平成27年 神幸祭 その①

7月26日 神幸祭の宵祭が始まります。
b0238249_1957677.jpg

b0238249_19493787.jpg

綺麗な夕焼空。台風は温帯低気圧に変わった模様。
明日の天気は良さそうですね。
b0238249_2010266.jpg

夜になりました。町内を丁山が巡ります。
b0238249_19591497.jpg

b0238249_2002553.jpg

老舗のお風呂屋さんにぼんぼりが燈ります。
b0238249_201958.jpg

b0238249_2021353.jpg

 
7月27日 清々しい朝です。
b0238249_202573.jpg

b0238249_20351268.jpg

朝の5時 ハリー兄さんの散歩も涼しいうちで快適!
b0238249_2043627.jpg

線路脇には丁山が待機しています。
b0238249_19541385.jpg

b0238249_206340.jpg


神輿の担ぎ手や猿田彦行列の子供たちが集まって来ました。
b0238249_20131716.jpg

b0238249_2013492.jpg

10時 発輿祭。
b0238249_20122540.jpg

のろしと共に威勢よく音頭あげが行なわれます。
b0238249_2081768.jpg

さあ、いよいよ神輿渡御が始まります。
b0238249_20173344.jpg

b0238249_20182562.jpg

神輿のあとに宮司には人力車が続きます。
b0238249_20201662.jpg

先に行くのは、天狗のような面をつけた”猿田彦”
格年さんが案内します。
b0238249_20213121.jpg

b0238249_20234339.jpg

五丁山があとを続きます。
b0238249_20242399.jpg

そして無事に御旅所に到着。
b0238249_2026594.jpg


江戸時代から連綿と続く日吉神社の神幸祭。

神輿の担ぎ手は往路・復路を合わせると約170名。猿田彦行列 60名。
五丁山の引き手は300名ほどでしょうか。
その他、交通指導隊や消防団、警察署、消防署の皆さまなど、本当に大勢の氏子さんに支えられて、無事に終えることが出来て感謝の気持ちでいっぱいです。

勇壮な夕くねりのご紹介は、もう暫くお待ち下さい。
この続きは、また明日!
by noshirohiyoshi130 | 2015-07-30 20:48 | 文月の社務日誌 | Comments(0)