秋田県 能代鎮守 日吉神社

hiyoshisan.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:文月の社務日誌( 728 )

お正月の準備

日吉神社の社守猫”フーちゃん”です

今朝はちょっと小雨模様でまだ暗いわ。冬至の前の今が一番日が短い時だものね。

お正月の準備も着々と進んでいるようです。
境内を散歩していたら、授与所の仮設ハウスとおみくじ掛けが出来上がていたわ。
b0238249_1448136.jpg

ここで、初詣の方々に新しい年のお神札や、御守、破魔矢など授与します。
b0238249_14533135.jpg

前にもお話したけれど、お家の神棚には伊勢の神宮さま「天照皇大神宮」と、氏神さまのお神札をお祀りしてね。

破魔矢は文字通り、魔を破るという縁起物。
神棚や床の間、玄関などに飾っておきましょう。

もういくつ寝るとお正月♪・・かな?
ああ、もう日が暮れる・・冷たい北風だわ。明日は雪になるかもね。
b0238249_16562045.jpg

by noshirohiyoshi130 | 2011-12-15 14:35 | 文月の社務日誌 | Comments(2)

有明の月

日吉神社の社守猫”フーちゃん”です

朝の7時です。お日供祭に行く宮司さんんについて外へ出てきたわ。
鳥居の上に、大きなお月さまがありました。
夜が明けても、空に残っている月を”有明の月”と呼ぶのだそうです。
b0238249_14573319.jpg


朝ぼらけ 有明の月とみるまでに 吉野の里に 降れる白雪 
                     ~坂上是則~

この歌は、”吉野の里に降る雪は、有明の月の光のように輝いて、清々しく美しいものだなあ”と、月になぞらえて吉野の雪を愛でた歌。有明の月を詠んだ歌は沢山あるそうです。

今日の能代に雪は降っていません。青く澄んだ冬の空高く、ぽっかりと月が浮かんでいました。
空気はきりりと冷たいけど、風がないので、お気に入りの場所で、しばらく月を鑑賞してから、朝のお散歩に出掛けます。私にも一首浮かぶと良いんだけど・・・
b0238249_14595446.jpg

b0238249_14221638.jpg

今日は何をして過ごそうかしら・・・
 
by noshirohiyoshi130 | 2011-12-14 18:20 | 文月の社務日誌 | Comments(0)

狛犬さんの続き

日吉神社の社守猫”フーちゃん”です

今朝は晴れたわね。風は無いけど寒そうだから、陽が昇るまでもう少しお部屋から外を見ているわ。
b0238249_10441849.jpg

もう一人の狛犬さんを紹介するわね。
今日紹介するのは、神社に向かって、左側の狛犬さん。
こちらは口を閉じて、角があります。
b0238249_1053158.jpg

右側の狛犬さんはこちら。口を開けています。
今日は雪のお帽子がないわね。
b0238249_10564090.jpg

狛犬さんは、元々は”獅子”で、インドから中国を経て、平安時代に日本に入り、「狛犬」という日本独特のかたちになっていったそうです。
私も狛犬さんのように、睨みを効かせてみたけど、どう?
b0238249_11125291.jpg

by noshirohiyoshi130 | 2011-12-13 11:13 | 文月の社務日誌 | Comments(0)

狛犬

日吉神社の社守猫”フーちゃん”です。

昨日に続いて242歳の狛犬さんのお話です。
雪のお帽子をかぶっていて、お鼻にも雪が積もって、お顔が良く見えないけど・・・
b0238249_17334071.jpg

江戸時代にこの狛犬さんを奉納した伊多波武助さんという人は、伊勢生まれの鉱山師。秋田と青森の県境、山奥深くの「長慶金山」を開発して、大金持ちになり、神社やお寺、それに秋田の殿様(佐竹さん)に沢山の寄付をしたそうです。

「長慶金山」は今はどこにあるか分からない幻の金山なんですって。
私にとっては、【猫に小判】だけれど、見つかったら今でも金が出るのかしらね?
見て!見て!私の目も☆金貨☆みたいでしょ!
b0238249_1954117.jpg

by noshirohiyoshi130 | 2011-12-12 17:31 | 文月の社務日誌 | Comments(0)

242歳の狛犬さん

日吉神社の社守猫”フーちゃん”です。

今日も雪です。
昨日お話した242歳の狛犬さんを紹介します。
この一対の狛犬さんの台座には明和6年 秋田伊多波氏 と彫られています。
秋田伊多波氏については、また今度お話するわね。
b0238249_1894278.jpg

