秋田県 能代鎮守 日吉神社

ブログトップ

中の申祭 嫁見まつり

日吉神社の社守猫”フーちゃん”です。

清々しい朝です。
b0238249_2152981.jpg

b0238249_216283.jpg


さあ、今日は漸く宮司さんに、"中の申祭 嫁見まつり”のお話を聞くことが出来ました。

6月3日 日曜日は、お祭に相応しい好天に恵まれました。
b0238249_2110131.jpg

b0238249_2191466.jpg

能代盆栽会の人達は、ひとつひとつ入念にチェックして、自慢の盆栽を並べていきます。
b0238249_2111034.jpg

ステージの準備も整いました。
b0238249_21431396.jpg


午後3時、EOSと銭高組の奉納コンサートが始まりました。
サンポーニャや三味線の音色が、鎮守の杜の木々の間を気持ちよさそうの駆け抜けていきます。
b0238249_21333069.jpg

b0238249_21135648.jpg


午前4時 宵祭が始まります。
小学生と中学生の二人が、一生懸命練習して”浦安舞”を奉奏します。
祭前の緊張感が伝わって来ます。
b0238249_21185052.jpg

b0238249_21203128.jpg

お嫁さんが次々に集まって来ました。
b0238249_21212922.jpg

b0238249_2122578.jpg


こんな素敵な着物を着た女の子もいます。
ここ数年、着物姿の女の子の姿が少しづつ増えているようです。
b0238249_21363881.jpg

b0238249_213725100.jpg


昔は"中の申祭”は女の子も男の子も着物を着て、お参りに来たそうです。
「学校に行ってても、宵祭の日は、早く着物を着て神社へ行きたくて、気もそぞろだったものよ」今は50歳くらいの女性が話してくれました。
今は80歳くらいの方は、人力車に乗って公園まで行くのが楽しみだったと、仰います。
”シンコ餅”も中の申祭の”ハレ”のご馳走でした。

嫁見まつりは午後5時にスタートです。
b0238249_21353485.jpg

この続きは又今度ね。
b0238249_21412714.jpg

by noshirohiyoshi130 | 2012-06-07 21:24 | 文月の社務日誌 | Comments(0)