秋田県 能代鎮守 日吉神社

hiyoshisan.exblog.jp
ブログトップ

長床では花の下茶会の準備が始まりました

日吉神社の社守猫フーちゃん、改め”文月”です。

境内の木々も緑に装い始めました。
b0238249_1248997.jpg

海棠の蕾も濃い桃色に染まり、開花を待ちわびています。
b0238249_12485869.jpg


明日、昭和の日には日吉神社”長床(ながどこ)”で、恒例の“花の下茶会”が開催されます。
今年のお当番を務めてくださるのは、山方社中の皆さま。

朝から準備が始まっています。
b0238249_12515295.jpg

”長床”というちょっと聞きなれないこの言葉。
とても古い言葉で、平安時代中期の言葉だそうです。
今でも秋田県・岩手県の一部では、神社の参篭所、休憩所としての施設を”長床”と呼びます。

名前のとおり、長い建物。
b0238249_1310286.jpg

60畳の長い部屋です。
b0238249_12555097.jpg

フーちゃんも、良く遊びに行っていましたね。
b0238249_1362040.jpg


日吉神社の中では、昭和24年の第一次大火を免れた唯一の建物。
玄関で迎えてくれる、なんともレトロな屏風は、昭和2年に奉納されたものです。
b0238249_125725.jpg


この長床は、まもなく行なわれる中の申祭 嫁見まつりでは、お嫁さんの集合場所として使われます。
b0238249_12582872.jpg

b0238249_12585757.jpg

御神幸祭絵図もこちらで、公開。(中の申祭時)
b0238249_1303032.jpg


さて、例年ですと満開の桜の花のもとで行なわれるお茶会。
今年は新緑のもとに開催されることになりそうです。
お茶会は9時半から。
当日券もありますので、どうぞお気軽においで下さい。
by noshirohiyoshi130 | 2015-04-28 13:19 | 文月の社務日誌 | Comments(0)