中の申祭 嫁見まつりの打合せ

日吉神社の社守猫フーちゃん、改め”文月”です。

雨の朝です。
b0238249_20165549.jpg

社殿に近く堂々とそびえるご神木。トチの木。
b0238249_2020218.jpg

昨年、ここに誕生した新しい命が、今年も小さな葉をつけました。
b0238249_20211889.jpg

桜も咲かず、立夏をとっくに過ぎても新緑もまだ芽吹かない今年。
季節に、久しぶりにわくわくする出来事です。

そして、こちらは5月7日 大潟村の桜並木。
b0238249_20244180.jpg

やっと、満開の桜を見ることが出来ました。
菜の花も満開でした。
b0238249_20264578.jpg


さて、8日には嫁見まつりの打合せ会が行われました。

中の申祭は、天文二年四月 中の申の日に神様を奉安したことをお祝いするお祭りです。

古来より、この祭礼には初嫁さんが、良縁に感謝し末永い幸せを祈って正装をして、また女の子は晴着を纏って神社へお参りしました。
現在は、宵祭は「嫁見まつり」と呼ばれ、花嫁行列が参道を進み、神社へお参りします。
b0238249_20433979.jpg

b0238249_20414897.jpg

今年も、昨年と同様に盆栽展・お呈茶・各種屋台やコンサートが行われます。

花嫁さんたちはその後、能代の街(柳町)へ移動し、そちらでは富くじ抽選会や餅まきなどが行われます。

平成25年中の申祭は、5月29日(水)・30日(木)
”嫁見まつり”は5月29日の午後6時から。
境内のイベントは午後4時から開始です。
b0238249_20532425.jpg

b0238249_21163455.jpg

(平成24年の祭りの様子です)
by noshirohiyoshi130 | 2013-05-11 20:32 | 文月の社務日誌 | Comments(0)