秋田県 能代鎮守 日吉神社

ブログトップ

向能代稲荷神社に小学生が勉強に訪れました

能代市街と米代川を挟んで丁度向かいにある地域”向能代”
橋を渡ってすぐのところに、向能代の鎮守さま”稲荷神社”が鎮座しています。
b0238249_17513163.jpg

今日は、向能代小学校二年生がふるさと探訪でやってくることになっています。
総代さんが、参道のお掃除をしてくれています。

稲荷神社の神様のお遣いは”狐”
ここでは、狛犬でなくお狐さんが参拝者をお迎えします。
b0238249_17535542.jpg

礼儀正しい子供達、きちんとご挨拶をしてくれました。
総代さんから神社の歴史や社殿に72もあるという絵馬のお話を、真剣に聞いています。
b0238249_17553348.jpg


「お祭というと何を想像しますか?」と、尋ねると・・・
子供達は元気よく「お神輿」「綿あめ」「金魚すくい」などと答えてくれました。
総代さんはこう言いました。
「神社で行なわれるお祭りというのは、神様にたくさんのご馳走をお供えして”神様に守っていただいていることに感謝して、これからも末永く、守って下さい”と、お願いすることなんだよ」
子供たちは、ちょっとびっくりしたようでした。

そのあと絵馬を見学。
b0238249_1756434.jpg

b0238249_1801783.jpg
b0238249_180366.jpg

どれも大漁を喜び、感謝して奉納されたものです。
大きな鯛ですね。
b0238249_1813611.jpg

この絵馬は、江戸時代の廻船商人 高田屋嘉兵衛の船を復元したものだそうです。
b0238249_1863885.jpg

b0238249_1882233.jpg

最後に、社殿の前の立派な彫刻を見学。
b0238249_189791.jpg

阿吽の獅子頭、波をかき分け勢いよく跳ねる鯉。
そして屋根を持ち上げる力士像。
b0238249_18131343.jpg

子供達の興味は尽きないようでした。

故郷を愛する心、こんな機会に育んでくれると良いですね。
by noshirohiyoshi130 | 2015-09-28 18:14 | 文月の社務日誌 | Comments(0)