jpg


b0238249_1747254.jpg

b0238249_17473981.jpg

b0238249_1935531.jpg

b0238249_19353354.jpg

ところで、今日は”猫の日”なんだって!
2月22日で、”ニャン ニャン ニャン”
NHKのアナウンサーがそう言ってました。
b0238249_1931353.jpg

まあ、わたしにはどうでも良いことだけどね・・
by noshirohiyoshi130 | 2012-02-22 17:48 | 文月の社務日誌 | Comments(2)

平成24年 嫁見まつり

日吉神社の社守猫”フーちゃん”です。

おはよう!
朝焼けです。まず、お参りしてきます。
b0238249_13433370.jpg

わたしが走るのが早かったのかしら?ちょっとピンボケね。

昨日は”嫁見まつり”の打合せがありました。
宮司さんに代わって、フーちゃんがお話します。
b0238249_14404764.jpg

”嫁見まつり”と言うのは、日吉神社の例祭”中の申祭”の宵祭に行われる奉祝行事のこと。
良縁を感謝し、或いは良縁を祈願し、花嫁衣装を纏った人々がお参りします。
優雅な嫁さんの行列を見ようと、多くの人が訪れます。

そこで、数年前から観光協会を中心に各種業界団体で協力して、お祭りを盛り上げようとしてくれています。

では、平成23年の”中の申祭の様子をご紹介しますね。
境内は新緑が眩しく、丁度八重桜が満開でした。
b0238249_14135970.jpg

”中の申祭”は天文2年旧暦四月中の申の日に、神様を奉安したことをお祝するお祭り。旧暦で行われます。昨年は5月16日・17日に行われました。

まず、宮司以下祭員が参進。
宵祭が始まります。
b0238249_14164432.jpg

境内では、裏千家淡交会青年部による呈茶や盆栽展・・・・
b0238249_14173675.jpg

”御神幸祭絵図”も公開されます。この絵図を見られるのは一年でこの時だけ。
b0238249_21112745.jpg

保育園児による雪洞の奉納・・・・
b0238249_14182015.jpg

五丁山庫開扉され、その前で”銭高組”による三味線と打楽器のコラボ演奏が間もなく始まります・・・
b0238249_14195690.jpg

のしろ白神ネットワークの皆さんによる、屋台・・・
昨年は東日本大震災の復興を願って、福島の物産展も開かれました。
b0238249_1422847.jpg

可愛い巫子さんに先導され・・
b0238249_14253122.jpg

いよいよお嫁さんの登場です!
b0238249_14272621.jpg

b0238249_14231626.jpg

子供たちも晴着を着てお参りです。
b0238249_14282236.jpg


境内は、全国から訪れた大勢の参拝客で賑わっていました。
b0238249_14345961.jpg


今年の”中の申祭”は6月3日・4日
”嫁見まつり”は3日(日)の夕方から、行われます。
これから、色々な情報を発信していきますので、宜しくお願いします。
b0238249_14414398.jpg

あーーー!フーちゃん、疲れちゃった・・・・・
by noshirohiyoshi130 | 2012-02-21 13:50 | 文月の社務日誌 | Comments(2)