秋田県 能代鎮守 日吉神社

hiyoshisan.exblog.jp
ブログトップ

五丁山

日吉神社の社守猫”フーちゃん”です。

今日もとても良いお天気です。
b0238249_2036965.jpg

フーちゃんは、宮司さんより早起きして、もうお参りを済ませて来ました。
b0238249_20374611.jpg

おうちに帰って、朝ごはんをいただきます。
b0238249_20381817.jpg


神社の境内は、朝日がとても良く似合います。
b0238249_20395650.jpg

ここは丁山庫。五つの丁山(山車)が夏のお祭り”神幸祭”の出番を待っています。
b0238249_20403386.jpg


フーちゃんは、宮司さんにお話を聞いて来ました。
b0238249_21232498.jpg


『これは、明治26年に奉納された”御神幸祭絵図”に描かれた丁山の姿。
山車の形は今と随分違いますね。モダンな屋根ですね。
ご祭神は、大町は三番叟、上町は鐘馗、万町は猩猩、清助町は恵比寿、後町は大国で、現代と変わらないですね。
b0238249_204548100.jpg

能代市文化財にも指定されている”御神幸祭絵図”は、中の申祭の時に長床で一般公開されます。
b0238249_21292211.jpg


今年の中の申祭は6月3日・4日。
宵祭りの3日には花嫁衣装の女性が神社へお参りする”嫁見まつり”が行われます。
境内では、コンサートや盆栽展、呈茶、屋台、また福島支援の物産展など、色々な催しが予定されています。
旧暦の4月二番目の申の日に行われるお祭りで、毎年祭典日が変わります。
今年の宵祭りは日曜日にあたりますので、どうぞお参りにいらして下さい。』

フーちゃん、ちゃんと聞いているの?って宮司さんに怒られてしまったわ・・
b0238249_21245146.jpg

だって、虫さんが出て来たのだもの。
by noshirohiyoshi130 | 2012-04-12 20:46 | 文月の社務日誌 | Comments(1)
Commented by かごやのひろし at 2012-04-13 18:58 x
Tokyo Festivals というのが私のホームページのタイトルで文字どうり東京の祭りや伝統行事を取材してきましたが、東京のお祭りというとおみこし一辺倒で、いささか鼻についてきました。江戸時代には江戸でもおみこしと出車が一緒に出てたみたいで、神田明神や日枝山王神社が有名です。江戸の山車は背が高く明治期に入り電線の問題、そして関東大震災や戦災で失われ、のこったものも近県に譲られたようで、川越などはそのながれです。おみこしは江戸や東京の気風にあってるということもあるみたいですが、東京でも赤坂の氷川神社が山車を最近復活しまして、去年はおみこしと一緒に山車が二基でて祭りがいっそうもりあがりました。山車は関西で盛んみたいです。私は最近、東京近県の山車にも注目し、去年は念願の秩父夜祭に行って来ました。ご参考に全国の山車のことに関しては一番詳しい、ホームページのURLを下に記します。

http://park2.wakwak.com/~hero/