秋田県 能代鎮守 日吉神社

hiyoshisan.exblog.jp
ブログトップ

狛犬さんの話

日吉神社の社守猫フーちゃん、改め”文月”です。

立春の朝。
b0238249_18464205.jpg
夜のうちにまた、雪が降りました。
でも、今日が立春と思うと心なしか暖かく感じます。

今朝も米代川までお散歩に行ったハリー兄さん
b0238249_18484928.jpg
「白鳥さんに会ったよ!」と、嬉しそうです
b0238249_18500138.jpg
米代川の水面から、白神山地の方へ飛んで行きました。
b0238249_18513097.jpg
今日の白神山地はこんな感じ。余り良く見えません
b0238249_18522055.jpg
神社へ戻ると、毎朝のごとく狛犬さんが迎えてくれました
b0238249_18532727.jpg
境内の入口の大きな狛犬さんは大正時代のもの
b0238249_18544183.jpg
b0238249_18552970.jpg
狛犬の源流は、古代オリエント文明の獅子であると言われ、形を変えながらシルクロードを通って、日本へは朝鮮半島を経て伝わったものと考えられます。

一方が口を開け、もう一方が口を閉じているのが一般的。

そして、参道をまっすぐ歩いて行くと、社殿の前にあるのがこちらの狛犬。
社殿に向かって右の狛犬・・口を開けています。
b0238249_19015090.jpg
そして、左の狛犬
b0238249_19025444.jpg
こちら一対の狛犬は、江戸時代(明和6年 1769年)に、伊勢生まれの伊多波氏に依って奉納されたもの。

境内では一番古い狛犬。かれこれ246歳と言うわけですね。






by noshirohiyoshi130 | 2015-02-04 18:44 | 文月の社務日誌 | Comments(0)