秋田県 能代鎮守 日吉神社

hiyoshisan.exblog.jp
ブログトップ

平成27年 神幸祭 その②

祭の翌日、地元の北羽新報社に大きく掲載されました。
b0238249_954276.jpg

記者さんは、朝から晩まで神輿御渡に密着し、丁寧に歴史を調べ、関係者にインタビュー。
日吉神社の歴史と神幸祭の意義ををとても分かりやすく紹介してくれました。

翌日、編集者へお礼の電話をしたところ、こういう記事を書くことが先代宮司との古い約束だったとか・・
20年近くの時を経て、実現したのですね。

さて、5時に御旅所を出発したお神輿は、五丁組の若衆に担がれて帰路につきます。
途中、大町稲荷神社前で、大町駐輦祭が行なわれ祝詞が奏上されます。
b0238249_10112263.jpg

ここは清水次郎兵政吉屋敷跡。
日吉大神様を始めて祀ったのが、この清水次郎兵政吉だと言われています。
神事の後、ここで初めて神輿の提灯に明かりが灯されます。

往路と復路の神輿の違い分かりますか?
b0238249_10185565.jpg

b0238249_1004485.jpg


さて、お神輿は午後6時過ぎに無事に神社へと戻って来ました。
b0238249_10202795.jpg

b0238249_10214911.jpg

b0238249_10241593.jpg

b0238249_10233868.jpg

勇壮な蔵入りを見ようと大勢の人が、お神輿の後に従います。
b0238249_1032259.jpg


b0238249_10424073.jpg

b0238249_10351688.jpg

b0238249_1037484.jpg

本社を三巡して、無事に神輿蔵へ奉安しました。
b0238249_10382782.jpg

神幸祭は、氏子さんの住む地域を通って神様を元つ宮地にお連れする神事。
地域安寧、家内安全などの祈りが込められています。
皆さまに大きなご加護がありますように。
by noshirohiyoshi130 | 2015-07-31 10:53 | 文月の社務日誌 | Comments(0)