秋田県 能代鎮守 日吉神社

hiyoshisan.exblog.jp
ブログトップ

日吉神社は西向きの神社

日吉神社の社守猫フーちゃん、改め”文月”です。

春になったなあ・・・
在りし日のフーちゃん。3年前の今日の姿です。
b0238249_19074600.jpg
あの頃は、お日供に行く宮司さんをここでお見送りしたものです。
狛犬に負けないくらい凛として。
b0238249_19095397.jpg
この季節になると朝7時には、太陽はもうすでに高くのぼっています。
b0238249_19121373.jpg
南または東向きの神社が多いと言われますが、日吉神社は西向き。
だから、神社に向かう時は朝陽が眩しく、逆光で社殿が見えないこともあります。
理由は良く分かりませんが、元の宮地の方を向いているからとも、ご神体を奉戴した海の方を向いているからとも言われます。

神社の向きと言えば、先日、北羽新報社の”読者の声”にこんな投書がありました。
62歳の男性の方からです。
転載させて頂きます。

【心の鏡を気をつけて】
「暇を見てはよく早朝、日吉神社に足を運んでいます。いつものように行くと先の人が丁寧に神様と語り合っているのか長いので、何気なく後ろを振返ったところ初めて気がついたことがありました。
拝殿から鳥居に向かって参道が真直ぐに能代警察署がすっぽりと鳥居の中に見えるのです。不思議な光景です。神に祈る心の後ろには世の中のルールの物差しである警察署があるとは。それでふと祈る前に自分の普段の言動や行動、人の為に尽くしているのか、後ろから肩をトントンとたたかれているように感じました。最近、自ら命を絶つ人が全国でもこの地域でもおり、確かに難しい社会ではありますが、ちょっとでも他人を気に掛けたり思いやる気持ちが皆の心の中に根付いていたらと思わずにはいられません。ひとりひとりが色々悩み苦しむことが多いのは確かですが、今までの自分の後ろ(過去)を見て見ませんか?地域には寺や墓、神社があります。せっかくある心のよりどころに行ってみませんか。そして鳥居をくぐる人に少しでも笑顔が増えますように。私も心の鏡をいつも気に掛けていたいと思います。」

この投書を読んでふっと明治天皇の御製を想い出しました。
    【榊葉にかけし鏡をかがみにて
       人もこころを磨けとぞ思ふ】

朝のお詣りは本当に清々しい気持ちになります。
境内に聞こえるのは、鳥のさえずりだけ。
鈴の音が、とても澄んで聞こえます。
そして、心も清められ行くのだと思います。
b0238249_19515577.jpg
さて、今日は雲ひとつない青空。
春の日差しがキラキラと輝いています。
スイセンもいっぱい咲きました。
b0238249_19285769.jpg
桜のツボミもピンク色に染まります。
b0238249_19304697.jpg
梅の花も咲きました。
b0238249_19313721.jpg
夕方、西向きの神社の鳥居は茜色に染まります。
今日の穏やかな一日に感謝です。
b0238249_19534378.jpg











by noshirohiyoshi130 | 2015-04-09 20:09 | 文月の社務日誌 | Comments(0)