井坂直幹祭

日吉神社の社守猫フーちゃん、改め”文月”です。

今日は9月1日。
宮司さんは、とっても忙しい日です。
文月も、色々な方から”お別れの詞”を頂いたので、お礼やらご返事やら・・・猫ながら、忙しく過ごしています。

はるちゃん、かごやさん、たっちゃん、けいこさん、かおりん、しょうこ、サヤちゃんのお母さん、その他沢山の皆さん、有難うございました。
文月、今日も頑張っていますよ!

さて、宮司さんは月始祭、龍神様のお祭、新宅祭を終えて・・・
今から御指南町にある”御指南神社”で、井坂直幹祭が行われるところです。
b0238249_2020259.jpg

井坂直幹さんは、江戸末期に水戸藩士として生まれ、明治に仕事の関係で能代に着任したあと、会社が解散しても能代に留まり、「木都のしろ」の基礎を築き上げました。
その偉業を称え、遺徳を偲んで、新秋木工業に依って氏の誕生日9月1日に毎年お祭が行われています。

綺麗な夕焼けです。
b0238249_20172096.jpg

社守猫”文月”は、狛犬さんに聞いてみました。
「ねえねえ!狛犬さん、文月に代わって社務日誌を書いてくれない?」
狛犬さんは、何も答えてくれませんでした・・・・

文月、やっぱりまだまだ頑張らなくちゃ・・・ね!
b0238249_2023372.jpg

Commented at 2012-09-07 15:14 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
by noshirohiyoshi130 | 2012-09-06 20:18 | 文月の社務日誌 | Comments(1)