秋田県 能代鎮守 日吉神社

hiyoshisan.exblog.jp
ブログトップ

雉始めて雊く(きじはじめてなく)

二十四節気の”小寒”の末候は「雉はじめて雊く」
オスの雉が、メスに恋をして鳴きはじめる頃。

日吉神社の境内でも、雉はあちらこちらに出没。
b0238249_15205496.jpg

b0238249_15211553.jpg

慌てて竹藪に逃げ込む姿は、なんともユーモラスです。

さて、穏やかだった今年のお正月。
境内が本格的に化粧したのは、1月10日でした。
b0238249_15225723.jpg

平成28年の”主役”のおサルさんも、雪化粧
b0238249_15242694.jpg

そして、12日 久しぶりに青空が広がりました。
b0238249_1526625.jpg

この頃、我が家の前に集まってくるのはスズメたち。
ツツジの植込みは、風除けの絶好の隠れ場所の様子。
b0238249_15272884.jpg

そして、こちらの気配を覗っています。
b0238249_1528660.jpg

b0238249_15284914.jpg

スズメには人間を識別する能力があるみたいです。
一度古くなったお米をまいてあげたら、私の姿を覚えてしまったようです。
b0238249_15332031.jpg

社守猫フーちゃんがいたら・・・
b0238249_1536158.jpg

こうはいかなかったでしょうね。
b0238249_15423196.jpg


神社では、お正月のご祈祷も一段落。
今日は小正月。どんど焼など様々な行事が行なわれる時です。

日吉神社では、古いお札や締め飾りなどを燃やす”焼納祭”は1月24日(日)午前9時から五丁組の方々のご奉仕に依って行なわれます。
b0238249_15441262.jpg

一年間ご加護をいただいた御神札やお守りは感謝の気持ちを添えて、神社へ納めて下さいね。
by noshirohiyoshi130 | 2016-01-16 15:51 | 文月の社務日誌 | Comments(0)