ブログトップ

秋田県 能代鎮守 日吉神社

天空の不夜城 と 伝統の役七夕

日吉神社の社守猫フーちゃん、改め”文月”です。

平成26年8月3日・4日 
第二回 ”天空の不夜城”が開催されました。
夕暮と共に、国道101号線の会場に人が集まってきます。
b0238249_09075920.jpg
動く灯篭としては、日本一の高さを誇る”天空の不夜城”
その高さは、何と24メートル!
b0238249_09104550.jpg
手前から、24メートルの新作の不夜城、昨年製作5丈8尺(17.6メートル)、伝統の役七夕。
b0238249_09161122.jpg
人影からもその大きさは歴然。
約1時間かけて、国道101号線を運行しました。

さあ、6日・7日には、待ちに待った伝統の”役七夕”が開催されます。
b0238249_09312469.jpg
b0238249_09315755.jpg

役七夕は江戸時代から続く伝統あるお祭り。
炎暑の眠気を覚まし、厄病祓いに灯篭を燃やして川に流し、秋の豊作を願ったお祭です。

平成26年の当番は清助町組。
今年は、枝丁の”馬若”と”御若”が合同運行し、15年ぶりに二基の灯篭の運行となります。

日吉神社の神幸祭に供奉する丁山に”恵比寿様”をご神像と祀る”清助町組”。
港町として栄え、日吉神社のご神体を最初に奉安したなど海との縁が深く、”清若”のシャチは澄み切った海の色をしています。

b0238249_09434077.jpg
シャチの形も、胴腹がどっぷりと太い形なのだそうです。
(写真は平成21年のもの)

台風の影響で、お天気が心配ですが・・・
どうか安全に運行されますように!






by noshirohiyoshi130 | 2014-08-06 09:49 | 文月の社務日誌 | Comments(0)