秋田県 能代鎮守 日吉神社

hiyoshisan.exblog.jp
ブログトップ

米代川の鴨

日吉神社の社守猫”フーちゃん”です。

良い天気が続いています。
今朝は、ここでのびのび♪♪
b0238249_19215012.jpg

とても綺麗な鳥さんの声がします。
あちらの桜の木の枝で、囀っているわね。
b0238249_19294997.jpg

皆さんにお聞かせ出来ないのが、残念・・・朝の境内は本当に清々しいですよ!朝ごはんの前に是非お出かけ下さい。
b0238249_19283469.jpg


ハリー兄さんによると、米代川の支流に鴨さんが沢山いたそうです。
まだ、北の国に帰らないのかしら?
b0238249_1941051.jpg

これは、何かしら?人間が渡る橋、ではないわね・・・
b0238249_19352713.jpg

b0238249_1936459.jpg

b0238249_19365313.jpg


今日は、春の霞がかかって、白神の山々ははっきりと見えなかったそうです。
b0238249_19373387.jpg

今日も一日が終わろうとしています。
b0238249_1944446.jpg

b0238249_19455361.jpg

さあ!フーちゃんはこれから夜の見回りに出掛けます。
”大人の時間”ってやつね
b0238249_1949257.jpg

by noshirohiyoshi130 | 2012-04-15 19:38 | 文月の社務日誌 | Comments(7)
Commented at 2012-04-15 22:43 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by かごやのひろし at 2012-04-16 00:29 x
能代にいたときは、米代川に鴨がいることは知ってましたが白鳥がいることは知りませんでした。現在の米代川は昔と比べると川幅がせまくなってるような感じがいたします。

白神山地は最近、世間で注目されるようになって私もはじめてその価値を知るようになりました。その山並みを白神山地とよぶことも初めて知りました。毎日なんとなく見ていた山並みですが、岩館あたりで日本海におちるそのつらなりを見られることはすばらしいことだと思います。

先日、東京に住む人で五能線を旅行して、海岸線ぎりぎりを走る列車から見た日本海の風景に感激した人とお会いしました。特別仕立ての観光列車にのったそうですが、また行きたいとおっしゃていました。

Commented by noshirohiyoshi130 at 2012-04-16 20:31
五能線は人気のローカル線。ノスタルジックビュートレインと称して、レトロな電車が走っていたこともありますが、今はリゾート白神として、オーシャンビューの大きな窓で、快走しています。運よく日本海に沈む夕陽が見られれば、それは最高の旅になること間違いなし。地元にいると、なかなか乗る機会もないのですけれどね・・・
でも、このリゾート白神に乗った観光客は、残念ながら能代を素通りしてしまうんだなああ・・
Commented by かごやのひろし at 2012-04-17 03:03 x
能代にいたときのことだったと思いますが、五能線の列車が台風で波にさらわれた線路に気ずかず海につっこんで犠牲者がでたことがあります。それだけ海岸線ぎりぎりを走ってるのですね。今年、三月、伊豆の河津にさくらの写真を撮るに行きましたが、電車は海岸よりすこしはなれた高い位置を走ってました。不思議に思ったことがありますが、伊豆半島は東京に近いほうの東伊豆には伊豆急が走ってるのですが、反対側の西伊豆には電車がないのです。交通の便はバスだけらしいです。中央からもっと離れた辺鄙な場所に五能線がはやい時代からあるのはどうしてなのだろう。能代や五所川原が昔からひらけていたせいだろうか。
Commented by かごやのひろし at 2012-04-17 07:34 x
五能線が早い時代に敷かれたのは、八森にあった八盛鉱山のためかも知れませんね。
Commented by noshirohiyoshi130 at 2012-04-17 21:16
五能線を神社の前を通すか、否かの論争があったと聞いています。かごやさんの仰る通り、今のうちに昔のことを聞きとりしておかなくてはいけませんね。
伊豆の話しですが、鉄道が通っていない為に、静かであまり観光地化していない西伊豆、私は好きでした。
Commented by noshirohiyoshi130 at 2012-04-17 21:16
五能線を神社の前を通すか、否かの論争があったと聞いています。かごやさんの仰る通り、今のうちに昔のことを聞きとりしておかなくてはいけませんね。
伊豆の話しですが、鉄道が通っていない為に、静かであまり観光地化していない西伊豆、私は好きでした。