明日は月始祭・厄祓祭です

日吉神社の社守猫フーちゃん、改め”文月”です。

早いもので、1月も今日でおしまい。
この頃、お天気はめまぐるしく変わります。
社殿の後の森吉山から、綺麗な朝陽が昇ったかと思えば・・・
b0238249_11321893.jpg

b0238249_11454751.jpg

ハリー兄さんのお散歩の時には、もう雪が降り・・
b0238249_11332985.jpg

県社 日吉神社の文字がくっきりと浮かび上がります。
b0238249_11345920.jpg

昔は、神社にも「社格」という”位”があったそうです。
古代律令 飛鳥時代から、色々な変遷をたどり、ずっと続いてきた社格制度は、敗戦とともに、GHQの神道指令により廃止となりました。

日吉神社は明治時代に「縣社」と言う格付をされていたそうです。
これは、大正8年に奉納されたもの。

平成14年~17年「平成黎明会」「平成明友会」「平成研鑽会」「平成米代会」の合同厄祓の皆様による奉納ドウダンツツジの生垣も、すっかり埋もれてしまいました。
b0238249_1131463.jpg

b0238249_1136238.jpg


さて、社守猫”文月”より真面目なご案内。
b0238249_11402717.jpg

明日は9時から月始祭。
どなた様でも参列出来ます。
月始祭では、祝詞奏上のあと、参列者全員で”大祓詞”を奏上しています。
どうぞお気軽にお参りして下さい。


そして、明日は厄祓祭。

一中・二中・東雲中の33歳の女性と42歳の男性による合同厄祓祭はキャスルホテル能代を会場として2時半から。
又、一中・二中の合同還暦年祝祭はプラザ都を会場として4時から。

会場の準備も整いました。
b0238249_2117943.jpg

社殿でも個人のご祈祷が続きます。
宮司さんは忙しくなりそうですね。
by noshirohiyoshi130 | 2013-01-31 11:46 | 文月の社務日誌 | Comments(0)