秋田県 能代鎮守 日吉神社

hiyoshisan.exblog.jp
ブログトップ

神前結婚式 三三九度

日吉神社の社守猫”フーちゃん”です。

今日は、境内にある稲荷神社の例祭です。
b0238249_2254172.jpg

フーちゃんは、ここからお参りします。
b0238249_2265742.jpg

ハリー兄さんによると、街にはニセアカシアの花が満開だそうです。
b0238249_2282438.jpg

米代川の対岸にも・・
b0238249_2293924.jpg

白神の山々は青く映え、すっかり夏山らしくなりました。
b0238249_22111024.jpg


ところで、フーちゃんは昨日の神前結婚式で行われた”三献の儀”について、宮司さんにお話を聞いて来ました。
b0238249_2213432.jpg

『三献の儀は、"三三九度”とも言い、結婚式の中でとても大切な儀式です。
その起源は、室町時代にさかのぼります。

まず一の杯を、新郎⇒新婦⇒新郎の順に、次に、二の杯を、新婦⇒新郎⇒新婦の順に頂きます。
b0238249_22243391.jpg

お神酒は、三度に分けて注がれ、頂く時も三度に分けて頂きます。
そして、三の杯を・・・
b0238249_2227017.jpg

同じように、新郎⇒新婦⇒新郎と頂き、三献の儀は終了します。
b0238249_22331153.jpg


このように何回も盃を交わすことにより、より堅い縁を結ぶと言われます。
そして、二人が結ばれたご縁に感謝し、幸せな家庭生活と子孫の繁栄を祈るものです。

この盃は、日吉神社の神様のご縁で結ばれたご夫婦が奉納してくれたものです。
もちろんそのお二人は今もとても幸せに暮らしていらっしゃいますよ。』
b0238249_22342844.jpg

はい、フーちゃんにも良く分かりました。
でも、そんなに沢山お酒を頂いて、結婚式の間に酔っ払ってしまったら、大変だわね・・
と思って、宮司さんに聞いたら・・・
『それは大丈夫、神様がそのあたりをちゃんと配慮してくれる』
んですって!
by noshirohiyoshi130 | 2012-06-10 22:37 | 文月の社務日誌 | Comments(0)