建国記念日には青空が広がりました

日吉神社の社守猫フーちゃん、改め”文月”です。

建国記念日の朝、清々しく晴れました。
日の丸の国旗には、青空が似合います。
b0238249_16482692.jpg
カムヤマトイワレビコ命が、兄のイツセ命とともに日向の国から東へ向かって旅立ち、様々な困難を克服して国を平定し、奈良の樫原神宮で第一代天皇として即位されたと言われる日。
今から2673年前のことと言われます。

かつては"紀元節"と言われていましたが、戦後に廃止されます。
その後、昭和41年に「建国記念の日」として制定され、翌年から国民の祝日として実施されました。

北西の風に乗って、青空が海の方からひろがって来ました。
b0238249_16533278.jpg
白神山地は朝陽に映え、五能線の列車がその山並に吸い込まれて行きました。
b0238249_16545912.jpg
b0238249_16553292.jpg
b0238249_16555030.jpg
宮司さんは、ちょっと離れたお山の上にある神社へ。
150段近くの石段を昇ると、狛犬さんがお迎えしてくれました。
b0238249_16571419.jpg
雪のしたからバッケ(ふきのとう)が顔をのぞかせていたそうですよ。
b0238249_16583623.jpg
春が来るのが待ち遠しいですね。
b0238249_17034503.jpg

by noshirohiyoshi130 | 2014-02-11 17:06 | 文月の社務日誌 | Comments(0)