秋田県 能代鎮守 日吉神社

ブログトップ

森岳歌舞伎

日吉神社の社守猫フーちゃん、改め”文月”です。

何と!今日の最高気温は35.8℃。
9月に入って10日目の猛暑日。
雲ひとつない・・・まるで真夏の空。
b0238249_2016464.jpg

昨夜、宮司さんは「三種町農村歌舞伎会館」で行われた農村歌舞伎を見に行って来ました。
フーちゃんも、時空を超えてお伴しました・・・いざ、出発!
b0238249_20554067.jpg


”今宵、歴史が舞う”
森岳歌舞伎の始まりはじまり・・
b0238249_20402625.jpg
「まずは、青砥稿花紅彩画 「白波五人男」 稲瀬川勢揃いの場(抜本)
b0238249_2043818.jpg

石川五右衛門・鼠小僧と並ぶ盗賊の白波五人男が追手に囲まれて、堂々と名乗りを上げる名場面。

「盗みはすれども、非道はせず、人に情けをかけ・・・」
江戸時代の盗賊は恰好良いですね。
(現代とは大違い!こんな義賊なら、大歓迎・・・かも)

続いて・・

「絵本太功記」 九段目組打ちの場

本能寺の変で明智光秀に討たれた織田信長。
主君の敵を打とうとする豊臣秀吉、家来の加藤清正・・・そんな歴史の物語が始まります。
b0238249_20462440.jpg


第三場は、道化役者の堅吉の舞台廻しで、大根の種蒔きから大根掘りの様子を面白おかしく演じ、見物人はお腹を抱えて大笑い。
b0238249_2047109.jpg

最後は、四天王但馬守と正清の組打ちで決着がついて幕となりました。
b0238249_20503828.jpg

森岳歌舞伎は江戸中期に諸国行脚中に病に倒れた山伏が、村人の手厚い看病で回復し、そのお礼に伝えたと言われ300年以上の歴史があるそうです。
素晴らしい文化を、末永く守り伝えて頂きたいですね。
b0238249_21323023.jpg

文月、無事帰って来ました。着地成功です。

明日も残暑は続くそうです。
by noshirohiyoshi130 | 2012-09-17 20:51 | 文月の社務日誌 | Comments(0)