ブログトップ

秋田県 能代鎮守 日吉神社

金星がお日様を通過します

日吉神社の社守猫”フーちゃん”です。

今日は、金星がお日様を通過するとても珍しい現象が見られるはずだったけれど・・・
生憎の雨です。
フーちゃんは、おうちの中で過ごします。
b0238249_17343671.jpg


中の申祭の報告をしたいのだけれど・・・フーちゃんは、なかなか宮司さんと会うことが出来ません。
そうしているうちに、もう今年の当番町”大町組”の格年さんが、夏のお祭について相談に見えました。
b0238249_1737569.jpg


”嫁見まつり”について早く知りたい方は、「能代市上町はかり屋はるちゃん」のブログを覗いて見て下さい。
素敵な写真がいっぱいアップされてますよ。
b0238249_1739181.jpg

Commented by かごやのひろし at 2012-06-07 06:13 x
『九段の母』という戦前から現在まで歌われてる流行歌があります。九段というのは靖国神社のことです。歌ったのは谷 真酉美という歌手ですが今日では二葉百合子で有名です。私の注意を引いたのは、この歌の作曲者が能代八郎 1900-1944 本名 佐藤久助 室蘭市出身ということでした。この方が能代という芸名をなのった由来はなんだろう。宮司さんはひょっとしたらご存知かもしれません。

1 上野駅から 九段まで
  かってしらない じれったさ
  杖をたよりに 一日がかり
  せがれきたぞや 会いにきた


2 空をつくよな 大鳥居
  こんな立派な おやしろに
  神とまつられ もったいなさよ
  母は泣けます うれしさに


3 両手あわせて ひざまづき
  おがむはずみの お念仏
  はっと気づいて うろたえました
  せがれゆるせよ 田舎もの


4 鳶が鷹の子 うんだよで
  いまじゃ果報が 身にあまる
  金鵄勲章が みせたいばかり
  逢いに来たぞや 九段坂
by noshirohiyoshi130 | 2012-06-06 17:39 | 文月の社務日誌 | Comments(1)