秋田県 能代鎮守 日吉神社

ブログトップ

月に一度はお宮参り

日吉神社の社守猫”フーちゃん”です。

涼しい朝です。フーちゃんは社務所前で、宮司さんを待っています。
b0238249_20173257.jpg

今朝の境内は、一段と清々しく、秋の風が吹いています。
b0238249_20184769.jpg


さて、フーちゃんもお参りに行きましょう!
b0238249_20205748.jpg

b0238249_20214434.jpg


あれ!ハリー兄さんがいます。
b0238249_2023940.jpg

何か幟が見えるわね。
b0238249_20245575.jpg

「月に一度はお宮詣り・・・神様に感謝し幸せをお祈りしましょう。秋田県神社庁」と書かれています。

毎朝夕にお参りされる方も沢山いらっしゃいます。
雨の日も、嵐の日も。そういう人は、ほとんどお参りを欠かすことがありません。

線路の向うから、お辞儀をして通る方がいるのも、フーちゃんは見ていますよ。
b0238249_20292090.jpg

by noshirohiyoshi130 | 2012-08-15 20:32 | 文月の社務日誌 | Comments(4)
Commented by かごやのひろし at 2012-08-18 03:33 x
昔、我が家では毎日、神様仏様に朝お祈りをしてました。食事のときもそうでした。しかし都会の狭い空間で生活をする昨今では神棚、仏壇もありませんのでその習慣は実践してません。神様仏様に挨拶するというのは一日一回, 自分の良心と向き合うということでしょうから、やったほうが良いと思うのですが…。
Commented by かごやのひろし at 2012-08-18 03:54 x
書き忘れましたが、以前、市で神棚が売られてる風景を見ましたが、神棚がかさねられて無造作にやまとつまれておりました。神様に失礼ではないかと思いましたが、神棚は大変簡素に作られておりまして、値段も仏壇とくらべるとはるかに安いものです。神棚はあたらしいものにそっちゅうかえるものなのでしょうか。
Commented by かごやのひろし at 2012-08-18 05:19 x
神社は英語に訳すとshrine で, お寺はtempleです。ところが、西洋人にはその違いがわかりにくいらしく、神社のことをtemple と言ったりします。神様は英語に訳すとgodでお釈迦様はbuddhaですが、英語のWikipediaを見ますと釈迦は因果を説いても超自然的なものは説かなかったので『釈迦は神を信じたか?』という刺激的な問いをしてます。仏教でも密教は超自然を信じてますが本来の仏教にはなかったものらしいです。西洋では宇宙を創造したのはgodです。神道は天地創造を説きますから神さまですね。天地創造を説かないbuddhaは神様ではなく哲学者だということになります。もっともbuddhism godsという表現もあり、阿弥陀様やその他の仏様がそうですが多くはヒンズー教の神様らしいですがキリスト教では彼らは聖人(saints)ですね。 なかなかややこしいです。
Commented by noshirohiyoshi130 at 2012-08-19 10:13
新しい年を迎える時には、新しい御神札を神社から受けて、神棚に納めますが、神棚は毎年のように新しくする必要はありません。
但し、神道は清浄を大切にしますので、余り古くなったり、壊れてしまった場合は、新しいものと取り換えた方が良いと思います。
また、山積みになっていた神棚ですが、ホームセンターなどで、“販売”されている時は、それは単なる“物”であり、神様に失礼ということはありません。誰かが買求め、御神札を祀り、祈りを捧げた時点で初めて神霊が宿ります。神棚を神社へ持って来て、お祓いを受けたり、自宅へ神官が出向いて、霊入れのお祭りをすればより丁寧ですね。
かごやさんも、是非神棚を設けて、神様をお祀りして下さいね。