一晩だけのお客様

日吉神社の社守猫フーちゃん、改め”文月”です。

えっ!!あなたはだーれ?
b0238249_2114041.jpg

フーちゃんの後継者が見つかった?!

いつも色々と神社のお手伝いをしてくれるおじさんから、宮司さんに連絡がありました。
『家に猫が居ついてしまって、困っているんだ。誰か引きとってくれる人いないかなあ?』

取り敢えず、宮司さんはニャンコを家に連れて帰ることにしました。
もちろんニャンコには、まだ名前もありません。
ニャンコも、ここは何処なのか?・・分からない様子です。
b0238249_2162594.jpg

でも、段々リラックスして・・
b0238249_2174553.jpg

b0238249_2191087.jpg

宮司さんの家で一晩過ごして・・・・
結局ニャンコは、フーちゃんのお姉さんミフィーちゃんのお母さんのところに引き取られて行きました。

文月はちょっと複雑な気持ちです。

このままずっと、社守猫の責務を続けて行きたいような・・・
後任が決まって欲しいような・・・
後任が決まったら・・・淋しいような・・・・

取り敢えずニャンコは”たま子”という名前になり・・・
優しいお母さんにゴロゴロ甘えています。
良かったね。たまちゃん
b0238249_21182870.jpg

by noshirohiyoshi130 | 2012-09-25 21:15 | 文月の社務日誌 | Comments(0)