秋田県 能代鎮守 日吉神社

ブログトップ

安産祈願祭は春の雪

日吉神社の社守猫”フーちゃん”です。

眩しい朝日で目が覚めました。
ところが、外へ出てみたら、なんと銀世界!!
b0238249_12405984.jpg

やっと芽を出したキクザキイチゲも、寒そうに震えています。
b0238249_124227100.jpg

それでも、お日様が暖かく照らしてくれるので、春の淡雪はあっと言う間に解けて行きました。
b0238249_1243444.jpg


今日は"戌”の日で、安産祈願のご家族が沢山お参りにいらしています。
新しい命を授かったことを神様に感謝し、赤ちゃんが元気に生まれてきますように。
そして、お母さんも無事でありますように。家族が末永く幸せに過ごせますように、と祈る安産祈願。
「上の子も、こちらで安産祈願をして頂き、お宮参りもお願いし、お陰さまで無事に育っています。」
そんな、感謝の言葉が一番嬉しいって、宮司さんがフーちゃんに話してくれました。

フーちゃんも、寒いけれど参道で、皆さんをお迎えしています。
b0238249_1251591.jpg

by noshirohiyoshi130 | 2012-04-07 18:51 | 文月の社務日誌 | Comments(1)
Commented by かごやのひろし at 2012-04-07 19:38 x
犬がたくさんの子犬を無事に産むということで、東京では安産祈願では水天宮が有名です。水天宮には石の犬がおいてあり、おなかの高い女性がなでている姿をよく見かけます。無事出産がおわりママとパパが、かわいいあかちゃんを抱いて、そしてたいていはこの日こそはと満面笑みを浮かべたじじばばが一緒に、はつまいりするする姿は大変はれがましくも感動的なものです。日本のよき習慣や伝統が人々の間に生きてることを感じるときです。わたくしはといえば人の道にそむいた人生を歩み、今は亡き父母に孫を見せることができなかった親不孝ものです。