秋田県 能代鎮守 日吉神社

hiyoshisan.exblog.jp
ブログトップ

行合崎

日吉神社の社守猫"フーちゃん”です。

地元の北羽新聞に、山岳ガイドで写真家の後藤千春さんが撮影した素敵な写真が載っていました。
フーちゃんは、そこで初めて”行合崎”と言う素敵な名前の岬のことを知りました。

行合崎と言う名前は、昔むかしに北前船がこの岬のあたりで出会ったとも、風が出会ったとも言われているそうです。
b0238249_22334078.jpg

素敵な名前と写真に惹かれて、宮司さんはお友達を誘って出掛けて行きました。

そこは、一面のニッコウキスゲとアヤメ原たっだそうです。そして野鳥の楽園でもありました。
b0238249_2224964.jpg

遠くを五能線の普通列車が、のんびりと走って行ったそうです。
b0238249_2236352.jpg

この海のどこかで、昔むかしの人達の船が出会い、北と西の文化が交叉していったのね。
b0238249_22423616.jpg

ここは、青森県深浦市。
すぐそばに”円覚寺”という古いお寺があります。
そして、この円覚寺と日吉神社は、大きなご縁で結ばれているのです。

フーちゃんは、また数日お休みを頂きます。
そして、この円覚寺と日吉神社のご縁を勉強して来るので、お楽しみに!
b0238249_22471936.jpg

by noshirohiyoshi130 | 2012-07-02 22:39 | 文月の社務日誌 | Comments(1)
Commented by かごやのひろし at 2012-07-03 05:17 x
深浦はかって能代の経済圏だったと思います。青森県ですが、弘前には遠く、病院通いや買い物、 高校に通うのに能代に来てたのではないでしょうか。

松風庵はもちろん知ってますが、あのあたりにお旅所があるのは気がつきませんでした。能代に帰ったときは必ず公園に行きます。昔と違って木が大きくなりすぎて見晴らしがすこし悪くなった気がします。二度の大火で能代は大きく変わりましたが、後町から五智の坂を上り一中同期の友達、牛丸君の実家の前の公園正面の坂をのぼる公園には昔からの能代の雰囲気が残ってると感じます。中学生のとき牛丸君の家に行ったとき、米代川にかけての能代の町が一望できるので、よい眺めだなあと思いましたが、かって料亭だった建物だと聞きました。

この前、帰ったとき、競技場が新しくなってすばらしくなってました。昔、あそこで市民運動会が行われて、各町内が競い大きな旗を振り、にぎやかでしたよ。