御神幸祭絵図の勉強会が開催されました

空気が澄んでいます。
b0238249_1938157.jpg

雲ひとつない青空。眩い五月の光と新緑。
境内ではツツジが咲き始め、一年で一番美しい時を迎えています。
b0238249_1931170.jpg

b0238249_19313915.jpg

b0238249_19321295.jpg

トチの葉は大きく育ち、白い花を咲かせています。
b0238249_1935185.jpg

b0238249_20185734.jpg

そして、今年は芽吹きが遅くて心配していた”赤ちゃんトチの木”がようやく目覚め、小さな葉っぱをつけました。
b0238249_1936242.jpg

お母さんトチの木の懐に抱かれて、すくすくと成長中です。

さて、一昨日能代市の旧料亭”金勇”で、明治26年に日吉神社に奉納された坂本慶斎画「日吉神社の御神幸祭絵図を読み解く」という、勉強会が行われました。
b0238249_19593327.jpg

その時の様子が今朝の北羽新聞に、大きく取り上げられました。
b0238249_19414298.jpg

お客様の中には、”能代まち歩き案内人の会”の方々も多数いらっしゃいました。

この方たちは、”中の申祭 嫁見まつり”の時に、御神幸祭絵図をはじめ、日吉神社の歴史や五丁山、お神輿などの案内をするミニツアーを開催して下さいます。
”御神幸祭絵図”は、中の申祭の期間中、長床で一般公開致します。
b0238249_20105137.jpg

一年に一度の機会ですので、お見逃しなく!
b0238249_20192834.jpg

by noshirohiyoshi130 | 2016-05-14 20:20 | 文月の社務日誌 | Comments(0)