秋田県 能代鎮守 日吉神社

hiyoshisan.exblog.jp
ブログトップ

お猿の神主さん

日吉神社の社守猫フーちゃん、改め”文月”です。

穏やかな朝です。
風が変わりました。待望の東からの風です。

”七十二候”の「春」は「東風凍りを解く(とうふうこおりをとく)」から始まります。
東からの風は、春を告げます。
b0238249_2041515.jpg

そして、気温も上がり、雪解けがぐんぐんと進みます。
b0238249_20434827.jpg


さて、今日は宮司さんがお友達から頂いた旅の土産をふたつほどご紹介。

まず、伊勢からの”おかげまいりの犬”
b0238249_20453239.jpg

b0238249_213589.jpg

うわあ!ハリー兄さんにそっくりですね!
b0238249_20461214.jpg

”お陰参り””伊勢詣り”は、俳句では春の季語。

江戸時代に庶民の間で、流行った”お伊勢参り”は、季節の良い春に盛んに行われたそうです。
現代と違って自由に旅をすることが出来なかった時代。
江戸から片道15日かかった伊勢神宮参拝の旅は通行手形が認められ、庶民の憧れでした。

覚えていますか?
能代からお伊勢参りをした犬のお話し。
そして、その犬が持って帰って来たお神札と、沿道の人からの浄財で、日吉神社の境内に”神明社”が建立されたこと。(平成24年3月28日の社務日誌をご覧下さい)

もう一つは、安芸の宮島 厳島神社へお参りをした方からのお土産。

なんとも愛嬌のある、お猿さんの神主さん。
宮島張り子は、宮島にいる野生の鹿や猿、嚴島神社に奉納される舞楽などがあり、全て手作りだそうです。
b0238249_20564173.jpg

b0238249_212389.jpg

この神主さんにお祓いしてもらったら、効き目あるかなああ・・???
b0238249_21411763.jpg


時々雨も降って、雪解けは一気に進みました。
b0238249_21729100.jpg

夕暮も、穏やかでした。
b0238249_218665.jpg

by noshirohiyoshi130 | 2013-03-06 20:58 | 文月の社務日誌 | Comments(1)
Commented by かごやのひろし at 2013-03-07 04:35 x
日本は最近、隣国におしまくられっぱなしです。領土問題、歴史問題など。 歴史的に日本は隣国に過去に悪いことばっかりしたのでしょうか。領土問題については、日本は平和憲法でしばられているのだから、何をしようが、仕返しを受ける心配のない国だとつけこまれてる気さえします。国家の威厳を保つには隣国にあなどられない武力が必要なのではないでしょうか。お兄ちゃんにげんこつをみまわれるとおもえば、弟たちもうかつなことをいわなくなると思います。日本が相変わらず自国の防衛に米軍をたよりにしているようでは靖国に眠るご先祖も嘆くことでしょうし、戦後もおわってないということだと思います。