秋田県 能代鎮守 日吉神社

hiyoshisan.exblog.jp
ブログトップ

小雪

日吉神社の社守猫フーちゃん、改め”文月”です。

今日は二十四節気の”小雪”。
太陽の黄経が240度に達する時で、寒さも加わり雪も降るようになると言われます。
そして、暦の通り、今年一番の冷え込みです。
b0238249_19464624.jpg

各地で初氷・初霜を観測しました。
b0238249_19473910.jpg

b0238249_1948357.jpg

能代では、それほどの冷え込みもなく、朝は雲間から少しだけ日差しがこぼれていました。
太陽が昇るのは、社殿からずっと南の方に移って来ています。
b0238249_19501874.jpg

さて、明日は全国津々浦々の神社で”新嘗祭”が斎行されます。
新嘗祭とは、その年の新穀を神様にお供えして、収穫を感謝するお祭りです。
昔の人は、新嘗祭で神様にお供えする前には、新米を頂かないものでした。

宮中の”神嘉殿”に於いては、天皇陛下御自ら皇室のご祖先さまを始め神々に豊穣を奉告されます。

現代は明日は"勤労感謝の日”という祝日です。
誰が誰に対して"勤労”を感謝するのでしょうね?
”新穀感謝祭”と言った方が、分かりやすいと思うのですが・・・

新嘗祭は、アマテラスオオミカミ様がお孫さんのニニギノミコトさんを、葦原中津国(あしはらなかつくに)にお遣わせになる時に、高天原で育てていた稲穂をお授けになったことが起源とされます。

『吾が高天原にきこしめす斎庭(ゆにわ)の稲穂を以って、また吾が児にまかせまつるべし』(齊庭の稲穂の神勅)
お米は、日本人にとってとてもとても大切なもの。
それは神様から頂いたものなのです。

ああ・・・ごめんなさい。
フーちゃん、改め文月になっても・・・・・やはり睡魔には勝てませんでした・・・・
b0238249_20184629.jpg

「僕をずっと聞いていたぞ」、とハリー兄さん。
「TPPのことだって考えているんだぞ!」
b0238249_205876.jpg

はい、難しいお話は今度からハリー兄さんにお任せしますね・・・
b0238249_20252498.jpg

by noshirohiyoshi130 | 2012-11-22 19:52 | 文月の社務日誌 | Comments(0)