秋田県 能代鎮守 日吉神社

hiyoshisan.exblog.jp
ブログトップ

100歳の大鳥居 お疲れさまでした・・・

毎日、当たり前のように見ていたこの景色・・・
b0238249_19555039.jpg

誠に残念なことですが、明日からはこの景色が見られなくなりました。

平成28年8月11日昼 いつもお参りして下さる若いお二人が、社務所に来てこう言いました。
「鳥居に亀裂が入っているようですが・・」
b0238249_19592638.jpg

この姿を見たとき、一瞬心臓が止まるかと思いました。
b0238249_203269.jpg

b0238249_204074.jpg

「中貫」の中央に大きな亀裂が入っています。

毎朝、鳥居を見上げるのは習慣となっていますが・・・今まで全く気が付かなかった!
参拝客に万一のことがないように、規制線が張られました。
b0238249_2072825.jpg


すぐに駆け付けてくれた総代さんが、あちらこちらへ電話をいれますが、生憎と11日は今年から制定された祝日「山の日」、しかも、お盆前とあってなかなか連絡が取れません
それでも漸く建築会社の会長さんと連絡が付きました。

そして12日、朝8時半、大きなクレーン車がやって来ました。
b0238249_2011365.jpg

日吉大神様に、鳥居を撤去することをご奉告申し上げ、安全を祈願して早速工事に取り掛かりました。
b0238249_2013452.jpg

真っ青な大きな空に、クレーン車のアームがどんどんと伸びていきます。
b0238249_2014594.jpg

まず、笠木にベルトを回し、釣り上げます。
b0238249_20152467.jpg

b0238249_2016975.jpg

b0238249_20163892.jpg

そして、亀裂の入った貫を撤去します。
b0238249_2017392.jpg

b0238249_20202380.jpg

南側の柱にも亀裂が入っていることが分かりました。
危険なので、こちらの柱も取り外すこととなりました。

そして、午後には境内にはこんな風景が広がっていました。
b0238249_20581561.jpg


この鳥居は大正8年に建立されたもの。
その時からおよそ100年の歳月が流れようとしています。

昭和58年にこの地域を襲った日本海中部地震は、この鳥居にも大きな被害をもたらしました。
b0238249_20321135.jpg

その際に、色々と修繕を行ったようですが、100年の歳月には勝てなかったのでしょうか・・・

それにしても、日吉神社のお祭りも、七夕も終わり、そしてお盆前の一日・・・
神様はこれまで我慢して下さったのでしょうか・・・
お休みにもかかわらず、駆け付けて下さった多くの方々に、心からお礼を申し上げます。
そして、事故もなく怪我人もなく、ここまでの工事が無事に終わったことに感謝致します。

地上に置かれると、笠木の大きさに改めてびっくりします。
b0238249_20415696.jpg

100年間、風雪にさらされていたにも関わらず、今なお本当に綺麗な姿です。
御影石は、太陽の光を浴びてキラキラと輝いていました。

建築会社の方が口々に言っていました。
「100年前、大型クレーンもなかった時代、どうやってこれを持ち上げたんだろうね」
人間の知恵と力とは、本当にすごいものです。

そして、形のあるものは必ずいつか壊れるのだ・・ということも実感しました。
・・では永遠に壊れないものは何だろう・・・・?
永遠に続くものは・・・・?
考えさせられる一日でした。

今後は、総代さんはじめ神社関係者と、鳥居の再建に向けて協議を重ねて参ります。
皆様にもご協力をお願いすることもあるかと思います。
その時はどうぞ宜しくお願い申し上げます。

それにしても・・・
寂しい・・・心にぽっかりと穴があいたようです・・・
b0238249_20565412.jpg

by noshirohiyoshi130 | 2016-08-12 21:02 | 文月の社務日誌 | Comments(0)