秋田県 能代鎮守 日吉神社

ブログトップ

中の申祭 嫁見まつりの準備

日吉神社の社守猫フーちゃん、改め”文月”です。

秋田市では桜が開花したそうですが、能代の桜はまだ固い蕾です。
b0238249_20302174.jpg


宮司さんは、『嫁見まつり』打合せの為に、能代観光協会・能代市の観光課などへ出掛けて行きました。

平成25年5月29日・30日には日吉神社の例祭『中の申祭』が斎行されます。
『中の申祭』は、天文二年旧暦四月二番目の申の日に、神様を奉安したことを祝う、日吉神社の大切なお祭り(例祭)
b0238249_20431132.jpg


29日の宵祭に併せて、『嫁見まつり』が行われ、全国からの多くの参拝客で賑わいます。

日吉神社の神様は、”縁むすび”の神様。

遠い昔からこの祭典日には、嫁いだ女性は良縁に感謝し、若い女の子も、晴着をまとって、神社にお参りしました。

一説には、お母さん達はそんな女の子の中から息子のお嫁さんを探そうと、”嫁を見に”来たとも言われます。

これは、平成24年のお祭りの様子
b0238249_20352771.jpg

b0238249_21142578.jpg

b0238249_20555961.jpg

境内では、お抹茶席や、東日本大震災復興支援の物産展や屋台。
b0238249_215447.jpg

b0238249_2181336.jpg


奉納コンサートがおこなわれました。
b0238249_20552290.jpg

b0238249_20571548.jpg


平成25年の中の申祭は、5月29日・30日。
29日が宵祭で、『嫁見まつり』は6時からが行われます。
詳細が決まり次第、ご案内しますね。
b0238249_2185374.jpg

このお祭りは、旧暦で行われますので、年毎に月日が変わりますので、ご注意下さい。
by noshirohiyoshi130 | 2013-04-26 20:43 | 文月の社務日誌 | Comments(0)