今の季節はご社殿の南側から朝日が昇ります。空が茜色に染まっています。
b0238249_18112662.jpg

寒いけど、外の空気は気持ち良いわね。境内の空気はなんか他と違っているような感じがするわ。清々しいっていうのかな。でも足が冷たいから・・もう帰るわ。
b0238249_2274183.jpg

by noshirohiyoshi130 | 2011-12-10 18:07 | 文月の社務日誌 | Comments(0)

狛犬

日吉神社の社守猫”フーちゃん”です。

境内もついに雪化粧です。
まず、いつもの鳥居の台座に昇ってみたわ。
b0238249_2111513.jpg


雪も止んで、お日様の燦々とした光が、鳥居を照らしていました。何だか良いことが、ありそうな、清々しい気分です。
b0238249_20595655.jpg

夜になって又、雪が降って来ました。
家から一番近い狛犬さんに挨拶に来たわ。
江戸時代の明和6年に奉納された古い狛犬さんもいるのよ。もう242歳だわ!!
狛犬は邪気を祓う意味があるんですって。怖い顔してるけど・・私たちは仲良しなのよ。
b0238249_2054428.jpg

by noshirohiyoshi130 | 2011-12-09 20:55 | 文月の社務日誌 | Comments(0)

大雪

日吉神社の社守猫”フーちゃん”です。

今日も寒い一日でした。昨日は暦の上で「大雪」。
まだ積もるような雪は降っていないけれど、私,やっぱり冬は苦手。

皆さんに、私が大好きな境内を案内するつもりでいたけど、春が来るまでちょっと待っていてね。何しろ寒いし、それに何だかとっても眠くって・・・
b0238249_2112312.jpg


ちょっと気が早いけど、春の境内の様子をお見せするわね。
“予告編”ってやつね。楽しみにしていてね。
b0238249_21153293.jpg

by noshirohiyoshi130 | 2011-12-08 21:04 | 文月の社務日誌 | Comments(0)

お日供祭

日吉神社の社守猫”フーちゃん”です。

昨日までの嵐もおさまり、久しぶりに穏やかだったので宮司さんと一緒に外へ出て来たわ。
今は朝の7時。宮司さんはお日供祭に神社へ行きました。

毎朝早くからお詣りの人がたくさんいらっしゃいます。
きっと、今日一日を無事に過ごせますように、お祈りにくるのね。
私はここから、遥拝です。今日も一日、平和でありますように・・・
b0238249_17245541.jpg

by noshirohiyoshi130 | 2011-12-06 17:27 | 文月の社務日誌 | Comments(0)

チャリティー落語笑(ショー)

日吉神社の社守猫”フーちゃん”です。


能代市のプレミアム付商品券が販売され、あっと言う間に完売しました。

この商品券を買った人には、来年2月25日に日吉神社 長床で開催される『古今亭菊千代の新春招福チャリティー落語笑』の招待券が当たるかも・・・。
今朝の北羽新報にも書かれていたけれど、1月18日に抽選発表があるそうです。封筒は大切にとっておいてね。

ところで、古今亭菊千代さんという方は、女性で初めて真打になった人なんですって。
日吉神社の神様のお遣いはお猿さん。菊千代さんもサル年生まれ。それがご縁でチャリティー落語に出演してもらえることになりました。拝殿で神様をお守りしているお猿さんを奉納した方のご子孫が、このご縁を結んで下さいました。
b0238249_13445292.jpg

合間には、みんなで歌うコーナーも設ける予定です。
とっても楽しい落語会になると思いますよ。楽しみにして下さいね。
チケットは、来年に販売予定です。詳しいことは又連絡しますね。

以上、が語るおサルさんのお話でした。それにしても今日は一段と寒いわね。
b0238249_13504756.jpg

by noshirohiyoshi130 | 2011-12-05 09:27 | 文月の社務日誌 | Comments(0)

お正月の準備

日吉神社の社守猫”フーちゃん”です

師走に入り、神社も慌ただしそうで、外は冷たい雨だし・・・私は邪魔をしないように、おばあちゃんのそばでおとなしくしています。
それにしても、退屈だなあ。“猫の手”ならいくらでも貸してあげるのにね・・
b0238249_13403971.jpg


ちょっと早いけどお正月の準備のお話。
新しい伊勢の内宮『天照皇大神宮』(アマテラスオオミカミさま)のお神札と、氏神さま(地域の神様)をお祀りして、新年をお迎え下さい。古いお神札は、一年間お守りして頂いた感謝を込めて、神社へ納めましょうね。

神棚がなくて、これからお神札をお祀りしたい人へ、神宮奉製の神棚を差し上げています。
詳しいことは12月1日の北羽新報を見るか、神社へお問い合わせ下さい。
☎0185-54-1443
by noshirohiyoshi130 | 2011-12-03 13:34 | 文月の社務日誌 | Comments(0)