秋田県 能代鎮守 日吉神社

ブログトップ

コノハヅクとブッポウソウ

日吉神社の社守猫フーちゃん、改め”文月”です。

先日、夜の境内でゴロスケホッホと,鳴いていたのは、”フクロウ”さん。

こちらはフクロウの仲間の”コノハヅク”
コノハヅクの鳴き方はブッポウソウ
b0238249_20131049.jpg

そして、こちらの美しい鳥の名前は”ブッポウソウ”。
b0238249_2018464.jpg

でも、鳴き声はブッポウソウではなくて、ゲッゲッというような濁った短い音です。

何故、このようなことになったのでしょう?
その訳は・・・今日の「NHKダーウインが来た」が教えてくれました。

昔からコノハヅクとブッポウソウは同じ森に住んでいました。

その森から、綺麗な声でブッッポウソウという鳴き声が聞こえてきます。
仏・法・僧と言う響きから、人々は、ありがたい鳥だと思っていました。
b0238249_20142858.jpg

昼には、抜群の飛行能力で飛び交う美しい鳥の姿を良く見かけます。
それに対して、コノハヅクは夜行性。人々はその姿を見ることはありませんでした。

b0238249_20314069.jpg

そこで、人々はその美しい鳥が♪ブッポウソウ♪と鳴いていると信じて、ブップソウと呼ぶことにしたのです。
b0238249_20344918.jpg

文月は、フクロウさんともお友達になりましたよ!
もうちょっと暗くなるまで、待っていてね。
b0238249_216427.jpg

by noshirohiyoshi130 | 2012-10-28 20:22 | 文月の社務日誌 | Comments(0)