朔風葉をはらう

日吉神社の社守猫フーちゃん、改め”文月”です。

境内の木々はすっかり裸木になりました。
b0238249_20393322.jpg
良く晴れた冬の空。
空高く渡る白鳥の声が、聞こえて来ます。

二十四節気の”小雪”の次候は”朔風葉をはらう”
朔風とは、北風・木枯らし・・・初冬に吹く冷たい風のこと。

栃の木も、全ての葉を落として冬支度。
b0238249_20431684.jpg
赤ちゃんトチも、おやすみしたようですね。
b0238249_20441952.jpg
12月はもうすぐそこ。
神社では、正月の準備が着々と進められています。

こんな冬景色を見るのも、もうすぐですね。
b0238249_20474634.jpg
b0238249_20484925.jpg
12月1日は、今年最後の月始祭。
9:00~9:30、どなた様でも昇殿参拝出来ますので、お気軽にお参り下さい。



by noshirohiyoshi130 | 2014-11-29 20:52 | 文月の社務日誌 | Comments(0)