秋田県 能代鎮守 日吉神社

ブログトップ

雪の山

日吉神社の社守猫フーちゃん、改め"文月”です。

真冬日が続きます。
b0238249_21454972.jpg

街角には雪の山。視界が悪くてとても危険です。
b0238249_21445077.jpg

今日は歩道も綺麗に除雪されていました。
「でも、ツルツル滑って怖かったよ」と、ハリー兄さん。
b0238249_2147135.jpg

雪をいっぱい乗せた軽トラックが、走って行きました。
b0238249_21483517.jpg

米代川も凍結。
b0238249_21495570.jpg

支流では、白鳥や鴨が羽を休めていました。
b0238249_21492615.jpg

b0238249_21581891.jpg


明日は山の神様のお祭り。
通常、”山神祭”は12月12日に行われます。
でも、かつて"木都のしろ”として材木で栄えた能代では、12月は出荷が間に合わず、お祭りをしている暇がありませんでした。
そこで、一か月遅れの1月12日に新年会を兼ねて、盛大に山神祭を行っていたそうです。
今でも老舗の木材会社は、昔どおりに沢山の供物を捧げ、丁寧にお祭りを行っています。

山神祭の日は大抵荒れ模様。
明日は余り荒れないと良いですね。
b0238249_2243361.jpg

by noshirohiyoshi130 | 2013-01-11 21:53 | 文月の社務日誌 | Comments(2)
Commented by かごやのひろし at 2013-01-12 17:05 x
毎日のように、ここや『はかりやはるちゃん』のところで能代の冬景色を楽しんでおります。子供のころは雪が降るとうれしかったものですが、歳とともに寒さが苦手になってしまいました。 

毎週土曜日、NHK ラジオで『ぼやき川柳』を聞いておりますが、能代のアトムさんという投稿者がいて、大変お上手で、そっちゅう採用されております。 今日の番組で、神社の厄年の厄払いのことが話題になりましたが、高齢社会になったこんにち、高齢者の厄年もあってはよいのではということが話題になっておりました。 普通 50,60台くらいまででしょうか。
Commented by noshirohiyoshi130 at 2013-01-12 22:05
男性は42歳・女性は33歳でまず厄年を終えます。その後は、還暦や古希、喜寿などと喜びのお祭りが続きます。
人生節目の年齢にお詣りするのは、大切なことだと思います。
私は成人式こそ、神社にお詣りして頂きたいと思っています。
ここまで無事に成長し、成人となれたことに感謝し、今後の自分が果たすべき責任・その覚悟を神様の前で誓い、更なるご加護を祈って頂きたいものです。
因みに行政主体で成人式をディズニーランドで成人式を行うのだけは、止めて欲しいと思っているのですが・・・